ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年02月16日2/4(日)三瓶山北の原 歩くスキーイベント

大山隠岐国立公園 大山淳子

去る2/4に、三瓶自然館サヒメル主催で歩くスキー(クロスカントリースキー)のイベントがありました。

場所は、大山隠岐国立公園三瓶山の麓、北の原にある、三瓶山北の原キャンプ場の敷地内。

キャンプ場から見た三瓶山

歩くスキーに使われるスキー板は、アルペン用のスキー板よりも、細く、裏にギザギザが刻まれていて、後ろに滑りにくくなっています。また、かかとが板に固定されておらず、歩くとかかとだけ浮くようになっているのが特徴です。

今回のイベントでは、参加料金に道具のレンタル代が含まれており、ウェアのみで参加が出来ました。

イベント時以外でも、道具は北の原にある三瓶山北の原キャンプ場で借りることができますので、道具をお持ちでない方も、冬の三瓶山で歩くスキーを楽しみにぜひお越しください。

このたびのイベントは、「アニマルトラッキング」と題して、雪の上に残された動物の足跡などから、どんな動物が歩いたのか、住んでいるのか考えてみようといった内容でした。

歩くスキーは、高低差があまりないようなところを歩く比較的子どもたちにも易しいスポーツなので、

こどもから大人までたくさんの方が参加されていました。

三瓶山歩くスキーイベント初めの会の様子

初めに室内であいさつがありました。

4チームに分かれて雪原へ出て出発する様子

あいさつが終わり早速出発。

4チーム分かれて、足跡探しに出かけます。

出発の前に、転んでから起き上がる練習もしっかりしました。

初めに見つけたのは、うさぎの足跡。

雪に残るウサギの足跡

「これを辿っていくと、うさぎさんが住んでるところまで行けちゃうね。」

といったやりとりも聞こえてきました。

列になって、スタッフの方についてキャンプ場の林の中を歩く様子

みんなで列になって、

スタッフの方について足跡を探します。

少し遠くで何か見つけた様子のこどもたちとスタッフの方

なにか見つけたのかな。

途中東屋のつららが斜めにできているのを発見。

(写真だとわかりづらいですが、内側に斜めに入り込むようにできています)

地面に垂直に下りず斜めにできているつらら

「なんで斜めにできているんだろうね」

「つららができてから、屋根の雪がずり落ちてきて斜めになったんだと思う」

「つららができるときに、強い風が吹いたのかなあ」

これも、普段だと見落としてしまいそうなことです。

観察して、考えて、みんなに話してみて、こういった時間ってすごく大事だと思いました。

スキーで坂を4.5人で登る様子

さあ、新たなる発見を求めて

坂を頑張って登ります。

次に三瓶自然館サヒメルのキャラクターでもあるテンの爪傷をみつけました。

テンは、イタチ科の体長40~50cm程度の動物で、主に山や森林に生息しています。

夜行性で、木登りも得意なようです。

木の柱に残るテンの爪痕

東屋の柱についたテンの爪痕。

5本の指でのひっかき傷から、この動物がテンであり、どこを通ってどこに行ったのかを考察します。

こうして、ゆっくり観察しながら、歩くといろんなものが見えてきます。

屋根の下部分、側面に5本の爪痕が。

柱を登って、屋根下づたいに移動し、屋根の上へ登ったのが推測できます。

最後に、ツグミの仲間だと思われる足跡を発見。

雪の上に残るツグミの足跡

両足がそろって歩いている(跳んでいる)ことから、

ホッピングという歩き方をしている鳥だということがわかります。

それに合わせ、足跡の大きさ、この季節にいる鳥はなんだ?ということからツグミの仲間だと推察されました。

雪の上のツグミの足跡2こめ

まっすぐ行こうとして進行方向を変えてますね。

なにか見つけたのでしょうか。

足跡ひとつからいろいろな情報を読み取るアニマルトラッキング。

ぜひ、三瓶山北の原で挑戦してみてください。

また、歩くスキー自体も、スポーツとして楽しいものですし子供たちも気軽に挑戦できます。

雪がある今の季節しかできないので、交通にはお気をつけて、ぜひ三瓶山へ足をお運びください。

林の向こうに三瓶山が見える中、三瓶山に向かってスキーをしている様子。

三瓶山の麓でぜひ楽しんでください。

ページ先頭へ↑

2018年02月13日【三崎小学校環境学習(特別編)】こどもガイド!本番

足摺宇和海国立公園 土佐清水 谷吉萌

三寒四温、春の気配を感じ始めた土佐清水よりこんにちは!

今回は、5・6年生とともに2年に渡って行っている環境学習の、

学習成果の集大成である「子どもガイド」の本番の様子を報告します!

決戦の日は朝から曇天。そして連日の寒波。

天に見放された・・・かと思いきや!

昼には一転、青空が広がる最高のガイド日和となりました。

青空と同じ色のはっぴを着ているのは、三崎小学校6年生。総勢11名。

泣いても笑っても、今日が最初で最後の本番です。

お客さんは約30人。

新聞や市の広報を見て来てくれた人や、6年生の保護者の皆さんです。

 

最初の挨拶で、しっかりみなさんと顔を合わせたら、早速ガイドスタート!

レスト竜串から海底館に向かう途中、

海とグラスボートが見えたら環境学習での経験を活かして、

サンゴの話や奇岩の話が始まります。

 

砂岩に実際に触ってもらったり、クイズをだしたり。

生痕化石のわかりやす~い説明には、大人も感心するほど!

道中、海を挟んで見える半島の紹介も忘れず、

「見残し」という地名の由来から弘法大師や河田小竜、ジョン万次郎の話へと

どんどん話を膨らませる手腕は、お見事!

 

国立公園や国定公園の話に触れるときは、

「国立公園は日本にいくつあるか知ってますか?」

「『35億!』・・・じゃなくて34カ所です」

と、お笑い要素も挟んでくる芸達者ぶり。

話で楽しませつつ、海底館へと誘うと

天候と海況に恵まれた今回は、透視度18mとベストコンディション。

 

参加者のみなさんも、童心に返り、丸い窓から海中を無心に眺めます。

ここでも、知っている魚の名前を教えたりと、そつのないガイドたち。

海中を楽しんだ後は、海を支える山と川のお話で引き締めます。

 

どちらも、当たり前のように三崎にあるけれど、大切な物。

そして、海・山・川のすべてが繋がっていることを、

三崎で生きてきた11歳・12歳の子どもたちが教えてくれました。

レスト竜串に戻り、参加してくださった方々に終わりの挨拶をすると、

暖かい拍手と、賞賛のコメントが。

みんなの努力や工夫が感じられたからこそ、心から褒めたくなるガイドで、

今回の子どもガイドで小学6年生の無限のポテンシャルを目の当たりにしました。

始まる前は緊張していた子たちの顔にも、心からの笑顔。

進学や就職で、いずれ三崎から出ること必至の11名ですが、

この子どもガイドの経験が、大人になっても記憶に残る物であれば幸いです。

ページ先頭へ↑

2018年02月09日【三崎小環境学習⑥】間伐体験!

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

この冬一番の冷えこみということで、土佐清水でも雪が舞い、

山も一部で雪化粧が見られる一週間でした。

そんな中、三崎小5年生が向かったのは、土佐清水で一番高い今ノ山の山腹。

今回は、山の恵みと脅威を学ぶべく、間伐体験にやってきました。

前回グラスボート&ジオ学習で、山からやってくる栄養が海の生き物を育む一方で、

土砂災害など大きな被害をもたらすこともあることを学びました。

この学習で、山の現状と、それに対する人々の取り組みについて、知ってもらいます。

今日の講師は、土佐清水市森林組合の山下林栄組合長と、若手精鋭3名。

また、今回の現場は国有林ということもあり、

森林管理署の森林官、別名フォレストレンジャーの朝比奈さんも同行してくださいました。

現場は、三崎側上流の辛川山。

26年生のヒノキが植えられていますが、林内は真っ暗。

地面まで陽の光が届かず、下草も生えていません。

「間伐」は、こういった場所で、木を間引く作業のこと。

それによって、隙間から光が入るようにし、木々がのびのびと育てるような環境を作るのが目的です。

間伐の重要性が分かったら、早速実践!

あえてノコギリを使い、木を切ることの大変さを知ってもらいます。

四苦八苦しながらも、体を動かすと暖かいので、とにかくノコを引く!引く!引く!

  

一本の木を倒すのに、ものすごく時間がかかるけど、倒した後には、頭上に青空が現れます。

たったの一本、されど一本。これが間伐の極意です。

冷える林内から脱出し、お昼は暖かい日差しを浴びながら。

山の中で食べるご飯は格別です。

腹も膨らみ、体もぬくもったら次の作業場所へ。

 

今度は、林業機械を見学しつつ、少しだけ触らせてもらいました!

普段見ることも少ない大きな機械に、ちょっと怖じ気づく子も。

しかし、ベテランの組合員さんに教えてもらいつつ操作すると・・

終わったとたんに、興奮気味にどのボタンが何をするのか教えてくれました。

普段目にすることのない、山の仕事。

今日ノコギリで切ったような木が、実際にお金になるのは30年後。

小学生のみんなにとっては、想像が難しいくらい長い時間かもしれません。

そして、山に木があることで、

川が流れ生き物が住み、里に水がやってきて、海へと栄養が巡って行くことを考えると、

山の仕事は、とても面白く意義のある仕事に思えたはずです。

次はいよいよまとめの授業。

みんなが1年を通して見てきた山、川、海と、それに関わる人たち。

自分たちがどう向き合っていくべきか、それを考えてもらう時間にします。

ページ先頭へ↑

2018年02月07日【国立公園展 特別展】日御碕観光案内所で開催中

大山隠岐国立公園 大山淳子

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私事ですが、私にとっては、初めての山陰の冬です。

雪が連日降り続くことにやっと慣れてきましたが、

みなさま外出の際はお気をつけくださいませ。

そんな天気が続くなか、外出をおすすめするかのようなお知らせですが、

ただいま日御碕(ひのみさき)灯台近くの駐車場にあります「日御碕観光案内所」で、

私たち中国四国のアクティブレンジャーが、普段の業務の中で出会いました自然や風景、取り組みを紹介する国立公園展の特別展を開催中です。

日御碕は、出雲大社より海岸沿いをずーっと北上して15分くらいいったところにあります。

途中の車道沿いに、いくつか海岸線を望める展望台もあります。

日御碕にいながら

大山隠岐国立公園の大山・蒜山地域、

隠岐地域、島根半島東部地域、三瓶山地域、

瀬戸内海国立公園、

足摺宇和海(あしずりうわかい)国立公園の自然を感じられます。

2/18(日)までの短い期間にはなりますが、お天気、お足元と相談の上ぜひお立ち寄りくださいませ。

今の時期の日御碕では、

国の天然記念物である経島(ふみしま)にウミネコがやってきています。

数千羽のウミネコが、繁殖・子育てをしに、ここ経島へやってきます。

寒い中、ミャーオ、ミャーオと声をあげて経島の周りを飛び回るウミネコを見ていると、力強いパワーを感じます。

日御碕神社の近くから海沿いを歩くのもいいですし、歩道の先を進んだところにある鳥見台の上から見下ろすのも全体を見渡せていいと思います。

ウミネコ

また、ほかの野鳥も灯台周辺の遊歩道を歩いていると声がよく聞こえてきます。

姿を探すのは、少し難しいですが、

先日1/20に遊歩道を歩いた時は、メジロやヒヨドリが見れました。

その前には、ジョウビタキやアオサギを見かけました。

写真を撮るのが難しくヒヨドリは影しか撮れませんでしたが、姿を見れずとも、鳥の声を聴きながらの散歩も自然の中にいることを感じられて、すごくリラックスできます。

ぜひ日御碕の自然と写真展でほかの国立公園の自然も感じにお越しください。

ヒヨドリ

ジョウビタキ(♂)

ジョウビタキ(メス)

アオサギ

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ