ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年02月09日【三崎小環境学習⑥】間伐体験!

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

この冬一番の冷えこみということで、土佐清水でも雪が舞い、

山も一部で雪化粧が見られる一週間でした。

そんな中、三崎小5年生が向かったのは、土佐清水で一番高い今ノ山の山腹。

今回は、山の恵みと脅威を学ぶべく、間伐体験にやってきました。

前回グラスボート&ジオ学習で、山からやってくる栄養が海の生き物を育む一方で、

土砂災害など大きな被害をもたらすこともあることを学びました。

この学習で、山の現状と、それに対する人々の取り組みについて、知ってもらいます。

今日の講師は、土佐清水市森林組合の山下林栄組合長と、若手精鋭3名。

また、今回の現場は国有林ということもあり、

森林管理署の森林官、別名フォレストレンジャーの朝比奈さんも同行してくださいました。

現場は、三崎側上流の辛川山。

26年生のヒノキが植えられていますが、林内は真っ暗。

地面まで陽の光が届かず、下草も生えていません。

「間伐」は、こういった場所で、木を間引く作業のこと。

それによって、隙間から光が入るようにし、木々がのびのびと育てるような環境を作るのが目的です。

間伐の重要性が分かったら、早速実践!

あえてノコギリを使い、木を切ることの大変さを知ってもらいます。

四苦八苦しながらも、体を動かすと暖かいので、とにかくノコを引く!引く!引く!

  

一本の木を倒すのに、ものすごく時間がかかるけど、倒した後には、頭上に青空が現れます。

たったの一本、されど一本。これが間伐の極意です。

冷える林内から脱出し、お昼は暖かい日差しを浴びながら。

山の中で食べるご飯は格別です。

腹も膨らみ、体もぬくもったら次の作業場所へ。

 

今度は、林業機械を見学しつつ、少しだけ触らせてもらいました!

普段見ることも少ない大きな機械に、ちょっと怖じ気づく子も。

しかし、ベテランの組合員さんに教えてもらいつつ操作すると・・

終わったとたんに、興奮気味にどのボタンが何をするのか教えてくれました。

普段目にすることのない、山の仕事。

今日ノコギリで切ったような木が、実際にお金になるのは30年後。

小学生のみんなにとっては、想像が難しいくらい長い時間かもしれません。

そして、山に木があることで、

川が流れ生き物が住み、里に水がやってきて、海へと栄養が巡って行くことを考えると、

山の仕事は、とても面白く意義のある仕事に思えたはずです。

次はいよいよまとめの授業。

みんなが1年を通して見てきた山、川、海と、それに関わる人たち。

自分たちがどう向き合っていくべきか、それを考えてもらう時間にします。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ