ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年07月13日【観察会】え?カタツムリにとんがり帽子?

瀬戸内海国立公園 辻優子

アクティブレンジャー日記をご覧の皆様、こんにちは

今回は、五色台ビジターセンターで行われた体験教室「カタツムリ観察会」の様子をお知らせします。

カタツムリ観察の装備講師は矢野重文さん(日本貝類学 会評議員、みんなでつくる自然史博物館・香川 理事)。カタツムリ愛にあふれる優しい先生です。 

写真は、矢野先生の観察スタイル。「落ち葉のあるところで寝っ転がるから、長袖長ズボンは表面ツルツル。足下は給食センターで使う用の長靴。これが丈夫でいいんだよね~。あとは、ヘッドライトに頭に装着するルーペ。これだと両手が空くから観察にはぴったり。」とのこと。帽子に手袋で装備は完成です。

実際の観察の様子です。

地面に近づいて、ヘッドライトで手元を照らした上で、装着ルーペでのぞきながら、落ち葉をめくっていきます。

だからこんな小さいカタツムリも発見できます!

手のひらにのっている1mmぐらいの小さい粒がナタネガイ科の1種。指でつまむとつぶれてしまうのでそうっと扱います。

13人の参加者も一緒にカタツムリ探し。

こんな小さいカタツムリを発見する子も!

どこにいるかわかりますか?

葉っぱの先の方ですよ。

この日、クラフトハウスには、カタツムリ大好きのスタッフが収集した10種類以上のカタツムリも展示していました。

最後の質問タイムでは、参加者からの熱い質問が多数。

「カタツムリを食べる生き物は何ですか?」

「カタツムリは減っていますか?」

「カタツムリの大人と赤ちゃんの違いってどこですか?」などなど

小さいもの、形のおもしろいものなどカタツムリの多様性に触れることができた観察会でした。

矢野先生によると、カタツムリの専門家は香川県内に2人しかいないそうです。現在、新たに専門に勉強したい人を絶賛募集中とか。我こそは、という人はぜひぜひ手を挙げてくださいね。

五色台ビジターセンターでは今回のカタツムリ観察会の他、月に1度ぐらいの割合で様々な体験教室を行っています。また、スタッフが近くの自然を案内するツアー「森を歩こう!」も予約制で行っています。興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 五色台ビジターセンターhttps://goshikivc.jp/

ページ先頭へ↑

2021年06月10日【「中国四国の国立公園展~アクティブレンジャーが伝える自然と活動~」】徳島会場で開催中です。

瀬戸内海国立公園 辻優子

アクティブレンジャー日記をご覧の皆様、こんにちは

中国四国を巡回する「中国四国の国立公園展~アクティブレンジャーが伝える自然と活動~」を徳島県内の会場で開催中です。

6月5日(土)から29日(火)は、はこらいふ図書館(徳島市立図書館)で、7月1日(木)から25日(日)は鳴門市立図書館で、昨年度の展示から写真36枚を全て入れ替えて、皆様のお越しをお待ちしています。

その中から徳島県に関連する写真を紹介すると・・・

「カモシカと歩く」

2019年4月に剣山山系で撮影されたカモシカの写真です。

このカモシカはどういう状況で、このようにカメラに視線を向けるようになったのでしょう。会場では、そんな背景も紹介しています。

「シコクバイカオウレン」

これも剣山山系で撮影。花びらはどこ?めしべは?おしべは?名前にシコクってあるけど、四国でしか咲かないの?そんな疑問は会場で解決できますよ。

「小鳴門新橋の上から」

渦で有名な鳴門。スカイラインをドライブで楽しむのが定番ですが、時には、車を止めて途中の橋を歩いて渡ってみませんか?橋の上から見渡す風景を紹介します。

他にも中国四国の国立公園や国指定鳥獣保護区で活躍している自然保護官補佐(アクティブレンジャー)だからこそ出会うことのできた素晴らしい自然や風景、自然を守る取組などを、その説明を付けて紹介しています。

ぜひ、ご覧ください。

ページ先頭へ↑

2021年03月03日【「瀬戸内海国立公園パネル展」開催中】高松市生涯学習センターまなびCANで3月21日(日)まで

瀬戸内海国立公園 辻優子

アクティブレンジャー日記をご覧の皆様、こんにちは!

今回は、どなたでも無料でご覧いただけるパネル展の案内です。

瀬戸内海国立公園パネル展のご案内

展示しているパネルは22枚。美しい風景の紹介だけでなく、人々の暮らしや生き物・植生・歴史など多方面から、瀬戸内海国立公園の素晴らしさを知っていただけるようになっています。

また、みどころマップやおすすめのお出かけ情報も紹介していますので、今後の旅行プランを立てる参考にもどうぞ。

会場は月曜日がお休みですが、日曜・休日以外の開館時間は、午前9時から午後10時まで!(3月中は日曜と20日が5時まで)お仕事帰りなど夕方からでもゆっくりとご覧いただけます。

ある方から、ご覧になった後「地元のことって意外と知らないのよね。こんないいところが近くにあったんですね」と感想をいただきました。知っているようで知らないことも多い瀬戸内海国立公園について、このパネル展で詳しく知っていただきたいです。ぜひ、ご覧ください。

*会場である高松市生涯学習センターまなびCANについての詳細は、HPをご覧ください。

http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/kosodate/shougai_gakushu/manabican/

ページ先頭へ↑

2020年11月04日【紅葉情報】五色台の白峯寺~約300本のモミジが色づきはじめました~

瀬戸内海国立公園 辻優子

四国88ケ所霊場第81番札所・白峯寺(しろみねじ)の紅葉状況をお知らせします。

この白峯寺は香川県坂出市の五色台白峰中腹にあります。標高は約300メートル 、平地より早くモミジが鮮やかに色づいていきます。

10月最終日のようすです。

まだまだ緑の葉が多いのですが、日が当たる部分は赤く色づきはじめています。

この写真の撮影日は2012年11月16日。紅葉の状況は年によって違いますが、例年だと見頃は11月中旬から12月初旬です。

白峯寺から根香寺に向かう遍路道の入り口に実っていたフユイチゴ(左)とヤマノイモのムカゴ。実りの秋ですね~

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ