ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年02月18日【体験教室】 野鳥観察会

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

今年の冬は暖冬と言われながらも、やっぱり寒い日が続くとついつい家の中にこもりがちになってしまいますね。。。

そんな冬だからこそ、楽しめるのが野鳥観察会。「えー、寒いのに。。。」という声が聞こえてきそうですが、冬は夏に比べて木々が落葉して野鳥が見やすい環境なんです。しかも今の時期は冬に渡ってくる冬鳥が見られる季節。さぁ、五色台ではどんな野鳥が見られるのでしょうか。

今回の講師は、日本野鳥の会香川県支部・支部長の矢本さん。

その脇を固めるのは、ベテラン会員さん5人と手厚い布陣が勢揃い。

<矢本さんから今から見られるかもしれない野鳥を紹介>

観察に出かける前に道具の使い方レクチャー。

24名の参加者を6組に分けて、会員から双眼鏡の使い方や野鳥の見方などを教わります。

初めて野鳥観察会に参加する方も多く、みんな双眼鏡を覘いてキョロキョロしたり、野鳥の声に反応したりと待ちきれないようす。

さぁ、最初は見やすい視界の開けた広場へ。

さっそく空気を読んだ1羽がやってきました!

会員がセットしてくれたバズーカのような望遠鏡から覘いたり、自身の双眼鏡で見たり、あちこちから「かわいい~」と声が聞こえてきます。

<みんなの目の先にはシロハラ>

矢本さんが「目の周りに黄色いアイリングがあるのが特徴だよ」と教えてくれました。

望遠鏡を使うと、裸眼では見えない羽のもようや鳥の顔までしっかり見ることができますねぇ。

野鳥の声がすると、すぐに会員さんたちがセットしてくれるので、私たちは本当に見つけやすい!

みんなもだんだんと耳と目が慣れてきたのか、声が聞こえるとすぐにその方向に向いて探すようになってきました。

ただ、姿はなかなか見えず・・・。

木道を抜けて、次はキャンプ場へ。冬季は閉場しているので、私たちの貸し切りです。

すると、女の子が「あそこ、あそこー」と指をさして教えてくれました。

大人達は「なになに?」と何がいるのか分からず。

すると、子どもの指示に従ってよーく見ると、巣がありました!

ほんっと葉の隙間をぬうようにして見ないと見えないものが見えるなんて。。。

子どもの目の慣れの早さには驚かされます。

こちらは、私たちが見る準備が終わるのをじっと待ってくれていたメスのジョウビタキ。

チラチラとこちらを振り返っていました。

ジョウビタキのオスを図鑑で見ると、からだの色がメスより派手。

矢本さんからは、オスが派手な理由はおとりになって天敵から子育て中のメスと子どもを守るように、メスが地味色だと天敵から狙われにくい利点があるんだそう。なるほど~、オスが身を挺して家族を守っているんですねぇ。

会員さん曰く、キャンプ場にはトベラやモチノキなどの赤い実を付ける木がたくさんあり、その実を食べに野鳥がやってきやすい、また開けた場所なので探鳥会初めてさんでも見つけやすい絶好の場所なんだとか。

キャンプ場でひとしきりに観察した後は、クラフトハウスに戻る途中でも声の主を見つけては観察の繰り返し。

途中でバードコールを鳴らしてみましたが、姿は見せてくれず。

バードコール、実は「仲間がいる!わーい!」という楽しいテンションで野鳥がやってくるのではなく、縄張りの侵入者と勘違いしてやってくるんです。なんだが予想外にファンシーな様子ではない。。。なので、神経質になっている繁殖期にはバードコールを鳴らさないのがマナーだそう。

小雪がチラチラ舞った1時間半の観察でしたが、寒さも忘れて気付けばあっという間の時間。

クラフトハウスに戻ってきてからは、見つけられた野鳥をもう一度おさらい。

1週間前に下見した時は暖冬のせいか冬鳥が1羽も見られず心配していたそうですが、今日はシジュウカラ(写真)やカワラヒワ、ツグミ、ヒヨドリ、トビ、空を一気に駆け抜けたハヤブサなど合計24種も見つけることができました!

見分け方やもようの違い、マナー含め、いろいろと教えてもらいました。

野鳥の会さんからは、ビジターセンター周辺は殺虫剤の散布もないから鳥のエサである毛虫もたくさん、モグラもいるしエサは豊富。

環境も森や池、草地などいろいろ、しかもキャンプ場は初心者でも観察にピッタリとお墨つきをいただきました!

わたしはまだ見たことがないのですが、五色台を見回ってくれている会員さんによると、夕方になるとヤマシギもいるし、池にはカワセミがやってきているよと教えてくれました。

会員さん達からは、「こんなに環境がいい所なんだから、(日本野鳥の会)会報誌にも五色台の野鳥について掲載していこう!」という頼もしい声をいただきました!これから楽しみです!

探鳥会は各県支部毎で行われていますので、興味ある方は日本野鳥の会HPをご確認ください。

日本野鳥の会香川県支部

★おまけ

動いた後と冷えた体にうれしい温かいぜんざいを振る舞いました。

お餅はなんと金時みかん(小原紅早生)、金時にんじん、金時芋を練り込んだ坂出名物・讃岐金時!

このお餅は、1月に坂出市商店街で開催される「第4土曜デー」で販売していたそうです。

好きなテイストを選んで、みんなで美味しくいただきました★

ページ先頭へ↑

2019年02月14日【三崎小環境学習⑤】グラスボート&ジオ学習

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

Facebookページが出来て以降、もっぱらそちらでの投稿が増えてきた

土佐清水の谷吉です。(Facebookページが気になる方はこちら!)

2018年度も、一年間通してお伝えしてきた三崎小5年生の環境学習。

今回は、最後の現地学習を行い、竜串の海を海中と陸上から見てきました。

3時間目から5時間目まで、たっぷり時間を使った授業の様子をお届けします。

最初に集まったのは、講師の一人である竹葉さんのいる竜串観光汽船の受付所。

そこで、竹葉さんが40年関わってきた竜串湾のサンゴ保全活動について、

約30年前から撮り続けてきた貴重な写真と共に、話してもらいました。

その後早速グラスボートへ・・と思いきや、まさかの乗船前テストが!

実はかなり難しいこのテスト。

土佐清水の名産「めじか節」の原料である魚種など、地元なら知っていて欲しいことから

トビウオの最高飛距離、ジンベエザメの最長記録、フグ毒についてなどの計10問。

目標の60点以上に、子どもたちの顔が曇ります・・。

残念ながら合格点はとれませんでしたが、

それならば、現地で学ぶしかない!ということでグラスボートへ。

 

夏には近くでシュノーケリングもしましたが、冬の透明度はまたひと味違います!

テーブルサンゴや見残しのシコロサンゴに棲み着いている小魚たちがよく見えます。

さらに、今回はレギュラーメンバーのウツボやフエフキダイに加え、

ウミガメや大きなエビなどたくさんの珍客が見えました。

見残しの船着き場に着くと、ここで一旦竹葉さんと別れ、

土佐清水市ジオパーク推進室の専門員、佐藤さんと奇岩巡りの始まりです。

 

観光地としても有名な竜串・見残し。

あちこちに不思議な形の石や、名前のついた岩があります。

気持ちの良い天気の中、それを散策しながら眺めて回りつつ、

どうやって自分たちが立っている場所ができあがったかを教えてもらいました。

 

触ってなでて、時には舐めて。さながら、自然の中の美術館・博物館です。

外での昼食も久々の5年生。

いつもより美味しく感じるお弁当を食べたら、見残し展望台へ。

 
見事な景色に歓声を上げる子もいれば、急いでスケッチする子も。

それぞれが、じっくりと記憶に焼き付けていました。

再びグラスボートへ戻ると、竹葉さんが待っていてくれました。

ここで土佐湾に住むクジラのお話。

 

地元でもホエールウォッチングなどで親しまれるクジラは、

実は200年ほど前に作られた『よさこい節』にも登場します。

「おらんくの池」土佐湾にいる「潮ふく魚」は、どうして土佐湾を住処にするのか。

高知県にある山々から川を伝って流れる栄養が、海の生きものたちを育てる

その繋がりについて話を聞きながら、1年間の授業を思い出します。

最後に、佐藤さんと竜串海岸を歩きながら、もう一度足下を見てみました。

 

波の化石、巻き貝の化石、地震の化石。いろいろな記憶を閉じ込めている大地。

竜串や見残しの奇岩を作り上げる「砂岩」は、三崎の地域全体に広がっていて、

削られやすい砂岩だからこそ、平野がひろがり、田畑が作りやすいことを知りました。

大地の動きによって、山ができ、川がながれ、海に繋がり、そして平野が出来ること。

それらの自然が巡り巡っていて、そこに人が暮らしていることを学んで、

これまでの1年間の授業が繋がりました。

次は最後の授業。

もう一度地域の自然を見直し、自分たちに出来ることを考えてもらいます。

おまけ

5年生の紅一点が見つけたエビ。

完全に岩やサンゴと同化していますが、かなり大きいものが中央に写っています。

みなさん、見つけられましたか?

ページ先頭へ↑

2019年02月13日【三崎小環境学習⑤】グラスボート&ジオ学習

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

Facebookページが出来て以降、もっぱらそちらでの投稿が増えてきた

土佐清水の谷吉です。(Facebookページが気になる方はこちら!)

2018年度も、一年間通してお伝えしてきた三崎小5年生の環境学習。

今回は、最後の現地学習を行い、竜串の海を海中と陸上から見てきました。

3時間目から5時間目まで、たっぷり時間を使った授業の様子をお届けします。

最初に集まったのは、講師の一人である竹葉さんのいる竜串観光汽船の受付所。

そこで、竹葉さんが40年関わってきた竜串湾のサンゴ保全活動について、

約30年前から撮り続けてきた貴重な写真と共に、話してもらいました。

その後早速グラスボートへ・・と思いきや、まさかの乗船前テストが!

実はかなり難しいこのテスト。

土佐清水の名産「めじか節」の原料である魚種など、地元なら知っていて欲しいことから

トビウオの最高飛距離、ジンベエザメの最長記録、フグ毒についてなどの計10問。

目標の60点以上に、子どもたちの顔が曇ります・・。

残念ながら合格点はとれませんでしたが、

それならば、現地で学ぶしかない!ということでグラスボートへ。

 

夏には近くでシュノーケリングもしましたが、冬の透明度はまたひと味違います!

テーブルサンゴや見残しのシコロサンゴに棲み着いている小魚たちがよく見えます。

さらに、今回はレギュラーメンバーのウツボやフエフキダイに加え、

ウミガメや大きなエビなどたくさんの珍客が見えました。

見残しの船着き場に着くと、ここで一旦竹葉さんと別れ、

土佐清水市ジオパーク推進室の専門員、佐藤さんと奇岩巡りの始まりです。

 

観光地としても有名な竜串・見残し。

あちこちに不思議な形の石や、名前のついた岩があります。

気持ちの良い天気の中、それを散策しながら眺めて回りつつ、

どうやって自分たちが立っている場所ができあがったかを教えてもらいました。

 

触ってなでて、時には舐めて。さながら、自然の中の美術館・博物館です。

外での昼食も久々の5年生。

いつもより美味しく感じるお弁当を食べたら、見残し展望台へ。

 
見事な景色に歓声を上げる子もいれば、急いでスケッチする子も。

それぞれが、じっくりと記憶に焼き付けていました。

再びグラスボートへ戻ると、竹葉さんが待っていてくれました。

ここで土佐湾に住むクジラのお話。

 

地元でもホエールウォッチングなどで親しまれるクジラは、

実は200年ほど前に作られた『よさこい節』にも登場します。

「おらんくの池」土佐湾にいる「潮ふく魚」は、どうして土佐湾を住処にするのか。

高知県にある山々から川を伝って流れる栄養が、海の生きものたちを育てる

その繋がりについて話を聞きながら、1年間の授業を思い出します。

最後に、佐藤さんと竜串海岸を歩きながら、もう一度足下を見てみました。

 

波の化石、巻き貝の化石、地震の化石。いろいろな記憶を閉じ込めている大地。

竜串や見残しの奇岩を作り上げる「砂岩」は、三崎の地域全体に広がっていて、

削られやすい砂岩だからこそ、平野がひろがり、田畑が作りやすいことを知りました。

大地の動きによって、山ができ、川がながれ、海に繋がり、そして平野が出来ること。

それらの自然が巡り巡っていて、そこに人が暮らしていることを学んで、

これまでの1年間の授業が繋がりました。

次は最後の授業。

もう一度地域の自然を見直し、自分たちに出来ることを考えてもらいます。

おまけ

5年生の紅一点が見つけたエビ。

完全に岩やサンゴと同化していますが、かなり大きいものが中央に写っています。

みなさん、見つけられましたか?

ページ先頭へ↑

2018年12月28日【体験教室】 ミニ門松づくり

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

先生(師)が走り出すほど忙しいと言われる師走です。

クリスマスが終われば、もう年越し。紅白を見ようかな、格闘技かな、いやいや、ガ○の使いを見るのか悩む前に年越しの準備をしなくては!

年越し前の五色台体験教室では、マンション住まいの方でも飾れるミニ門松づくりを行いました。

門松は昔から歳神さまをお迎えするお正月の必須アイテム。飾るのは松竹梅となんとめでたい!

竹は雑木林保育のために伐採したもの、マツも施設の管理上で支障になる枝を剪定したものを使います。そう五色台産。

まずは、竹の切り方。

ベテランボランティアさんから竹の特徴やノコギリの使い方を教えてもらいます。

今日使うマダケは節が1本だけど、モウソウ竹は節が2本あります。そして、節の所に黒いものがありますよね?これは節からロウが出て、そこにホコリなどが付いて黒くなった汚れのようなもの。

けど、これで竹の生え際がどちらか分かります。

さぁ、分かるかな?

ロウが垂れ下がった方、黒くなっている方が下(根幹)側。この下側がどちらか知るのは後々大事になるので、よーく聞いておきましょう。

いよいよ切り出し開始!

受付順に選んだ土台部分の竹を切り出します。

直径10㎝くらいあるので、結構チカラ仕事。

ですが、デモンストレーションで教えてもらったとおり、ノコギリをまっすぐにひくとスムーズに動いて、刃もひっかかりにくい。チカラ任せにノコをひくと、刃が曲がったり、切断面が歪んだりといいことなし。。。

竹の節はまっすぐではなく、下に垂れ下がっているので節が最も下がっている所から約4㎝程度の部分を切ると節に穴が開きません。土台の竹の中にはオアシスを入れてマツなどを生けるので、穴が開いてしまうと水が漏れてしまいます。

こちらは土台の中に入れる竹を切り出し中。

門松を想像してみてください。

高さの違う3本の竹が立っていますよね、あれです。

30、35、40㎝の竹を2本ずつ、片側を斜めに切り出します。普通に切ったのでは、斜めの角度も揃わないし、なんといっても竹が滑って難しい。。。そこで登場するのが、毎年大活躍の「斜め切りガイド」。ガイドと言っても人ではなく、道具です。

最初にデモンストレーションしてくれたボランティアさんが発案し、さらにビジターセンタースタッフが量産し、今ではみんなが待たずに使える大活躍の道具です。

今回使う道具。

真ん中にある木でできた道具が斜め切りガイド。

他に使う道具は・・・

・竹挽き用ノコギリ(刃取替えタイプでOK)

・長さを測る定規や巻き尺

・測った長さの印をつけるマジック

・生けるナンテンや水受けのオアシスを切るカッターや剪定バサミなど。

・生ける素材(ナンテン、紅梅、白梅、アカマツ、クロマツ以外に葉ボタンなどアレンジは各自で自由に)

全て切りだし終えたら、竹を水洗いしてキレイに拭き取ります。

そして、飾り付け。

まずは立てらせる高さの違う竹3本を1セットにして輪ゴムで仮留め。シュロ縄でとっくり結びをして、しっかり括ります。

とっくり結びはしっかり、しかも簡単で日常生活でも使えて便利!

土台の竹に3本竹を前側に入れ、周りの隙間にオアシスをギュッと詰め込みます。

そこにマツやナンテンを生けるのですが、実はルールがあるのご存知ですか?

門松は男飾りと女飾り(私がそう呼んでいるだけ)があって、向かって左の門松にはクロマツ(オンマツ・雄松)、白梅、あれば白ナンテン(赤でもOK)、右にはアカマツ(メンマツ・雌松)、紅梅、赤ナンテンを生けるんです。「どっちだったけ?」と迷う方は、雛飾りのおひな様とお内裏さまと同じ向きと覚えてください。

そして、完成!見事な門松ができあがりました!

できあがった門松は、12月29日と31日は避けて飾りましょう。29日は「二重苦」、9が末につくので「苦末」=「苦松」を意味すること、12月31日だと一夜飾りになってしまい、歳神様を迎えるのにバタバタしてよくないのだそう。

今年を送り出し、そして来年を気持ちよく迎え入れるため、歳神様をお迎えするための門松。

日本の伝統文化でステキなお正月をむかえましょう。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ