ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

瀬戸内海国立公園 広島

168件の記事があります。

2017年08月17日瀬戸内海国立公園の自然6「仙酔島」

瀬戸内海国立公園 川原康寛

昼にはセミがせわしなく鳴く一方で、夜にはコオロギなどが鳴き、秋の足音が少しずつ聞こえるようになってきました。

今回、ご紹介する瀬戸内海国立公園の自然は、「仙酔島」から見える景色です。

↓地図(Google Map

https://www.google.co.jp/maps/place/%E4%BB%99%E9%85%94%E5%B3%B6/@34.3831481,133.3782697,14z/data=!4m5!3m4!1s0x35510e9021d2669d:0xafe954229d1049b2!8m2!3d34.3840933!4d133.3960114

仙酔島は、広島県福山市鞆町の沖にある無人島で、仙人も酔ってしまうほど美しい島であることからこの名前が付けられたそうです。

島には橋は架かっておらず、船で渡ります。約5分程度の短い船旅ですが、途中には福寿堂(弁天堂)が建つ百貫島(弁天島)が見えていて、自然と文化が調和した風景を楽しませてくれます。

※島から帰る途中に撮った写真なので、船跡が島に向かって出ています。

仙酔島内にはいくつかの展望地があり、そこから鞆の町並みや瀬戸内海など、それぞれ違った景色を望むことができます。鞆には江戸時代の古い町並みが残されており、仙酔島からこの町を眺めると、まるで江戸時代にタイムトリップしているかのよう。また、夏には海水浴のために、多くの人が来島します。

仙酔島を含めた「鞆の浦」一帯は、広島の「宮島」と同じように国の名勝地にも指定されています。また、仙酔島は白亜紀後期の火山活動によってできた島だと考えられており、特徴的な岩石や地層を観察することができます。この島は文化的にも自然的にも、我々を魅了してきた島なのです。

残り少ない夏休み、仙酔島を訪れて、瀬戸内海の文化と自然に触れてみるのもオツかもしれませんね。


地質についてのお話は、またの機会にじっくりと・・・。

仙酔島の「五色岩」赤色、黄色などいろいろな色の岩が見えます。

ページ先頭へ↑

2017年08月08日「ミヤジマトンボ・エコ観察会」を開催しました。

瀬戸内海国立公園 川原康寛

81日にミヤジマトンボ保護管理連絡協議会主催で、「ミヤジマトンボ・エコ観察会」を開催しました。

ミヤジマトンボは、国内では宮島でしか生息が確認されておらず、環境省はこのトンボをレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(絶滅の危機に瀕している種)に指定しています。そんな希少なトンボについて、地元の小学生に知ってもらうべく、当観察会は実施されました。

今回、参加してくれたのは、廿日市市立地御前小学校の5年生達。

まずはミヤジマトンボとその生息地である宮島をよく知るために、小学校で事前学習しました。

宮島の歴史や自然、トンボの生態についての話を聞き、宮島はいったいどういう島なのか、なぜミヤジマトンボが宮島にだけ生息しているのかを考えました。

そして、事前学習の後は、いよいよ宮島へ移動して観察会。

午前中に学習した、潮水と淡水が入り交じる「潮汐湿地」を観察してみます。

ミヤジマトンボはヤゴの間、この潮汐湿地で成長します。そしてトンボになって、またこの湿地で卵を産みます。ミヤジマトンボは他のトンボに比べて成長が遅く、他のトンボが暮らしている場所では、競争に負けて生きてゆけません。そんなミヤジマトンボにも潮水に強いという特技があって、他のトンボが生きてゆけない潮が入る水の中でも生きてゆけるのです。

このような潮水と淡水が入り交じった潮汐湿地が、かつては日本全国にあったのですが、人間の活動によって破壊され、ほとんど残っていないのが現状です。宮島は、昔から神様が居着く島(いつくしま)として崇められ、人間活動がほとんど及びませんでした。その結果、ミヤジマトンボが生きてゆける湿地が残っているのだと考えられています。

ミヤジマトンボを観察した後は、浜辺で飛び回っている小さなムシを追いかけてみます。

そのムシの正体は、ルイスハンミョウ。

  ↓アクティブレンジャー日記 瀬戸内海国立公園の自然3「ルイスハンミョウ」参照

   http://chushikoku.env.go.jp/blog/2017/06/3-2.html

このムシもミヤジマトンボと同様に、人間の環境破壊によって棲む場所がなくなっている生き物です。宮島には、こういった絶滅に瀕した生き物がたくさん棲んでいます。

ひと通り観察会が終わった後は、浜に流れ着いたゴミを拾いました。

ふだん人が出入りしないような場所でも、たくさんのゴミが落ちていました。

人間が何気なく捨てたゴミでも、そのゴミは海を巡って、ミヤジマトンボの生息地のような希少な環境までも汚してしまっているのです。

そして最後は、坂本先生から地御前小学校の生徒達へ熱いメッセージ。

日本各地で自然環境が破壊される中、昔のままの自然が残っている宮島は、まさに奇跡のような島です。宮島を見て育ったみんなに、これからも宮島を守っていってもらいたい!とのことでした。

何十年何百年先も、ミヤジマトンボがたくさん飛んでいる宮島であって欲しいですね。

ページ先頭へ↑

2017年07月27日自然観察会「干潟観察会」を開催しました。

瀬戸内海国立公園 川原康寛

瀬戸内海に棲むいろいろな生き物に触れていただこうと、7月22日に宮島地区パークボランティアの会と共催で、「干潟観察会」を開催しました。

宮島は厳島神社や紅葉の名所として有名ですが、海にもたくさんの"おもしろい"自然が広がっています。

まず、午前中は室内で、干潟の生き物オリエンテーションやフジツボの採餌観察などをおこないました。

その後、お昼休憩をはさんで、午後からはいよいよ干潟で観察会!

まず目につくのは、たくさんのカニ!

宮島の干潟には、たくさんの種類のカニが棲んでいます。

ハクセンシオマネキ       チゴガニ

オサガニ            マメコブシガニ

もちろん見つかる生き物は、カニだけではありません。

干潟にあいている穴に塩を落としてみると・・・

ニョキッと姿を現すのは、マテガイ。

たくさんのホソウミニナやヤドカリが、波打ち際に集まっていました。水際は水の蒸発がさかんで、気化熱により少し涼しいそうです。夏を暑いと感じるのは人間だけでなく、干潟の生き物も同じなのですね。

観察会では、この他にもまだまだたくさんの生き物が見つかりました。瀬戸内海は、太平洋や日本海に比べて、決して大きい海ではありません。しかしながら、そこには多くの島があり、瀬戸内海にしかない特徴的な自然環境が形成されています。そして、そのそれぞれの環境には、また違った生き物たちが暮らしているのです。

今回はその中でも「干潟」で生き物の観察をしましたが、瀬戸内海にはまだいろんな生き物が棲んでいます。これからの海水浴シーズン、海に出かけたときにちょっと足下に目を向けると、"おもしろい"自然が見つかるかもしれませんね。

皆さん、暑い中お疲れ様でした!

ページ先頭へ↑

2017年07月24日瀬戸内海国立公園の自然5「火の山公園」

瀬戸内海国立公園 川原康寛

青い空に入道雲が見えて、ようやく夏らしい空模様になってきました。中国地方も梅雨が明けて、瀬戸内海を満喫するには絶好の季節になりました。

今回、ご紹介する瀬戸内海国立公園の自然は、「火の山公園」から見える景色です。

↓地図(Google Map

https://www.google.co.jp/maps/place/%E7%81%AB%E3%81%AE%E5%B1%B1%E5%85%AC%E5%9C%92/@33.9725732,130.9519271,15z/data=!4m5!3m4!1s0x354397e010f29d93:0xe43d10b2df9f0530!8m2!3d33.9727957!4d130.9594587

この火の山公園も、前回ご紹介した極楽寺山と同じように、本土の陸域にある瀬戸内海国立公園です。瀬戸内海の沿岸部には、極楽寺山や火の山のように、瀬戸内海の美しい景色を望むことができる国立公園がいくつかあります。

その中でも、本州の西端部に位置するこの公園は、瀬戸内海だけでなく九州や日本海までも望むことができます。

写真左奥に瀬戸内海、正面には九州が見えます。

見る方角を変えれば、日本海も見えてきます。

あいにくの天気であまり撮影できず、写真2枚だけの紹介になってしまいましたが、雨で空気が洗われて、遠く澄んだ景色を見ることができました。

この他にも、関門海峡や山陰側を望むスポット、砲台跡やロープウェイ等の施設もあります。

※展望台は建て替え工事中ですので、ご注意下さい(平成31年オープン予定のようです)。

また次の機会にでも、火の山公園から眺めた別の景色をご紹介したいと思います。

これからの始まる夏休み。

思い出作りに、夜景と天体観測を兼ねて出かけてみるのも楽しいかもしれませんね。

ページ先頭へ↑

2017年06月30日瀬戸内海国立公園の自然4「極楽寺山 スイレン」

瀬戸内海国立公園 川原康寛

いよいよ梅雨本番になって、空を見上げるとちょっぴりネガティヴになってしまう時期になりました。そんなときは、無理をせず、下を見て楽しみましょう。

今回ご紹介する瀬戸内海国立公園の自然は「極楽寺山のスイレン」です。

瀬戸内海国立公園のほとんどは海域もしくは島しょ域なのですが、この極楽寺山は珍しく、本土の陸域に位置している瀬戸内海国立公園です。

↓地図(Google Map

https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%A5%B5%E6%A5%BD%E5%AF%BA%E5%B1%B1%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E5%A0%B4/@34.3906824,132.3090072,16z/data=!4m5!3m4!1s0x355abeaaf8323587:0xed63917ad5bb6d10!8m2!3d34.390709!4d132.3132022

極楽寺山には「蛇の池」という大きな池があり、ここに約500株ものスイレンが植わっています。梅雨時期になると、赤色や白色など目に楽しい花々が開き出します。

6月中旬に見に行くと、まだ半分以上がツボミで、残念ながら池一面のスイレンの花は見られませんでした。

奥に見える白い点は、全部スイレンのツボミです。

6月下旬から7上旬が見頃ですので、まさに今の時期にぴったりの瀬戸内海国立公園の自然スポットと言えるでしょう。

雨に濡れるスイレンの花に心を癒やされるのも、粋な梅雨の過ごし方かもしれませんね。

ページ先頭へ↑

2017年06月28日瀬戸内海国立公園の自然3「厳島 ルイスハンミョウ」

瀬戸内海国立公園 広島 川原康寛

晴れた日には気温が30度を超えるようになってきて、日差しが痛く感じられるようになってきました。

海遊びを恋しく思いながら厳島の砂浜を歩いていると、何やら小さな生き物が道案内するように、私の数歩先を飛んでいきます。

今回ご紹介する瀬戸内海国立公園の自然は「ルイスハンミョウ」です。

海辺でデートするルイスハンミョウのカップル

体の大きさは2cmに満たない程度で、背中にはクリーム色と光沢のある緑~黒色の模様、頭には大きなアゴがあります。この特徴的な模様と立派なアゴから、ハンミョウは漢字で「斑猫」と書かれ、英語では「タイガービートル」と呼ばれています。どうやら日本でも海外でも、ネコのような印象を抱かれているようです。

ルイスハンミョウは西日本の海浜に広く分布していますが、最近は生息地である砂浜の環境が破壊されて、その数が著しく減少しています。そのため、環境省はレッドリストで、このムシを絶滅危惧IB(EN)類(近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの)としています。

日本各地の海浜の自然が失われる中、厳島は島全体がご神体とされていて護岸整備などがされず、自然のままの砂浜が多く残されています。自然豊かな砂浜を必要とするルイスハンミョウにとって、厳島はまさにオアシスのような場所なのかもしれません。

瀬戸内海の白砂青松の景色の中には、たくさんの生き物が暮らしています。

この夏、海水浴に出かけた際には、ぜひ足下を見てみて下さい。きっとおもしろい発見があるはずです。

ページ先頭へ↑

2017年06月13日瀬戸内海国立公園の自然2「大崎上島 中ノ鼻」

瀬戸内海国立公園 広島 川原康寛

いよいよ梅雨に入り、厚い雲が空を覆いがちになる頃、晴れた日には瀬戸内海の美しい景色を満喫しましょう。

今回ご紹介する瀬戸内海国立公園の自然スポットは、広島県にある「大崎上島」から眺めた景色です。

↓地図(Google Map)

https://www.google.co.jp/maps/place/%E4%B8%AD%E3%83%8E%E9%BC%BB%E7%81%AF%E5%8F%B0/@34.2148468,132.91829,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x355040967797cc79:0xb61938dfee7b8f74!8m2!3d34.2148424!4d132.9204787

この島の南部の岬「中ノ鼻」から海を眺めると、隣県 愛媛の大三島や大下島、岡村島、空気が澄んでいる日には四国本土も望むことができます。

瀬戸内海国立公園は国内で最も広い国立公園で、広島県や愛媛県をはじめ全部で11府県にまたがっています。そこでは多くの人が生活し、島と島とを往来しながら、特有な文化を築いてきました。その海の安全を昔から守っていたもののひとつが、この「中ノ鼻灯台」です。

純白な灯塔は、どこか欧州を思わせる出で立ちをしています。明治27年に点灯して以来、改修工事を繰り返しながら、現在も瀬戸内海の安全を守っているそうです。

人々の生活と瀬戸内海との関わりを考えてみると、また違った景色が見えてきそうですね。

ページ先頭へ↑

2017年05月29日瀬戸内海国立公園の自然1「厳島 弥山のタゴガエル」

瀬戸内海国立公園 広島 川原康寛

はじめまして。4月から広島事務所のアクティブ・レンジャーに就きました川原と申します。当アクティブ・レンジャー日記をとおして、『瀬戸内海国立公園の自然』をテーマに、生き物や景観などを皆さんにご紹介したいと思います。

さて、すっかり気温が高くなって、いよいよ梅雨の足音も聞こえてきそうな時期になりました。今月の初めの大型連休には、瀬戸内海国立公園のひとつ「厳島 弥山」にも多くの方が訪れて下さいました。

少し時期は過ぎてしまいましたが、春先の弥山では、川やしみ出しから「グー、グー」と不思議な鳴き声が聞こえてきます。声は聞こえども、その姿は見えず・・・。登山を楽しんでいる方々もこの声に気付いて、その出所を探しているようでした。が、やはり見つからない様子。

それもそのはずで、鳴き声の主はこの「タゴガエル」というカエルで、オスがメスを呼ぶために、伏流に潜って鳴いています。

※写真のカエルはメスなので鳴きません。お腹の中に卵が入っているのが見えますね。

タゴガエルは、本州・四国・九州の山でふつうに見られるカエルですが、瀬戸内海の島で見つかるのは稀なようです。このカエルはしみ出し等に潜って卵を産むので、山に豊かな水がないと生きていけません。弥山の原生林は、そんな彼らにとって、居心地が良かったのでしょう。

厳島を訪れた際には、弥山の豊かな自然を、目でも耳でも楽しんでみて下さい。

ページ先頭へ↑

2016年09月29日JPR事業~さがせ!「宮島子ども自然遺産」ふしぎ?びっくり!自然のすごさ伝えよう♪~(2・3日目)

瀬戸内海国立公園 広島 大髙下理恵

2日目】

朝から見事に雨!でしたが、レンジャーには晴も雨も関係ありません!

お昼のおにぎりを皆で作って、自然発見ハイキングにでかけました。

キノコやカエル、シーボルトミミズなど雨の日ならではの生き物との出会いや、

瀬戸内海国立公園の特徴である多島美が見渡せるポイント、

安全に登山道を利用するためのレンジャーとしてのチェックポイントも発見しました。

   

お弁当を食べた後は干潟の生き物実験と調査です。

大元休憩所ではヤドカリの宿移りやフジツボの食事の様子などを観察し、干潟の生き物の生態を学びました。

干潟が出現した後はどんな生き物がいるか徹底調査!

カニや貝類、アナジャコやハゼなどが見つかりました。

また、塩を使ったマテガイ採りや潮干狩りにも挑戦しました。

[アサリの水質浄化実験]            [潮干狩り]

   

夜はウミホタルの生態について学びました。

夜の浜辺へ行ってわなを仕掛けて捕獲する予定でしたが生憎の大雨・・

事前に捕獲したウミホタルを水槽に入れて発行実験を行いました。

危険を感じると青白い発光物質ルシフェリンを放出する様子に皆釘付けでした。

   

3日目】

最終日は自分たちで採ったアサリで朝食作りです。

メニューは味噌汁、バター蒸し、しょうが煮の3品。

自分たちで採った海の幸を美味しくいただきました。

朝食後は最終ミッションである「宮島子ども自然遺産」のPR大作戦のための準備に取りかかります。

イチオシしたい「宮島子ども自然遺産」の選定、

フリップ作り、レンジャーの替え歌と発表の練習です。

2日間同じ体験をしましたが、それぞれ皆に知って欲しい!と思うポイントは違うようで

力作ができました。

[フリップ作り]               [桟橋前広場で発表!]

雨で足早の人も多い中、

観光客の方に「宮島の自然の魅力を発表しています!見て行ってください!」と声を掛け、

自分たちの見つけた「宮島子ども自然遺産」を発表しました。

   

最初は期待半分不安半分の表情だった子どもたちが

徐々に打ち解け友達を作ったり、

自然調査を通して宮島の新たな魅力を発見したり、

何よりそれを他の人に伝えることで

子どもたちにとって大きな自信になったのではないかと思います。

  

瀬戸内海の魅力はまだまだたくさんあります!

今回培った子どもパークレンジャーとしての視点を忘れず、

これからも新たな自然の魅力を発見し伝えていってもらえたらなと思います。

ページ先頭へ↑

2016年09月29日JPR事業~さがせ!「宮島子ども自然遺産」ふしぎ?びっくり!自然のすごさ伝えよう♪~(1日目)

瀬戸内海国立公園 広島 大髙下理恵

環境省では、子どもたちにレンジャー(自然保護官)の仕事を体験し、
自然保護への興味や理解を深めてもらおうと
子どもパークレンジャー(以下、JPR)事業を実施しています。
広島事務所では~
さがせ!「宮島子ども自然遺産」ふしぎ?びっくり!自然のすごさ伝えよう♪~をテーマに9月1719日(23日)に宮島で実施しました。

 

1日目】

宮島口に集合し任命式を行った後、

宮島市民センターに移動しオリエンテーションを行いました。

今回の任務はJPRとして自然調査を遂行すること、

そして、自分が伝えたい「宮島子ども自然遺産」を見つけ広く周知するというものです。

まずは国立公園やレンジャーの仕事について学習し、班での目標を決めました。

  

最初のミッションはシカのフィールド調査です。

一見何の変哲もない芝地、そして植物ですが

ここからもシカと植物のつながりが見えてきます。

  

近づいてよーく見ると、芝地にはシカに食べられまいと小型化した何種類もの植物が見られました。

一方で、大きく成長している植物はシカが全く食べない種類であることが分かりました。

毒やトゲで身を守っている植物もあれば、何もないのに食べられていない植物もあります。

なぜでしょうか??

 

宮島には宮島ならではのシカの痕跡が多数見られ、

中でも代表的なのが「ディアライン(deer line)」。

シカの口が届くのは2m前後のため、宮島には2m以下に殆ど植物が残っていません。

また、シカのフンがあちらこちらにあるため、フンチュウの仲間も確認できました。

[ディアライン:見事に植物の線ができています][フンチュウを発見!]

   

夕食後には宮島のシカが抱える問題と私たちとの関係について考えました。

シカは胃袋が4つに分かれており、バクテリアの力を借りて植物をタンパク質に変えていること、人からエサをもらうことに慣れたシカはビニール等を誤飲食しお腹にゴミが溜まっていることなどを学びました。

シカと人が共生するために自分たちにできることは何でしょうか?

[シカのお腹に溜まった3キロものゴミの塊]  [シカの胃袋(実物)]

その後、小雨が降る中ではありましたが夜の森へナイトハイクにでかけました。

真っ暗闇の中、言葉を発さず夜の時間を味わいました。

初めての体験に「真っ暗で怖かった」「虫や川の自然の音が聞こえた」「眼が慣れて木の枝や葉が見えた」など様々な感じ方があったようです。

   

朝から夜まで盛りだくさんの1日目がこれで終了しました。[つづく]

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ