ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年03月16日✿足摺ヤブツバキ保全シリーズ⑦ 春よ来い♪

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

春は足下からやってくる土佐清水からこんにちは!

今日は久々のヤブツバキシリーズ、近況報告を兼ねて、

事務所の周りで感じられる「春」をお届けします。

春といえばうららかな陽気に鳥がさえずり、

あちこちで花が開いて、香りが漂うすてきな季節。

事務所の前では、こんな花が彩りを添えてくれています。

【ホトケノザ】

由来は、葉っぱの形が仏様(仏像)を置く台座に似ていることから。

実は、春の七草の「ホトケノザ」はこれではなくて、

「タビラコ」という黄色い花のつく草だそうです。

そのタビラコの仲間もいました!

【オニタビラコ】

小さなタンポポが先に集まったような黄色い花が咲きます。

そのうち綿毛がつくのがオニタビラコ、

七草のタビラコには綿毛がつきません。

 

【セイヨウタンポポ】

外来種のセイヨウタンポポの見分け方は総苞(花の付け根の部分)。

反り返るのがセイヨウタンポポです。

何度も草引きしたの蘇る、不死身の雑草です。

【ムラサキカタバミ】

クローバー(シロツメクサ)にそっくりの葉っぱを持つカタバミ。

花は全く違う形ですが、葉っぱだけ見ると、

やった~4つ葉のクローバー・・・と思いきやカタバミだった!

なんてこともあるかもしれませんね。

駐車場に植樹されているこの植物も!

【シデコブシ】

2月中旬からネコヤナギのように毛が生えた芽が膨らみ、

中から白や薄ピンクの花が現れ始めました。

お次は気になるツバキたち。

春の息吹を感じてか、徐々に芽吹き始めています!

  

トベラ(発芽率80%超えの健康優良児!)      ハマヒサカキ(小さいですがちらほらと)

  

シャリンバイ(春を一番感じているようです)    ツバキ(こちらも春になるにつれ芽が出てきました)

そして一番遅れて仲間入りしたマサキも・・

出ましたーーーー!!(1本だけですが)

12/20に種を播いて以降、うんともすんとも言わなかったのですが、

これで勢揃いした足摺の植物たち。

一時はもうダメなんじゃないかと危ぶまれましたが、「春」は偉大ですね~。

来年度は、地元小学校や中学校も参戦する

「ヤブツバキ再生プロジェクト」!

逐一ご報告していきますので、お楽しみに~!

ページ先頭へ↑

2017年03月14日【イベント報告】大岐にオオキンマンがやってくる!?

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

いよいよ春到来を感じている土佐清水からこんにちは!

さて、今回は2月末に行われた、

大岐の浜のゴミ拾いをしながらゴミアートを作るイベント、

「大岐にオオキンマンがやってくる!?」の様子をお届けします。

講師は黒潮町にあるNPO砂浜美術館の松下卓也さんと、大迫綾美さんです!

当日はゴミ拾い日和の晴れ!

最初に、海から流れてくるもの(=漂着物)について考えてみました。

漂着物は大きく分けて2種類。

ひとつは植物のタネや生き物のかけらなど、自然に帰るもの。

 

         ごばんのあし           はりせんぼん

もうひとつは、人が出してしまった「ゴミ」。

ライターやビニール袋など、自然に還らないものです。

こういったゴミを、生き物が間違えてたべてしまうと命を落とすこともあるので、

海の生き物のためにも、気持ちよく海で遊ぶためにも、

ゴミを出さないこと、見つけたら拾うことが大事です。

お話を聞いて俄然やる気が出て、待ちきれない様子の参加者。

「早くゴミ拾いしよう!」という声が上がり、満を持してゴミ拾いスタート!

 

宝物のように、ゴミを抱きかかえていたり・・・    ただひたすら走り回ったり・・・

 

1時間ちかく拾い続けて、大量の漂着ゴミをゲットしました。

このうちゴミアートに使いたいものだけを厳選して、後はゴミとしてまとめます。

パーツの汚れを落としたら、いよいよゴミアート「オオキンマン」づくり!

 

親子で、独力で、思い思いのオオキンマンを作り上げ・・

名前をつけて完成!

全部で16作品もできあがりました。

それぞれについて発表してもらいましたが、

名前や設定に子供らしい自由さがあって笑わせてもらいました。

(ちなみに一つ残らずおうちに持ち帰られました)

ゴミが気になっていた、という人もいる中での今回のイベント。

みんなで目的を持ってゴミ拾いをするのがこんなに楽しいと思わなかったという声や、

浜の掃除も兼ねつつ、ゴミを使って遊べるのがいい、という声をいただきました。

楽しくゴミ拾いをすることで、

幅広い年齢層に参加してもらいやすく、

また、今後継続しやすいイベントになりそうな手応えを感じました。

これからも、楽しく自然にふれ、

自然について考える時間をもてるようなイベントを行っていきますので、

お近くにお住まいの方はアンテナを張っていてくださいね~!

ページ先頭へ↑

2017年03月08日【イベント報告】野鳥観察&自然散策

大山隠岐国立公園 湯澤孝介

花粉症アクティブ・レンジャーの湯澤です。こんにちは。

2月25日(土)、隠岐の島町(島後)西田の西郷湾周辺で行った野鳥観察&自然散策イベントについてご紹介します。

会場はこちら

開催場所

あいにく朝は雨まじりのどんよりとした天気...

これは中止かな、なんて思っていると

雲の切れ目からどんどん光が差し込みはじめ

はじまり

見事に晴れました!

さあさあいざ野鳥観察。

深谷さん

講師は自然公園指導員の深谷さんです。

野鳥の生態や豆知識など、幅広く解説していただきました。

さて、

会場である西田地区は、西郷湾の西端にあり内湾の中でもおだやかな場所となっています。

このあたりです。

よく見られる渡り鳥では、

キンクロハジロ スズガモ

キンクロハジロ         スズガモ

ホシハジロ カンムリカイツブリ

ホシハジロ(手前はカルガモ)  カンムリカイツブリ

などなど

スコープや双眼鏡を使いながら、観察しやすい水鳥や、周辺に飛んできた野鳥を見つけては、

思い思いに鳥にまつわる話が飛び交っていました。

参加された方々が普段見ている鳥の話をしたり聞いたり、自然と情報の交換が始まっています。

観察中

しばらくすると、

カワセミ!

の一声に全員がどこだどこだと一斉にポージング。

カワセミ

残念ながら写真は撮れませんでした。

湾から少し歩き、田の中を歩いていると、

参加していた小学生から

カエルの卵!

発見 卵塊

どうやらこれはアカガエルの仲間の卵塊のようです。

1~3月頃、草地や森の中から水田などの湿地へ移動し、

水中に卵を産み付け、そこから休眠(春眠)に入ります。

これもまた季節を感じさせますね~。

海岸沿いに帰ってきまして、

パズル1 2

カモパズルで観た鳥を振り返ってみたり。

ゆっくり進行した野鳥観察&自然散策でしたが、

その間観察できた鳥はなんと30種類以上!

これを機に、野鳥に興味を持っていただければ企画者冥利につきます。

参加されたみなさま、お疲れ様でした!

次回は3月25日です!

開催チラシ.pdf

ページ先頭へ↑

2017年03月06日さようならコハクチョウ/米子水鳥公園自然観察会

大山隠岐国立公園 伊藤信広

ご訪問ありがとうございます。

 

2017年3月4日に鳥取県米子水鳥公園主催のさようならコハクチョウ自然観察会に参加しました。毎年楽しみな観察会です!

春が近くなると米子水鳥公園をねぐらにしている、コハクチョウたちがこれから約1カ月間で片道約5,000キロ離れた、ロシアの北極海沿岸の繁殖地に北帰行します。北帰行のルートは、米子水鳥公園から日本海を越えて、ロシアのウラジオストクからウスリー川を北上しハバロフスクからさらにアムール川を北上してボゴロドスコエー、さらにオホーツク海を越えて、北極海沿岸の繁殖地に到着すると言われています。

米子水鳥公園の建物。

この建物の中から水鳥公園の野鳥を観察できます。

 

米子水鳥公園から美しい大山の姿を望めます。

 

米子水鳥公園建物内の様子。

 

米子水鳥公園のある中海は国指定鳥獣保護区として保護され、2005年には国際的に重要な湿地としてラムサール条約に登録されています。そして野鳥にとって大切なねぐらです。

私が子どもの頃(1960年代)は、毎晩のように食卓に中海でとれた赤貝(サルボウガイ)の醤油煮付けが登場していました。さすがに食卓に頻繁に赤貝がでると、またかやと、親の心を知らずに感じていました。また時を同じくして中海ではハゼ(米子ではゴズと呼びます)が沢山泳いでいて、小学校では全校をあげてゴズ釣り大会が開催されていました。また時々、子ども時代にゴズ釣りに行っては晩ご飯のおかずとして家に持って帰っていました。

 

仲良く就寝中のつがいのコハクチョウ。

 

コハクチョウは幼鳥のときは、全体が灰白色で成長になると白鳥らしく真っ白になり、「くちばし」の白い部分も消えて、黄色くなります。写真で首が灰白色のが幼鳥です。

 

写真ではわかりませんが、一番上のコハクチョウが首をたてに振り始めました。

この合図は、飛び立ちの準備を家族や仲間たちに知らせるものだそうです。

 

風の様子をうかがいながら風下に向かうコハクチョウたち。

この後、風上に向かって飛び立ちます。

 

風下から風上に向かい助走し飛び立つコハクチョウの様子です。
コハクチョウの体重は5kg~8kgと重いですが飛び立つ瞬間はジェット機のように感動的です!

 

飛び立つコハクチョウたち。

コハクチョウの体長は120cm、翼を広げると190cmにもなると言われています。

 

大きな翼を使い北へ向かうコハクチョウたち

次の冬に再びここ水鳥公園に戻ってきます。

 

観察桟橋からコハクチョウを見送る人たち。(早朝)

 

観察桟橋からコハクチョウを見送ろうと県内外から人が集まってきます。

そして時間が経つにつれて少しづつ人が多くなってきます。

私自身も、ここ6年間くらいコハクチョウを見送っていますが毎年飛び立つ姿を見ては感動が走ります。

無事、コハクチョウが繁殖地への旅をできることを願っています。

 

コハクチョウは、ロシアの北極海沿岸で繁殖したあとに、10月頃にえさを求めて日本に飛来します。北は北海道から飛来地がありますが、南限は米子水鳥公園のすぐ隣にある島根県と言われています。

毎年この時期、春の訪れとともに別れがあり、そして別れがあるからこそ新しい出会いもあると感じています。

 

シベリアのツンドラ地帯で育った幼鳥が、ここ米子水鳥公園に訪れることを楽しみにしています。

最後までご覧くださり大変ありがとうございました。

 

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ