ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年9月

9件の記事があります。

2017年09月29日外来植物除去のための勉強会が行われました!

大山隠岐国立公園 米子 番原 昌子

秋の気配を感じるようになりましたね。店頭にも新米などの秋の味覚が並ぶようになりました。

鳥取県は美味しい食べ物が沢山あるので、食べ過ぎ注意です。

さて今回は、外来植物除去のための勉強会の様子を紹介します!

紅葉シーズンを前にきれいな大山に来ていただこうと、1015日に大山秋の一斉清掃が開催されます。

毎年沢山の人が参加し、ゴミ拾いを行っているのですが、秋の一斉清掃では美しい景観や元々生息している植物を保全する目的で外来植物の除去も行っています。

926日桝水高原(伯耆町)にて、一人でも多くの方に外来植物の除去方法を知ってもらおうと、勉強会と実習が行われました。(主催:大山の美化を推進する会)

参加人数は20名。講師の話を真剣に聞く皆さんの姿が印象的でした。

外来植物の一つであるセイタカアワダチソウは、「ロット」と呼ばれる地中に伸びる根で数を増やしていきます。なるべく根を掘り起こして抜くよう指導がありました。

実習は短い時間でしたが、沢山の外来植物(ほぼセイタカアワダチソウ)を除去することができました。

 

1015日の大山秋の一斉清掃は、一般参加できます。大山博労座(大山町)、桝水高原(伯耆町)、鏡ヶ成(江府町)の会場で行われます。

一緒に秋の大山で、自然環境を守る活動に参加しませんか?

興味のある方はぜひ、以下にお問い合わせください。大山の自然環境を守る活動に参加していただける登録ボランティアも随時募集しています!

■大山の美化を推進する会 事務局(大山町観光商工課)

 0859-53-3110

ページ先頭へ↑

2017年09月29日✿足摺ヤブツバキ保全シリーズ⑪ ツバキ収穫大作戦!

足摺宇和海国立公園 土佐清水 谷吉萌

秋雨の季節はカビとの戦いな土佐清水からこんにちは!

いよいよ昨年の育苗開始から一年が経とうとしているヤブツバキシリーズ。

試験的な育苗を経て、今年度からは年に1万本の育苗を目標に、

4年内に4万本の苗を揃えよう、という大きな道筋が定まりました。

ということで、1万という途方もないような数字に立ち向かうべく、

またしても種子集めの季節がやってきました!

学校との連携や、他活動・新聞でのアピールもあり、

なにより地元の盛り上がりが後押しとなって、

9月21日の種子採取には22人もの方が集まり、約5400粒もの種が集まりました。

 

滑り出しは好調です!

また、シリーズ前回の投稿でお知らせした清水中2年生は、

9月26日に足摺岬での実習を行いました。

 

最初に前回授業の復習として、足摺岬ヤブツバキを取り巻く環境を歩いて見て回ります。

実際にびっしりメダケが生えている場所を見て「やば!」の声も。

その後は、足摺岬の園地内を歩き回り、自分たちの手で実を取り、種を取り出す作業です。

 

集めたら、しいなや虫食いのある種を取り除いて、プランターに蒔いていきます。

総勢80名以上の手で、約6900粒という大きな数字が達成され、

この数には、生徒さんからも満足げな笑みが浮かびました。

9月28日には、今年度はじめからツバキについて学び始めている

足摺岬小学校のみなさんも、種取りと育苗を開始しました。

 

足摺岬に立地している、という地の利を活かして、

学校の近くでツバキの実を集め、20人で501粒集めました。

しっかり水やりをして、立派な苗に育ててくれるでしょうか?

(同じく春から活動を始めた中浜小は11月に行う予定です)

種は植えたものすべてが芽生えるわけではなく、

ツバキに関しては約7割程度の発芽率というデータがこの1年で出ました。

つまり、目標の10000本の苗のためには14000粒以上の種まきをしなければならず、

あと1500粒はとる必要がありますが、このペースで行けばすぐに完了しそうです!

たった3回の活動で早くも約13000粒の種が収穫できてしまいましたが、

そこに携わった120人以上の人手を考えると「ひと」の大切さをひしひしと感じます。

 

  足摺岬小学校のみなさん     中浜小学校のみなさん

 

   地元のみなさん      清水中学校2年生のみなさん

1年を経て大きく広がった足摺岬ヤブツバキ再生プロジェクトの輪。

これまででできあがった繋がりを確かなものにしながら、

さらに大きくしていくための、次のステップが見えた気がしました。

ページ先頭へ↑

2017年09月28日大山隠岐国立公園の魅力を語る会

森安 唯

先日、鳥取県米子市の築140年の古民家「わだや小路」にて

大山隠岐国立公園の魅力を語る会を行いました!

                    写真提供:河野利晴氏

今回は外国人の方にも大山隠岐国立公園がどんな所か知ってもらおうと

呼びかけを行いました。

イギリス、ネパール、マレーシアなど6カ国から合計11人の

外国人の方々にご参加いただきました。

歌い手の森田さやかさんのライブからスタート!

みんなが知っている曲から、大山をイメージして作詞作曲された曲まで

みんな森田さんワールドに引きこまれました。

                     

そして大山ガイドクラブ上野紀代子さん。

上野紀代子さんは大山の山頂小屋で働かれており、

毎日20キロの荷物を持って大山山頂まで登っています。

最後は大山隠岐国立公園管理事務所長の中山から

世界の国立公園と比較した大山隠岐国立公園の魅力。

世界各地の国立公園の写真を見ながら、日本の国立公園との違いを学びました。

                    写真提供:河野利晴氏

みんなが一番驚いていたのは、どの写真が大山隠岐国立公園でしょうというクイズ。

皆さん、出雲大社や三徳山など、多くの地域が国立公園にあることにびっくりしていました。

そしてトーク終了後、大山隠岐国立公園の魅力をSNSや口コミなどで発信してもらう

外国人の方の大山隠岐国立公園パークサポーターズの任命式を行いました。

-

任命された方には、日本の国立公園の写真集と

今回特別にデザインしたDaisen-Oki National Park T-シャツをプレゼントしました。

-

大山隠岐国立公園パークサポーターズは随時募集中です。

SNSで情報発信することが好き!山、海、歴史、文化が好き!な外国人の方を大募集!

サポーターズチラシ.pdf

ページ先頭へ↑

2017年09月27日✿足摺ヤブツバキ保全シリーズ⑩ 挑戦者新登場!

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

いよいよ秋めいてきた土佐清水からこんにちは!

すくすく育っている事務所前のツバキをご紹介した前回のツバキシリーズ

今回は、9月から新登場の助っ人たちのお披露目です。

やってきたのは、土佐清水市の新地名「清水が丘」にある清水中学校です。

この清水中学校の2年生が、ウワサの助っ人さんです!

2年生の総合学習テーマは「清水のために行動できる自分になろう」。

これに、ヤブツバキ再生プロジェクトがどう絡んでいくのか?

第1回授業のようすとともに、この疑問の答えについてお話しします。

第1回目の授業は中学校で行いました。

3つのクラスが一堂に会し、まずは、土佐清水の「いいとろこ」を考えてみます。

 

海や緑などの自然や、魚や野菜といった食べ物、

お祭りや人付き合いなど、たくさんの「いいとろこ」が出てきました。

次は、これらの「いいとろこ」はどうやってできたのかを考えていきます。

ここで例として登場するのが足摺岬のヤブツバキ。

観光スポットとして立ち寄る方も多い足摺岬。

そこに色を添えるツバキ自体も市の花であり、

もちろん、生徒さんからも「いいところ」としてあげられていました。

では、この足摺ツバキはどうやってできたのか。

どうやって足摺岬が作られたのか、という大地の成り立ちから見た足摺岬についてや、

なぜ足摺岬にツバキ林ができたのか、という歴史的・文化的な背景を知ってもらいます。

 

こうして、「いいとろこ」はどうやって成り立っているのかを紐解くと、

その魅力を構成してきた人や自然のうごきが感じられ、

よりいっそう魅力が引き立つんじゃないか、という投げかけをしました。

授業おわりの振り返りでは、

「今まで土佐清水の魅力について考えたことはあったけど、

 なぜなのか、まで知れて良かった」

「ただ魅力を知っていても、成り立ちを知らないと

 十分に魅力を伝えきれないことがわかった。そう考えると知らないことだらけ」

「文化や自然など、素晴らしいモノが多くある。自分たちが守らないと」

など、魅力に感じる物事そのものだけでなく、

奥行きをみる視点が養われたように見受けられました。

この総合学習の目的は、

こういったバックグラウンドを含めた土佐清水の「いいところ」すべてが、

自分たちの生まれ育った土佐清水なんだ、という誇りに繋がること。

そして、その清水のために何かできないか、

ということを考えてもらうことが最終目的です。

今回中学2年生から、これだけのふるさと自慢が出ました。

この魅力を守っていきながら、さらに磨き上げるための

自由なアイデアが生まれる授業にしていきたいと考えています。

そのための実践として、次回授業は実際に足摺岬に行き、

足摺ヤブツバキの現状と、その保全活動の実習を行います。

ページ先頭へ↑

2017年09月22日第27回 コーラル&フィッシュウォッチング!

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

一雨ごとに、暑さが和らいできた土佐清水からこんにちは。

そろそろ泳ぎ納めした方も多いのではないでしょうか?

今回は、晩夏に海を満喫した大月地区パークボランティア(以下PV)の

主催イベントの様子をお届けします。

今年で27回目になる「コーラル&フィッシュウォッチング」というこのイベント。

豊かな大月の自然を愛する大月PVの

大月の魅力を町内外の人に伝えたいという思いからスタートしました。

お昼過ぎに集合し、まずは開会のご挨拶。

今回の参加者は町外の方がほとんど!

PVメンバーの家族・友人から、遠く県外から聞きつけて参加してくださったかたもいました。

もちろん初めて大月の海で泳ぐ方もいらっしゃるので、泳ぐ前に少しだけお勉強!

毎年好評の黒潮生物研究所・シュウ先生による海の勉強会です。

知られざる海の魅力を学んだ後は、いよいよ実践。

お待ちかねのシュノーケル体験です。

 

グループに分かれて、PVメンバーに教えてもらいながら大月の海へ!

初めてのひとも、常連さんも、みんなで一緒に海の中を堪能します。

気持ちよく泳いだ後は、さっぱりシャワーを浴びて、夕方からは懇親会。

こちらもPVメンバーが中心になって用意したご馳走がずらりと並びます!

 

PVメンバーが地元でとった魚を華麗に捌いた新鮮なお刺身や、

地元婦人会が用意してくれたイヨ飯(魚飯/魚の炊き込みご飯)、

そして、夏の風物詩・流しそうめんなど、海山里の幸が目白押しです。

あたりも真っ暗になり落ち着いた頃合いで、

参加者・主催者入りまじりの自己紹介+一芸披露。

ゆっくり一日かけて親睦を深めたおかげか、

気の置けない友人や、里帰りした子どもや孫を迎えたような雰囲気でした。


天気にも恵まれ、楽しい集いにおいしいご飯。

夏の締めくくりにふさわしい時間を提供し、

参加者それぞれに、海の思い出をプレゼントできたのではないかと思います。

ページ先頭へ↑

2017年09月22日瀬戸内海国立公園の自然7「野呂山」

瀬戸内海国立公園 川原康寛

台風一過ですっかり秋の始まりを感じられるようになってきましたね。

暑い夏が終わって、いよいよ外に繰り出すのに良い季節になってきました。

さて、今回ご紹介する瀬戸内海国立公園の自然は「野呂山」の景色です。

 

↓地図(GoogleMap

https://www.google.co.jp/maps/place/%E9%87%8E%E5%91%82%E5%B1%B1/@34.2656288,132.62796,12z/data=!4m13!1m7!3m6!1s0x35500c4cfef0bbfb:0x5e63d58c0ef9493f!2z6YeO5ZGC5bGx!3b1!8m2!3d34.2628632!4d132.6662405!3m4!1s0x0:0x27e8760b899778a2!8m2!3d34.2648644!4d132.6793957

野呂山は広島県呉市の海沿いにそびえる山で、なんと瀬戸内海国立公園では兵庫県の六甲山に次いで2番目に高い山です。

その高い山の頂近くには、「星降る展望台」や「かぶと岩展望台」といった展望スポットがあり、瀬戸内の大パノラマを眼下に望むことができます。

その景色は圧巻で、東は大崎上島を越えて愛媛県の大三島まで、南にはとびしま海道の島々が、西は倉橋島や江田島など、瀬戸内海の数々の島を視界に入れることができます。

かぶと岩展望台からの景色です。少し靄がかかっていて白っぽく見えますが、ちゃんと大三島まで見えました。これから涼しくなってくると、もっと鮮明な景色を楽しめるようになってきます。

山の麓や島の所々には港町が広がっていて、瀬戸内海沿岸では人と自然が一体となった文化が栄えてきたことが伺えます。瀬戸内の景色から感じられるどことなく懐かしい雰囲気は、こういった自然と文化の調和が見られるからなのかもしれませんね。

展望台からの景色の他にも、野呂山の山頂近くには「氷池」という綺麗な池があり、こちらも見所になっています。この池は、名前のとおり冬には水面が凍ってしまって、夏とはまた違った美しい姿が見られるようです。この池については、またの機会にご紹介したいと思います。

8月下旬の氷池の景色です。夏の終わりかけの時期にも、まだ少しだけスイレンが咲いていました。

ページ先頭へ↑

2017年09月16日山焼きの出前授業を行いました!

大山隠岐国立公園 米子 番原 昌子

8月から大山隠岐国立公園管理事務所の一員となりました番原昌子(ばんばらまさこ)です。

これから皆さんに、仕事の様子や大山蒜山地域の自然を楽しく紹介できたらと思っています。

どうぞ、よろしくお願いします!

916日(日)川上小学校(真庭市蒜山)で3、4年生を対象に山焼きについての出前授業を行いました。

阿蘇や秋吉台の山焼きは有名ですが、蒜山でも山焼き文化が残されています。

山焼きと環境保全は結びつきにくいかもしれませんが、火を入れることによって健全な草原が形成され、そこでしか生きることができない動植物の大切な生息場所になっています。

最初に大山隠岐国立公園管理事務所のレンジャーが、国立公園について説明しました。

クイズ「大山隠岐国立公園にある山の中で、蒜山の山はどれだ?」は、大変盛り上がりました。


お次に山焼きの中心人物である多久間さんが、50年前の石油がなかった生活の中で、牛や馬、ススキが生える草原がどんなに大切だったかを説明しました。

ユーモアを交えた語り口に、大人も子ども引きつけられました。


津黒いきものふれあいの里の雪江館長は、山焼きをした後にどんな花が咲き、希少な動植物が生息しているかを説明しました。

子ども達は、生き物が紹介されると、「かわいい」と言いながら熱心に話しを聞いていました。


最後に、山焼き時に使用するジェットシュータという消火器を子ども達に体験してもらいました。

水が沢山入ったリュックは大変重く、その重さと遠くまで水が飛ぶ装置に歓声が上がっていました。


今日の出前授業の感想を子ども達に聞かせてもらったのですが、「人が手を加えることで守られている自然がある。それが山焼き!」ということを理解してもらえたようでした。

山焼きボランティアは、高校生から参加できます。興味がある方は、以下にお問い合わせください。

津黒いきものふれあいの里

TEL0867-677011  FAX0867677012

ページ先頭へ↑

2017年09月11日29年度 磯の観察会 「潮だまりの生きものを捕まえよう!」

瀬戸内海国立公園 松山 福田学

4年ぶりに松山自然保護官事務所主催の自然観察会を開催しました。瀬戸内海国立公園の大角鼻で磯の生きものを捕まえて観察します。

大角鼻は多島海景観に来島海峡大橋の展望地としてはもちろん、海水浴やキャンプ、バーベキューなどでもにぎわう人気のレジャースポットです。

お昼を過ぎるころ、バーベキューの肉が焼ける匂いの中、参加者が集まりました。

榊 自然保護官から身近にありながら豊かな自然を持つ瀬戸内海国立公園の紹介のあと、観察会の始まりです。

観察場所の大角鼻に移動すると、潮が引いて岩がむき出しになっています。ここで講師の西条自然学校 山本貴仁先生の登場です。磯の生きものことなら何でも知っている頼もしい先生です。磯での遊び方と注意点を教わって磯に踏み出しました。

【磯ってどんな場所?】

磯は潮が引いたり満ちたりする間に陸地になったり海中になったりするところです。潮が引いたときに岩のくぼみに残された「潮だまり」にはいろんな生きものが棲んでいます。磯の高いところと低いところでは、棲んでいる生き物の種類が違います。

磯の上部にはとても小さな貝「アラレタマキビ」がたくさんいました。そこは潮が満ちても海の中にならない場所です。海辺にいながら水が苦手な貝なのです。日に照らされて熱くなった岩から少しでも体を遠ざけようと、つま先立ちになります。

この辺りにはフナムシもたくさんいました。「フナムシ」は何でも食べてしまいます。革でできた靴やベルトなども食べてしまうのです。ほかの生きものの死骸などを食べてくれる海辺の掃除屋なのです。

磯の中間には「ウノアシ、カラマツガイ、ヒザラガイ」などの岩にぴったりと張り付いた生き物がいます。この貝たちは潮が満ちると活発に動き餌を摂り、潮が引くと家に帰るように同じ場所に戻るので、その場所は薄らと窪んでいます。

ウノアシ

カサガイ

ヒザラガイ

この辺りには「ケガキ」という、とげとげがいっぱい突き出た貝もいます。

磯の下部には素早く動く魚たちが見えるようになりました。黒いしましまの魚「ゴンズイ」の群れが泳いでいます。たくさん集まり玉のようになるので「ゴンズイ玉」っていうんだよと、自然公園指導員の小澤先生が教えてくれます。

ゴンズイ

他にもこんな魚が捕れました。

左からゴンズイ、ヘビギンポ、ナベカ。

派手なオレンジ色はイカを釣る疑似餌で餌木(えぎ)といいます。

この辺りでムラサキウニが捕れました。

ムラサキウニ

透明な水槽に入れてみると、生き生きと伸び縮みするウニの足(管足といいます)をじっくりと観察することができました。

みんなの水槽はどんどん生きもので満たされます。中にはビーチグラスや貝殻や海藻でセンス良く水槽を飾る子もいました。

自然と山本先生のまわりに子供が集まります。

この真剣なまなざし!

お母さんも楽しんでます。

お父さんを振り返る母と子供、素敵な風景です。

次に大きな「潮だまり」に移動です。山本先生の話を聞きながら、生きものが油断して出てくるのを待ちます。

山本先生の話

20年前の磯は、もっとたくさんの生きものであふれていた。海はその頃よりきれいにはなったけど、なぜか生きものが少なくなっている。その原因はよくわからない。この磯には泥のようなものが溜まっているが昔は、なかった。災害を防ぐための砂防ダムができて大きな石は止めてくれるけど、細かい泥だけが海に届くようになっているのかな?

太陽に照らされて水温の上がりやすい潮だまりに棲む生き物は、環境の変化に強い生き物が多く家に持ち帰っても飼いやすいそうです。

しばらくまったけど生きものが出てこないので、みんなで潮だまりに入ります。

ここでは細長い腕で素早く動くクモヒトデがいました。

みんなまだまだ捕まえたそうにしていたけど、これで観察会は終わりです。

最後に捕まえた生きものを海に帰しました。

生きものを捕まえようとする中で、どこにいるのか、何を食べるのか、どうやって動くのかなどを学べたのではないでしょうか。

この身近で豊かな自然を守っていきたいですね。

みなさん、ありがとうございました!

おまけ♪

夢中で生きものを追いかけて、お尻はびしょびしょ、長靴はちゃぷちゃぷに。

お父さんとお母さんに見守られて思い切り遊べましたね。

ページ先頭へ↑

2017年09月03日中国四国の国立公園巡回展 三瓶自然館サヒメルにやってきました!

大山隠岐国立公園 松江 大山淳子

中国四国地方の国立公園(大山隠岐国立公園・瀬戸内海国立公園・足摺宇和海国立公園)内の各事務所を巡回している「中国四国の国立公園展」が、ついに松江事務所の順番がやって参りました!

9/2(土)より三瓶自然館サヒメル 1階ビジュアルドームで絶賛開催中です。

国立公園展入り口正面から撮影

各地のアクティブレンジャーたちが撮った、

各国立公園の魅力たっぷりの35枚の写真たちがみなさまの来場をお待ちしております。

9/2(土)~10/1(日)まで開催しております。

(毎週火曜日が休館。9/25~29は特別休館。)

国立公園展への入場は無料です。

(サヒメルの展示を観覧する場合は、別途入場料が必要です。)

なお、サヒメルでは、9/24(日)まで「SHIN 昆虫展」が開催されており、

今話題の海外から来た昆虫のヒアリやセアカゴケグモの展示もあります。

ほかにもいろいろな展示やイベントが盛りだくさんです。

ぜひ、サヒメルを満喫して、国立公園展にも足をお運び下さいませ。お待ちしております。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ