ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年10月

10件の記事があります。

2017年10月31日篠山deモニタリング&バケツリレー!

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

台風やら秋雨前線やらで、秋を楽しむより

カビとの戦いに追われていた、土佐清水の谷吉です。

さてさて、8月の山の日にイベントを行った篠山!

アケボノツツジの花を楽しむ春以外でも、夏山の楽しみをご紹介しました。

今回は、そのイベントでも体験してもらった「モニタリング」と「バケツリレー」を含む、

実際の保全活動の様子を届けします。

活動するのは篠山観光開発協議会のメンバー。

年に数回集まり、繁忙期のパトロールや、モニタリング、バケツリレー(覆土)、

鹿よけの柵の修繕などを行い、篠山アケボノツツジの保全活動を行っています。

ここに、今回は植物の専門家、愛媛新聞記者なども加わって総勢16名での活動になりました。

山頂に到着したら、4つの班に分かれて調査開始。

最初のミッションは「モニタリング」。

最近テレビなどでも使われ、なじみのある言葉になりましたが、要は「観察」すること。

毎年同じアケボノツツジの木や、その子どもたちを追いかけて、

その成長や衰退を観察しています。

爪の先ほどの芽を探し、マーキングしていきます。

地面に這いつくばって観察すると、

消えてしまった芽もあれば、新しく芽吹いた物も見つかりました。

まだまだデータが少ないので、これから記録を重ね、

変化にいち早く気づけるよう、観察を続けていくことが大切です。

もう一つが「バケツリレー」。

花が美しいアケボノツツジですが、視線を下に下げると・・

 

斜面では土が流れ、アケボノツツジの根が露出してしまっています。

1本1本は細いこの根も、栄養分を吸い上げる重要な役目を担っているのです。

そこで、その根を覆う土を「バケツリレー」で運ぶわけです。

 

人数がたくさんいても、なかなかの重労働。今回は16名が一丸となってリレーしました。

これから先も、アケボノツツジの花を楽しめるように、

まだまだ模索段階ですが、地道な一歩を踏み固めているところです。

(今春のアケボノツツジ)

今は協議会で行っている保全活動ですが、

地元の人や篠山やアケボノツツジを愛する人たちにも、こういった活動を知ってもらい、

一緒に歩んでいける道にすることが、次なるステップとなりそうです。

ページ先頭へ↑

2017年10月28日希少種保護のための草集めをしました!

大山隠岐国立公園 米子 番原 昌子

野外イベント目白押しの時期に、季節はずれの台風で残念な思いをされた方も多かったと思います。もしかして、雨女の私がイベントに参加しているから?そうだったら、ごめんなさい。

さて今回は、草集め作業の様子を紹介します!

1028日に新庄村(岡山県真庭郡)で、新庄自然保護連絡協議会、岡山理科大学、岡山県環境保全事業団、大山隠岐国立公園管理事務所の約15名が、草刈後の草を集めて束にする作業を行いました。


国立公園内の草原に生息している、希少な動植物を守るのが目的です。

昔はどこの家でも牛を飼っていたので、飼料を採るために定期的に草刈りが行われていました。しかし、生活スタイルの変化や高齢化により、最近ではあまり草刈りができなくなっています。

草刈りできずにススキなどが大きくなってしまうと、他の植物やそれを食べる昆虫達が生息しにくい環境になってしまいます。希少種となった里地里山の生き物は、人の生活と密接に関係しているのです。

刈ったままだとススキの下にいる植物達に光りが届きにくいので、それを取り除く必要があります。


雨が降る中、休憩中に一緒に作業していた男性が、「ススキは屋根に利用していたくらいだから、刈ってあるものを取り除くと、地面は濡れてないから座れるよ。」と教えてくださいました。なるほど!


今回集めた草は、地元の牛を飼っている所に引き取っていただけるようですが、今後活動を広げるに当たって、刈り取りした草を有効利用していくのが課題となっています。

草原という限られた場所でしか生きることができない生き物のために、みんなで命を繋ぐ取組みができたらと思います。

ページ先頭へ↑

2017年10月25日瀬戸内海国立公園の自然8「大久野島」

瀬戸内海国立公園 川原康寛

すっかり秋が深まり、昼間は心地よい日が差して、自然散策しやすい季節になってきました。

さて、今回ご紹介する瀬戸内海国立公園の自然は「大久野島」の景色です。

↓地図(Google Map

https://www.google.co.jp/maps/place/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E9%87%8E%E5%B3%B6/@34.3090387,132.9651312,13z/data=!4m5!3m4!1s0x3550453047d04345:0x48c667e9a04c14fa!8m2!3d34.3113285!4d132.9921762

大久野島は、かつて日本軍の毒ガス工場があったことから「毒ガスの島」と呼ばれたり、たくさんのアナウサギが生息することから「ウサギの島」と呼ばれたりしています。

この島は、瀬戸内海の広島県部分のうちの中央あたりに位置しており、たくさんの島に囲まれています。そのため、山頂展望園地からは一面の多島海景観を望むことができます。

展望園地には、景色以外にも人間日時計や星座早見盤等の楽しい設備が置かれています。

南東側には、中国地方と四国地方の境目になっているしまなみ海道多々羅大橋(写真中央部付近)も見えます。

西側には、小久野島や大崎上島が見えます。夕方には美しい島影が見られそうですね。

北側は本州本土で島はないのですが、黒滝山という瀬戸内海国立公園に指定されている山があり、忠海の街並みと共に、風情ある景色を楽しませてくれます。

大久野島には、他にも瀬戸内海の環境を学習するための「大久野島ビジターセンター」や、毒ガス工場の資料を展示している「毒ガス資料館」があります。

瀬戸内海の景色に癒やされるとともに、環境や歴史に目を向けてみるのも、実りある行楽の秋の過ごし方かもしれませんね。

ページ先頭へ↑

2017年10月24日【お知らせ】 いきものみっけ!調査団

大山隠岐国立公園 柳川 にいな

夜も冷えてきて、暖かい布団が恋しい季節になりましたね。

日中も天気が変わりやすく、さっきまで雨が降っていた空が澄み渡る青空になっているのを見ると、

あぁ秋だなぁと思うこの頃です。

さて、今回はイベントの案内をさせて頂きます!

10/28(土)に「いきものみっけ!調査団」と称したふれあいイベントを開催いたします。

【いきものみっけ!調査団】

と き:10/28(土)9:00~12:00

ところ:隠岐の島町有木クヌギの森

※詳細はコチラ

今回のイベントでは、身近な生きものや環境の変化について触れる機会になることを目的として、

生きもの調査 ※「いきものみっけ2017の体験や、地域の方のお話を聞いていきます。

草むらや川辺、田んぼの周りなど普段目にする自然にも、色んな生きものやその生きものが持つ情報が隠れています。

身近にある自然に目を向けて、生きものたちを探しにいきませんか?

今回は対象を小学生とさせて頂きますので、ぜひ生き物に興味がある子も、普段は苦手だなと思っている子も、お友達を誘って遊びに来て下さい!

※「いきものみっけ2017」とは

身近ないきものの観察からその変化を知ることを目的とした、市民参加によるいきもの調査です。

身のまわりにいる生きもののうち、ニホンアマガエル、オオカマキリといった「身近ないきもの(以前は普通に見られたが、近年減少傾向にあるとみられるいきもの)」、ツマグロヒョウモン、クマゼミといった「北上するいきもの(もともとの分布域から北に分布を広げているいきもの)」、ミシシッピアカミミガメ、オオハンゴンソウといった「外来生物(分布を拡大している外来生物)」の6種を調査対象種としています。

私たちの身近で見られるいきものの最新の生息状況を把握するとともに、身近ないきものの観察を通じて、

いきものと周りの環境の変化との関係について理解を深めていくことを目的として実施するものです。

詳しくはこちら→ <https://ikilog.biodic.go.jp/mikke2017/>

みつけた生きものは、

環境省が運営するウェブサイト「いきものログ」を使って報告することも出来ます!

季節の花々や珍しい生きものなど、報告だけでなく、調べたり相談することも出来るのでぜひご活用下さい。

「いきものログ」 <https://ikilog.biodic.go.jp/>

ページ先頭へ↑

2017年10月23日わくわく自然体験in鏡ヶ成を行いました!

大山隠岐国立公園 米子 番原 昌子

これから紅葉がきれい時期になりますが、今年の大山の紅葉は早いと言われています。今回の台風で葉が落ちていないとよいのですが...。

さて今回は、自然啓発活動の様子を紹介します!

1015日に鏡ヶ成(江府町)にて、わくわく自然体験in鏡ヶ成を行いました。

鳥取県西部総合事務所日野振興センターと休暇村奥大山との共催で毎年実施しており、今年は約50名の参加がありました。

本当なら擬宝珠山に登りながら自然観察を行う予定でしたが、この日はあいにくの霧...。やむなく雨の日プログラムを実施することになりました。

最初に日野振興センターの自然保護監視員が鏡ヶ成の植物をスライドで紹介しました。

その後、大人と子どもとで別れて少しだけ外に出てみることになり、子ども達には誰が一番雨を集められるかゲームを行ってもらいました。

樋から勢いよく落ちる雨水を、歓声を上げながら集めている様子は、とても楽しそうでした。

鏡ヶ成は私達が住む米子市の上流であり、ここに降る雨が地下にしみこみ私達が普段使っている水に繋がっていることを説明しました。

外から戻った後は、鏡ヶ成も指定されている国立公園についてのお話しをしてから、昼食の郷土料理の団子汁をいただきました。

午後からは大人も子ども一緒にススキのフクロウ作りです。

ススキの穂の取扱いが難しかったようで、皆さん苦戦されていましたが、完成したものはどれも個性的でかわいいものになりました。

アンケートを見ると、皆さんそれなりに楽しんでもらえたみたいでした。

次回は天気のいい鏡ヶ成にぜひお越しいただきたいです。

ページ先頭へ↑

2017年10月23日【報告】さんべ祭、北の原キャンプ場グランピング体験

大山隠岐国立公園 松江 大山淳子

前回、ご案内しました国立三瓶青少年交流の家やその周辺で10/14.15に開催された「さんべ祭」ですが、

天候に恵まれなかったにも関わらず、

たくさんの方が来場くださいました。

大山隠岐国立公園松江管理官事務所のブースでは、

大山隠岐国立公園紹介のパネル展示、

松江管理官事務所管内、三瓶山地域、島根半島東部地域(美保関、北浦、桂島など)、島根半島西部地域(日御碕、出雲大社、鷺浦など)を紹介した写真展示、

小さなこどもたち用に簡単な大山隠岐国立公園クイズの展示、

プラバンにさんべのいきものを描いてもらってストラップを作るクラフト体験をしました。

大人の方から、小さなこどもまで、たくさんの方が訪れて下さいました。

少しでもたくさんの方に、大山隠岐国立公園のことを知ってもらえた、また触れてもらえた機会になれたかと思います。

大山隠岐国立公園内の三瓶地域以外の地域のパンフレットも置かせてもらって、手に取って下さった方もたくさんいらしたので、これをきっかけに他の地域にも足を運んでくださればと思いました。

また、同じくさんべ祭の会場の一つである三甁自然館サヒメルの向かいにある北の原キャンプ場では、

今話題のグランピング体験のコーナーを設けられていました。

グランピングは、グラマラス・キャンピングの略だそうで、

通常のキャンプは、いかに余計なものをそぎ落として、最小限のもので身軽に行うといったスタンスですが、それに対してグランピングは、贅沢さ、快適さを追求したキャンピングスタイルです。

今回、北の原キャンプ場では、ティピー形のテントの中に、ソファ、テーブル、ベッドがあり、外にもテーブルや背もたれが伸縮してゆったり腰掛けられるイス、ハンモックが用意されていました。

小雨の中にも関わらず、訪れた方たちは、快適に楽しまれていました。

今回は、試験的なグランピング体験で、通常はまだレンタルが出来ないそうですが、今回訪れてくださったみなさんの意見を参考に、北の原キャンプ場でも、グランピングができるように前向きに進めていかれるそうです。

ワンランク上のキャンプ体験がさんべで出来る日を、楽しみに待ちましょう。

ページ先頭へ↑

2017年10月13日【イベント報告】KINOKO × TREKKING

大山隠岐国立公園 湯澤孝介

秋の山、たまらんです。

9月30日に開催した、「KINOKO × TREKKING」の様子をご紹介します。

天気は快晴、文句なしの山歩き日和でした。

トカゲ岩もばっちり見えます。

講師

今回講師を務めていただいたのは、きのこアドバイザーの宮崎さんです。

きのこに関する知識はもちろんのこと、関わり合う植生や生態系の役割など、

わかりやすく解説いただきました。

開会 注意

この日の参加者は小学生からご年配まで幅広く、約20名でのツアーとなりました。

楽しむためにはいろいろと予備知識も大切。きのこ観察のサポート情報や注意事項を聞き、

イベントの始まりです!

歩きながら  観察

森の中で、きのこという小さな存在に着目することで、

"歩く"から、"よく観ながら歩く"へと、動きが変わっていきます。

観察  ツエタケ

林内を進んでいくと、だんだんと"きのこの目"になって、次々と発見の声があがります。

右の写真はツエタケの仲間で、一見すると小柄な印象ですが、柄の部分は地中深くまで及ぶこともあります。

光り  天然林

道中、展望所や天然林の大木など、見所も多いです。

冬虫夏草1

今回、ラッキーな発見もあり...。この写真、なにか面白いきのこがあるの、わかります?

冬虫夏草2

正解はこちら!

生きている昆虫などに侵入し、きのこを発生させる、『冬虫夏草(とうちゅうかそう)』。

ムラサキクビオレタケ?かと思われます。鞘翅類(甲虫など)の幼虫につくようです。

冬虫夏草3

虫からきのこ!?これにはかなりざわつきました(ザワザワ)

お昼

お腹が空いたところでランチタイム。

山ん中で食べる飯はうんめ!

きのこに夢中 

後半戦、子どもたちのきのこ探しにスイッチが入り、完全にキノコキッズと化してました。

今回のトレッキングコースで観られたきのこの一部です。

森の中では小さな存在に見えるきのこ。

でも実は自然のサイクルの中では大きな役割を担っていたり。

よくよく目をこらしてみると、たくさん見つけられたり。

山歩きに『きのこ』という着眼点をくっつけた今回の「KINOKO × TREKKING」。

みなさんもなにかに注目してみながら、山歩きしてみませんか?

お願い

国立公園内では、動植物の採取を行わないようお願いしております。

次に見に来る人も楽しめるよう、ご協力お願いいたします。

人が活用し生活に近い存在の雑木林や植林地、一方、手を加えないことにより自然の遷移を観ることができる

保護区域など、それぞれの環境だからこそ生きている生き物や自然の姿をお楽しみください!

お詫び 

今回のイベントでは、例になく多くのご応募をいただき、応えきれずお断りもさせていただきました。

お断りした皆様、申し訳ございませんでした。

嬉しい悲鳴ではありますが、嬉しさに留まることなく、より良いイベントの構成・体制づくりにつなげていきたいと思います!

ページ先頭へ↑

2017年10月12日【オススメ】 秋も砂浜へ!父母ヶ浜

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

夏の海水浴シーズンが終わると、海岸エリアは少し落ち着きをみせます。

が、香川県内には今も多くの人が集まる砂浜があるんです!

それが、三豊市西海岸に位置する父母ヶ浜(「ちちぶがはま」と読みます)。

広く遠浅の砂浜であれば、お隣の観音寺市にある有明浜や三豊干拓の方が広大ですし、海浜植物群落の多様性、多さなら有明浜なのですが、父母ヶ浜の推しポイントはなんといってもコチラ↓

1.サラサラの白い砂浜

瀬戸内の砂浜は、花崗岩由来の土砂が山から川を伝って海底に溜まり、それが海浜流にのって堆積してできたもの。波の荒い外洋と比べると瀬戸内は内湾で穏やかなため、細かい粒子の砂が波で運び去られることなく、細かい砂浜ができるのです。

2.美しい砂紋(さもん)

干潮時の波によって粒子の細かい砂が動き、浅瀬に波跡ができる砂紋はまさに自然が創り出す芸術。幅約1㎞、奥行き400mもの干潟に形づくる砂紋は必見!

<同じ模様はない自然の造形美とはこれ!>

3.夕景にただ見とれる!

父母ヶ浜から見る燧灘に沈む夕陽にただただ魅入る人が続出。特に干潮時刻と日没が重なる風のない日には、潮だまりの水面に夕陽や人の姿が鏡のように映し出され、、まるでボリビアにあるウユニ塩湖のような写真が撮れます。

4.砂団子も!実は生き物いっぱい!

砂に同化した体色、小さなからだをサササーッと移動させ巣穴に隠れてしまうスナガニ。巣穴を作る時に掘り出した砂がまるで団子のように丸いのが特徴。少し砂泥地に行くと、ウミニナやアラムシロ、ヤドカリなど干潟の生き物が見られます。

<まだ渇いていない砂団子>

<アラムシロなど巻き貝が通った跡はまるで幾何学模様>

同じ海でも季節によって何となく違う様子をみせてくれます。

下の写真は夏の干潮時の日中。

夏の強い日差しが照り返し、海も白い砂浜もまぶしい!

堤防の上からでも魚の姿がバッチリ確認できるほど海水透明度は高いです。

中州にはウミネコが。

秋は空気も澄んできて、他の季節よりも夕陽がより映えるように感じます。

父母ヶ浜は、地元の方の清掃活動によってキレイに保たれているので、赤く照らされた砂浜の中を裸足でゆっくりと歩いてみてもいいですね。

父母ヶ浜に関するHP「三豊市観光交流局」

ページ先頭へ↑

2017年10月12日美保関青石畳みライトアップ、さんべ祭出展のお知らせ

大山隠岐国立公園 大山淳子

みなさん、美保関へお越しになったことはございますでしょうか?

美保関は、島根県松江市の北東部分、島根半島の東端に位置します。

山陰最古の美保関灯台があり、

世界の歴史的灯台100選にも選ばれており、

海の日には、特別に灯台の中に入ることが出来ます。

五本松公園から灯台のある地蔵崎まで続く遊歩道ではトレッキングも楽しめ、

5月にはツツジが咲き誇ります。


7月から8月には、風情のある漁り火を見ることが出来ます。

 

                      灯台にある美保関ビュッフェも期間限定のバーになります。

いま現在は、金・土・祝前日の日没から9時頃まで青石畳み通りのライトアップが開催中です。

ライトアップと合わせて、さまざまなイベントも企画されています。

去る10/6には、観月祭と題されまして、美保神社拝殿にて、雅楽と神楽が奉納されました。

美保神社拝殿

  雅楽の様子                    神楽の様子

昼の雨の影響で、青石畳み通りのライトアップは中止になりましたが、

観月祭が行われた美保神社は、灯籠で飾り付けられ、厳かな雰囲気を身にまとい、

来訪されたみなさまは、とても楽しまれたご様子でした。

11/25まで、青石畳み通りのライトアップは続きます。

是非お昼間は五本松公園や灯台周辺の散策、

夜は青石畳み通りで美保関を堪能といったコースはいかがでしょうか?

また、来る10/14.15、

三瓶青少年交流の家で開催の「さんべ祭」に、大山隠岐国立公園松江管理官事務所が出展します。

大山隠岐国立公園を紹介したパネルや写真、

三瓶のいきものの絵を描くストラップ作りなど用意しておりますので、是非お立ち寄りください。

ページ先頭へ↑

2017年10月03日ビーチクリーンフェスのご報告

大山隠岐国立公園 柳川 にいな

黄金色に実った稲穂が刈られ、山も少しずつ赤みを帯びている様子をみると

もうすっかり秋だなぁと思うこの頃です。

まだ所々暑さが残り寒暖の差に悩まされますが、風邪などひかれぬよう、みなさんも気をつけて下さいね。

さてそんな秋めいてきた隠岐ですが

先月初めに参加して来た、ビーチクリーン活動の様子を、遅ればせながらご報告しようと思います!

大山隠岐国立公園だけでなく、ユネスコ世界ジオパークにも認定されている隠岐では

認定月である9月に「ジオの日町内クリーン作戦」と称して、自然環境保全を目的とした一斉清掃を行っています。

下の写真は国立公園内でもある塩の浜海水浴場で、海岸清掃や漂着ゴミについのワークショップ、

シーカヤック体験などを行っている様子です。

    

   

イベント最初に海岸漂着物についてお話を聞きます。

日本国内や海外など様々な場所からゴミが流れてきますが、

なかには注射器や薬品など、危険なものも落ちているので

十分な注意が必要です。

多くの方にご参加頂いたおかげで、

こんなにゴミが集まりました。

右の写真はシーカヤックの様子です→

清掃後のシーカヤックは

   また一段と楽しいですね!

子どもから大人まで幅広い層に参加頂き、海岸漂着ゴミについて考える機会となりました。

漂着するゴミは海外だけでなく日本から来るものも多いので、レジ袋を貰わないなど自分で出来ることから

対策していきたいですね。

      所変わって、海士町の風呂屋海岸です。

      こちらでも同日、

      地域の団体が主導してクリーン活動を行いました。

  地元の高校生や大人達も集まって、ゴミを拾い集めます。

  

  拾ったゴミがなぜここに来たのか、もとはどのように使われていたのか、

  ストーリーを考えてみんなに発表するワークショップも行われました。

近年増え続けている海洋ゴミ、その数は近い将来にも地球上の生物数を超えると言われています。

夏が終わり、海に行く機会が減った方も多いかもしれませんが

海岸に流れ着く海洋ゴミ、そして社会が抱えるこの問題は知らぬ間に増え続けています。

まずはゴミに対する意識を変えることが始めの第一歩かもしれませんね。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ