ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年05月10日✿足摺ヤブツバキ保全シリーズ⑧ 足摺岬オリエンテーリング

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

こんにちは!

5月2日のGWまっただ中、観光客賑わう足摺岬で、

足摺ヤブツバキ保全プロジェクトの新たな動きが始まりました。

新たな動きとは・・・

今年度からツバキ保全の「担い手」として、強力な助っ人が登場!

足摺に縁のある子どもたちが通う2つの小学校、

足摺岬小学校と中浜小学校のみなさんです!

 

この2校の児童計32名には、

1年間を通してこの保全プロジェクトについて知ってもらい、

実際にツバキの苗を育てたり、メダケの伐採をしてもらう予定です。

第1回は足摺岬が舞台。

遠足もかねてやってきた2校には、あるゲームに参加してもらいました。

その名も「足摺岬オリエンテーリング」!

競技オリエンテーリングを簡略したルールで、

5~6人1チームで、10のチェックポイントを探しながら足摺岬を回ってもらい、

チェックポイントで「クイズ」や「試練」をクリアするごとにポイントが加算され、

最後に得点の高かったチームの優勝です。

この「クイズ」の中には、

国立公園についてや、足摺岬にヤブツバキが多い理由、

メダケや他の植物についても知ってもらう要素が入っています。

   (ツバキの芽を当てる「クイズ」)

もちろん、せっかくの遠足なので、遊び要素も忘れていません。

「試練」として、

マッチ棒パズルならぬメダケ節パズルや、ツバキの葉をつかった草笛、

足摺に縁の深い「メダケ・ツバキ・サバ・テング」のワードを使ったダジャレづくりなどなど、

楽しんで足摺一周をしてもらえるよう工夫しました。

今回は、ゲームで楽しく学習、チームプレーという要素の他にも、

たくさんの副産物がありました。たとえば・・・

自然と下級生の手をひく上級生の「お姉ちゃん」「お兄ちゃん」らしい姿や、

中浜と足摺の新1年生があいさつをする姿など、

学校内、外の交流が深まる1日になっていたように思います。

今回は、「足摺岬の自然」について知ってもらう導入でした。

次は高学年でメダケの伐採&タケノコ試食を行います。

これからも、小学生たちの活躍や、地道な育苗奮闘記など

「足摺ヤブツバキ保全シリーズ」の動きを伝えて行きますので、

お楽しみに♪

ページ先頭へ↑

2017年05月02日【お知らせ】高崎山自然観察会について

大山隠岐国立公園 湯澤孝介

先週末、山陰は気温が高かったようですね。

聞くと30℃近くまでなっていたとか。

ちなみに隠岐は20℃前後と過ごしやすく、良い休日をおくれました。

(風と日差しは強めでしたが(汁))

さて、今回はGW明けに開催されるイベントについてご案内します。

大山隠岐国立公園に指定されている高崎山で、季節の自然を楽しみにいきましょう!

お問い合わせ先:西ノ島町立中央公民館(08514-6-0171)

高崎山 ホタルカズラ

       頂上付近の展望                 ホタルカズラ

ページ先頭へ↑

2017年05月01日鏡ヶ成も山開きで春を迎えました!

大山隠岐国立公園 森安 唯

はじめまして!

4月より大山隠岐国立公園の魅力を伝えるべく活動しています森安です。

今回は、先日428日に大山隠岐国立公園の鏡ヶ成高原で、

登山シーズンの到来を告げる山開きが行われましたので

その様子をお届けます。

鏡ヶ成はブナやミズナラに囲まれた自然豊かな高原。

トレッキングやキャンプ、自然観察が楽しめ、休暇村もあります。

 

今回休暇村主催で行われた山開きには約40名の方が参加され、

薄紫色の花を咲かせるカタクリが見られる擬宝珠山へみんなで向かいます。

ガイドさんの説明を聞きながら、ゆっくり山を登っていきます。

 

現地調査で登った2週間前には、こんなに雪があった頂上付近も、

 

今はカタクリの花が咲き、日々色が変わっていく山々を眺めることができます。

山から下りると休暇村さんが、参加者皆さんに、

団子汁と塩むすびをご用意くださいました。

具だくさんで団子はもちもちです。

 

私たちは、山開きとカタクリの花の開花に備え、

事前にカタクリの花を守るロープ張りを行っています。

ゴールデンウィークに、カタクリの開花はピークを迎えます。

ぜひ鏡ヶ成高原へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2017年05月01日GWは篠山へ花見に行ってみませんか❀

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

GWに合わせるかのように前週に雨が降り続き、

今はすっかり五月晴れの土佐清水からこんにちは!

今日は、GWのお出かけにぴったりのスポット、

「篠山(ささやま)」を紹介します。

愛媛県愛南町と宇和島市、高知県宿毛市の県境に位置する篠山は、

九州以外ではここでしか見られない「ツクシアケボノツツジ」が有名です。

ここ最近は早めの開花で、GW前には散ってしまっていましたが、

今年の見ごろはドンピシャリ!

場所はこちら!

愛南町、宿毛市からの車のアクセスが可能です。

駐車場からは40分~1時間弱のハイキングですが、

愛媛県の「えひめ森林浴88ヶ所」にも選定されている場所ですので、

ゆっくり上って、さわやかな森の中を楽しめますよ。

さてさて気になる山頂の様子は・・

 

4月30日現在のようす。

今年は花芽がすこし少なめのようですが、

一部満開の木もあり、きれいなピンクが広がっておりました。

アケボノツツジのほかにも、山頂付近の見どころはたくさん!

1500年ほど前に建立された「篠山神社」には、

人力で運ばれ積み上げられた石段や、

年月による風化でその古さを物語る狛犬などがあります。

山頂には、お弁当を広げて休憩するには最適なスペースがあり、

その横にひっそりと「矢筈の池(やはずのいけ)」があります。

よく見てみると、オタマジャクシがたくさん泳いでいて、

梅雨以降にはケロケロという鳴き声が響き始めます。

蕾のたくさんついた木は、これから満開を迎えますので、

今のところ、GW中は楽しめると思います。

ここで、耳寄り情報をひとつ!

篠山の基本的な情報やアクセス方法、

そして花の最新情報が篠山観光開発協議会のHPで見られますので、

ぜひ、チェックしてみてください~♪

5月になって、暖かくなってきてはいますが、

山の天気は変わりやすくいものです。

最低限の装備は携行して、ケガや病気をしないよう

お休みを存分に楽しんでくださいね~!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ