ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2022年05月16日【動画】増えすぎたニホンジカ、何が問題なの?

瀬戸内海国立公園 松山 湯淺和美

現在、環境省四国事務所では、剣山山系と石鎚山系の国指定鳥獣保護区内にセンサーカメラを設置し、ニホンジカの生息状況調査をしています。

近年、増えすぎたニホンジカが草や木を食べ尽くしてしまうことが、各地で大きな問題となっています。それは山の上だけの問題と思っていませんか?

シカの増えすぎた山では、希少な草木がなくなり、林が消滅し、素晴らしい風景が様変わりしてしまいます。影響はそこで終わりではありません。地表が露わになり木々が立ち枯れた林間は、雨水を貯める力を失い、山肌が削られ、土石流を引き起こすなど、やがては私たちの生活を脅かす大きな災害へとつながります。

シカの食害による植生の急激な変化は、決して山や森だけの問題ではないことを広く知っていただくために、環境省公式YouTubeサイトでは、国指定剣山山系鳥獣保護区のニホンジカによる環境の変化と保全活動を伝えています。

ぜひご覧ください。https://www.youtube.com/watch?v=-bf42uFVwUY

動画では、剣山山系の現状をたくさんの写真で紹介しています。

次のAR日記では、石鎚山系のニホンジカ生息調査に同行した際の模様を春の山の姿とともにお伝えしたいと思います。

ページ先頭へ↑

2022年05月02日【五色台体験教室】雨でも楽しい!「春の自然観察会」

瀬戸内海国立公園 辻優子

アクティブ・レンジャー日記をご覧の皆様、こんにちは。

今回は、五色台ビジターセンターで行われた体験教室「春の自然を観察しよう!」の様子をお知らせします。

講師は五色台ビジターセンターに勤務するインタープリター曽根康男さん。

雨の中でも草むら観察

天気は雨。「雨の日、生きものたちはどうしているかな?晴れている日と同じ?」。雨の日ならではの視点から始まります。参加者の予想は「雨宿りをしているのでは」それを確かめるために草むらで生きものを捜しました。

虫眼鏡

虫眼鏡でのぞいているのは、コバノガマズミの花。

コバノガマズミの花

虫眼鏡で見たからこそ出会える美しさです。

カタツムリ

雨の日ならでは。カタツムリが出てきてくれました。みんなでカタツムリの歌を歌った後考えます。「ツノだせ。ヤリだせ。目玉出せ」の「ツノ、ヤリ、目玉ってどこのこと?」

オトシブミ

赤い丸の中、なにやら葉っぱを巻いたものが・・・

これはオトシブミという虫の一種が産卵時に巻いたもの。きっちりきれいに巻いたものの中には1個の卵が入っているそう。小さい虫なのにこんなにキレイに巻けるのってすごい!!

イタドリの笛

イタドリの笛を吹いたり、スミレの花でお相撲遊びをしたり、昔からの伝承遊びも楽しみました。

参加者の気づきを大切にした観察会。雨天の中、晴れの日にはできない楽しみ方も教えていただきました。

五色台ビジターセンターでは、1時間程度スタッフと楽しむツアー「森を歩こう」を予約制で行っています。自然に詳しく経験豊富なインタープリターがご案内します。子どもから高齢者まで対応できますので、お気軽にお問い合わせください。詳しくは、HPで。

https://goshikivc.jp/experience-class/(このページをスクロールさせると団体利用案内の下に詳しい案内があります。)

また、五色台ビジターセンターでは随時、企画展示を行っています。現在開催中なのは「香川の野鳥写真展」日本野鳥の会香川支部の会員が県内で撮影した野鳥の写真70点程度を展示しています。

それに合わせて、次回の体験教室は5月14日(土)「春のバードウォッチング」です。

申込方法など詳しくはビジターセンターのHPをご覧ください。

https://goshikivc.jp/experience-class/

ページ先頭へ↑

2022年03月09日【中国四国の国立公園展】三木町文化交流プラザで開催中

瀬戸内海国立公園 辻優子

アクティブ・レンジャー日記をご覧の皆様、こんにちは。

「中国四国の国立公園展―アクティブ・レンジャーが伝える自然と活動―」を香川県三木町で開催中です。

ポスター

展示している写真の中からいくつか紹介します。

まずは、瀬戸内海国立公園から「島の営み」

男木島

高松市の男木島では、港を中心とした集落が斜面に石垣を築いて階段状に建てられています。これは、平地が少ないという瀬戸内海の島の特性から作られた風景です。

同じく瀬戸内海国立公園から「浦島太郎の亀?」

亀?

この大きな岩、亀に見えませんか?私にはこちらに向かってきているように見えるのですが、人によると向かって左の方向に進んでいるようにも見えるようです。あなたは、どちらですか?

この岩があるのは、香川県三豊市の庄内半島の丸山島。この島には干潮時のみ歩いて渡ることができます。潮が満ちてくると自然にこの岩も海の中に入っていきます。ゆっくり眺めていると、庄内半島の浦島伝説に登場する亀のようにも思えてきます。

足摺宇和海国立公園から「うみのわ」

うみのわ

2020年3月にオープンした竜串ビジターセンターは、人と人、自然と人を繋ぐ拠点という意味を込め、「うみのわ」という愛称がつけられています。

大山隠岐国立公園から「絶滅危惧種・クロシジミ」

クロシジミ

クロシジミは絶滅危惧種に指定されており、島根県では隠岐でしか生息が確認されていないチョウです。派手さはありませんが非常に面白い生態を持っています。そんな希少なチョウの交尾をとらえた貴重な一枚です。

他にも、国立公園内を巡視するアクティブ・レンジャーならではの視点でとらえた29枚の写真のほか、中国四国の各国立公園の見どころマップなどを展示して皆様のご来場をお待ちしています。

会期は3月21日(祝・月)まで。場所は三木町文化交流プラザ2階。

開館時間中はいつでも無料でご覧いただけます。お気軽にどうぞ。

また、会期中、本会場1階のメタ・ライブラリーでは、国立公園についての特集コーナーを設置中です。国立公園に関する本や、国立公園を守るレンジャー(自然保護官)の仕事を紹介する本など多数展示されています。展示中の本の貸し出しもできますのでこちらもどうぞ。

ライブラリー

ページ先頭へ↑

2022年03月04日【鳴門】卒業記念に、自分で育てた苗木を植樹しました。

瀬戸内海国立公園 辻優子

アクティブ・レンジャー日記をご覧の皆様、こんにちは

今回は、徳島県鳴門公園内で行われた植樹イベントについてお知らせします。

植樹される苗木は、ここに集まった小学校6年生が、3年前に鳴門公園内で拾ったどんぐりを植えて大切に育ててきたものです。木の名前はウバメガシ。乾燥に強いこの常緑樹は瀬戸内海の海岸沿いで数多く見ることができます。

最初のあいさつ

まずは、ご挨拶。子どもたちが持っている袋には、自分で育てた苗木が入っています。

植樹場所

植樹する場所は老朽施設の撤去跡地。奥に見えるのは先輩たちが植樹したウバメガシです。手前の穴は、本行事の主催者である一般財団法人 自然公園財団鳴門支部のみなさんが掘ってくれたものです。この穴に植樹していきます。

鉢から出す

大きく育った苗木は植木鉢の下の穴からも根をのばし、なかなか鉢から出てきません。

植える子ども

やっと出た苗を穴にいれ、肥料入りの土や、もともと穴に入っていた土で穴を埋めます。

水やり

水をたっぷりとやって植樹は終了です。

その後、徳島県植物誌研究会の木下覺(さとる)先生から植物のお話し、自然観察指導員の市原眞一先生から生きもののお話しなどお聞きして行事は終わりました。

子どもの挨拶

最後に、子どもたちの代表者からの挨拶がありました。その中で印象に残ったのは「どんぐりに負けないように自分たちも生長していきたい」という力強い言葉でした。

どうぞ、子どもたちも苗木も大きく育ちますように。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ