ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年02月27日【報告】ツバキおひっこし大作戦!後編

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

<この記事はツバキおひっこし大作戦!前編の続きです>

午後1時集合の「ツバキおひっこし大作戦!」。

ジョン万次郎像の付近には続々と人が集まり・・・

関係者も合わせて約60名が大集合!壮観です。

 

ツバキ再生プロジェクトの核とも言える足摺岬の自然を守る会の遠近会長の挨拶や、

高知県森林技術センターの黒岩さんから、植え戻す苗のお話もききました。

お二人とも声をそろえて言っていたのは

「丁寧に、心を込めて、『元気に育ってね』と声をかけること」。

作業前に、しっかり今日の心得を確認したら、早速4班に分かれて植え戻し。

各班でリーダーが植え戻し方や注意事項を教えてくれました。

3人の高校性も、指導側に回ってくれました。

 

無事、1時間程度で予定地全てに植え戻しが完了!

(イベント前、マルチング前)

       ↓     ↓

(イベント前、マルチング後)

       ↓     ↓

(イベント後、おひっこし後)

2年半かけて種から育った苗たちも、

ようやく腰を落ち着けられたように見えて、感慨もひとしおです。

(写真:市民提供)

これまで関わってくれた全員とはいきませんが、

それでも多くの方が一緒に汗を流してくれました。

この3年ほどで広がった保全の輪、ここに集結です!

作業後は、憩いのひとときも兼ねて「ツバキミーティング」。

これまで関わってくださった皆さんで集い、振り返り、語らう場です。

まずは、小学生・高校生が地域学習の中で、足摺岬で学んだことを発表してもらいました。

 

高校生は、今回のイベントを企画するまでの経緯を紹介。

何気ないきっかけで選んだ「ツバキ」というテーマを、

現場に足を運びながら、少しずつ探求していく様子が伝わってきました。

市内在住のOBの方からも、発表後に激励を頂いていました。

 

足摺岬小学校3・4年生は足摺で道路標識や水道栓に使われるツバキを取り上げ、

いかにツバキが身近なものかを、小学生らしい目線で伝えてくれました。

そのあとの足摺岬七不思議についての調べ学習では、200年前の伊能忠敬の時代まで遡り

大人顔負けの研究ぶりを披露し、初めて知ることばかりで興味深い発表でした。

5・6年生は、足摺岬小学校が取り組んでいるツバキ学習の1年間の流れを、写真と共に紹介。

メダケの竹の子採りから試食、種をとって割って蒔いて、育てていく過程を

一人一人が、それぞれの言葉で発表してくれました。

そのあとは、山下レンジャーのツバキ再生プロジェクトの「これまでとこれから」。

足摺岬の自然を45年もの間下支えし続けてくれた足摺岬の自然を守る会の話や、

1年目30名にも満たなかった再生プロジェクトメンバーが、

3年間関わってくれた人の総計約700名と、大きく成長したことなど、

いかに「人」が大切なプロジェクトであるかが伝わりました。

そしてもちろん、これからも。

イベント開会式で遠近会長からも言われたように、

植え戻した苗はこれから10年20年と見守り続けなければなりません。

45年続いた会から出る言葉だからこそ、重みを感じる長さです。

 

しかし、これまで関わってくれた人たちが勢揃いした今回、

協力してくれる人の多さには、大いに力づけられる思いでした。

山下レンジャーも、閉会の言葉をくださった市観光商工課の和泉課長補佐も、

これからもプロジェクトが長い息を保てるよう、

楽しく、有意義な活動にしていく意気込みで締めくくっていました。

(写真:市民提供)
今回ようやく種とりから植え戻しまで一巡したツバキ再生プロジェクト。

ひとまず、これまでご協力、ご支援頂いたみなさまありがとうございました。

目標の4万本植え戻しには、現在折り返し地点と言ったところ。

どうぞ、これからよろしくお願いします!

ページ先頭へ↑

2019年02月26日✿ツバキおひっこし大作戦!前編

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

三寒四温、雨と晴れが順繰りにやってきて、

すっかり春めいてきた土佐清水市からこんにちは。

当ブログでも、【✿足摺ヤブツバキ保全シリーズ】として

2016年10月からこれまで、計17回お伝えしてきた

「足摺岬ヤブツバキ再生プロジェクト」。

振り返ればはや2年半も経過していましたが、

このほど第一号の苗が、足摺岬に植え戻されました!

今回は、その記念イベントにいたる経緯から

当日の様子までを2回に分けてお伝えします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずは、今回のイベントの立役者を紹介しましょう。

足摺宇和海国立公園の公式Facebookページではすでに登場している

土佐清水市唯一の高校・清水高校の1年生3人。

総合学習「土佐清水のために自分たちでできること」の中で、

ツバキをテーマに取り上げてくれた彼ら。

昨秋から活動にも参加し、苗の鉢上げにも休日返上でやってきて、

現場に若いエネルギーを振りまいてくれました。

そして昨年末、当事務所にやってきて打ち合わせた結果、

総合学習のまとめとして、植え戻しイベントを一緒に企画してくれました。

・これまで関わってくれた人が参加できるイベント

・地元以外にもこのプロジェクトを知ってもらう

この二本柱で、誰に来てもらうか、どんな内容にするかを話しました。

この打合せで「ツバキおひっこし大作戦」というタイトルが決まり、

ハッシュタグも利用して、SNSでも発信することにしました。

(Facebook、Instagramで鋭意発信中!)

準備物や当日スケジュールなどを考えるかたわら、

高校性には主に、報道機関に取材依頼をしてもらい、

学校関係にイベント参加へのお願いにいってもらいました。

 

不慣れな電話を頑張った成果(!?)か、密着取材もしてもらえることになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

種採りや播種、育苗に関わってくれた皆さんに声かけし迎えた2月23日。

雨の合間の晴れ間で、絶好の植え戻し日和!

午前中に最終準備。

ツバキの苗畑から選りすぐりの苗を積み込みます。

 

その様子は引っ越し業者さながら。

おなじみのバケツリレーに、居並ぶ軽トラ荷台を占領する苗たち。

その行き先は、もちろん足摺岬です。

苗を植え戻すに当たって、重機で土をほぐしてもらっているので、

その上に藁をしいてマルチング。土の流出と乾燥を防ぎます。

 

植え戻しの後行うツバキミーティングの会場も設営し、イベント準備は万端です。

高校生たちも、ツバキミーティング発表にむけての練習に余念がありません。

いよいよ本番・・・ですが、

長くなりすぎるので、後編へ♪

ページ先頭へ↑

2019年02月18日【体験教室】 野鳥観察会

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

今年の冬は暖冬と言われながらも、やっぱり寒い日が続くとついつい家の中にこもりがちになってしまいますね。。。

そんな冬だからこそ、楽しめるのが野鳥観察会。「えー、寒いのに。。。」という声が聞こえてきそうですが、冬は夏に比べて木々が落葉して野鳥が見やすい環境なんです。しかも今の時期は冬に渡ってくる冬鳥が見られる季節。さぁ、五色台ではどんな野鳥が見られるのでしょうか。

今回の講師は、日本野鳥の会香川県支部・支部長の矢本さん。

その脇を固めるのは、ベテラン会員さん5人と手厚い布陣が勢揃い。

<矢本さんから今から見られるかもしれない野鳥を紹介>

観察に出かける前に道具の使い方レクチャー。

24名の参加者を6組に分けて、会員から双眼鏡の使い方や野鳥の見方などを教わります。

初めて野鳥観察会に参加する方も多く、みんな双眼鏡を覘いてキョロキョロしたり、野鳥の声に反応したりと待ちきれないようす。

さぁ、最初は見やすい視界の開けた広場へ。

さっそく空気を読んだ1羽がやってきました!

会員がセットしてくれたバズーカのような望遠鏡から覘いたり、自身の双眼鏡で見たり、あちこちから「かわいい~」と声が聞こえてきます。

<みんなの目の先にはシロハラ>

矢本さんが「目の周りに黄色いアイリングがあるのが特徴だよ」と教えてくれました。

望遠鏡を使うと、裸眼では見えない羽のもようや鳥の顔までしっかり見ることができますねぇ。

野鳥の声がすると、すぐに会員さんたちがセットしてくれるので、私たちは本当に見つけやすい!

みんなもだんだんと耳と目が慣れてきたのか、声が聞こえるとすぐにその方向に向いて探すようになってきました。

ただ、姿はなかなか見えず・・・。

木道を抜けて、次はキャンプ場へ。冬季は閉場しているので、私たちの貸し切りです。

すると、女の子が「あそこ、あそこー」と指をさして教えてくれました。

大人達は「なになに?」と何がいるのか分からず。

すると、子どもの指示に従ってよーく見ると、巣がありました!

ほんっと葉の隙間をぬうようにして見ないと見えないものが見えるなんて。。。

子どもの目の慣れの早さには驚かされます。

こちらは、私たちが見る準備が終わるのをじっと待ってくれていたメスのジョウビタキ。

チラチラとこちらを振り返っていました。

ジョウビタキのオスを図鑑で見ると、からだの色がメスより派手。

矢本さんからは、オスが派手な理由はおとりになって天敵から子育て中のメスと子どもを守るように、メスが地味色だと天敵から狙われにくい利点があるんだそう。なるほど~、オスが身を挺して家族を守っているんですねぇ。

会員さん曰く、キャンプ場にはトベラやモチノキなどの赤い実を付ける木がたくさんあり、その実を食べに野鳥がやってきやすい、また開けた場所なので探鳥会初めてさんでも見つけやすい絶好の場所なんだとか。

キャンプ場でひとしきりに観察した後は、クラフトハウスに戻る途中でも声の主を見つけては観察の繰り返し。

途中でバードコールを鳴らしてみましたが、姿は見せてくれず。

バードコール、実は「仲間がいる!わーい!」という楽しいテンションで野鳥がやってくるのではなく、縄張りの侵入者と勘違いしてやってくるんです。なんだが予想外にファンシーな様子ではない。。。なので、神経質になっている繁殖期にはバードコールを鳴らさないのがマナーだそう。

小雪がチラチラ舞った1時間半の観察でしたが、寒さも忘れて気付けばあっという間の時間。

クラフトハウスに戻ってきてからは、見つけられた野鳥をもう一度おさらい。

1週間前に下見した時は暖冬のせいか冬鳥が1羽も見られず心配していたそうですが、今日はシジュウカラ(写真)やカワラヒワ、ツグミ、ヒヨドリ、トビ、空を一気に駆け抜けたハヤブサなど合計24種も見つけることができました!

見分け方やもようの違い、マナー含め、いろいろと教えてもらいました。

野鳥の会さんからは、ビジターセンター周辺は殺虫剤の散布もないから鳥のエサである毛虫もたくさん、モグラもいるしエサは豊富。

環境も森や池、草地などいろいろ、しかもキャンプ場は初心者でも観察にピッタリとお墨つきをいただきました!

わたしはまだ見たことがないのですが、五色台を見回ってくれている会員さんによると、夕方になるとヤマシギもいるし、池にはカワセミがやってきているよと教えてくれました。

会員さん達からは、「こんなに環境がいい所なんだから、(日本野鳥の会)会報誌にも五色台の野鳥について掲載していこう!」という頼もしい声をいただきました!これから楽しみです!

探鳥会は各県支部毎で行われていますので、興味ある方は日本野鳥の会HPをご確認ください。

日本野鳥の会香川県支部

★おまけ

動いた後と冷えた体にうれしい温かいぜんざいを振る舞いました。

お餅はなんと金時みかん(小原紅早生)、金時にんじん、金時芋を練り込んだ坂出名物・讃岐金時!

このお餅は、1月に坂出市商店街で開催される「第4土曜デー」で販売していたそうです。

好きなテイストを選んで、みんなで美味しくいただきました★

ページ先頭へ↑

2019年02月14日【三崎小環境学習⑤】グラスボート&ジオ学習

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

Facebookページが出来て以降、もっぱらそちらでの投稿が増えてきた

土佐清水の谷吉です。(Facebookページが気になる方はこちら!)

2018年度も、一年間通してお伝えしてきた三崎小5年生の環境学習。

今回は、最後の現地学習を行い、竜串の海を海中と陸上から見てきました。

3時間目から5時間目まで、たっぷり時間を使った授業の様子をお届けします。

最初に集まったのは、講師の一人である竹葉さんのいる竜串観光汽船の受付所。

そこで、竹葉さんが40年関わってきた竜串湾のサンゴ保全活動について、

約30年前から撮り続けてきた貴重な写真と共に、話してもらいました。

その後早速グラスボートへ・・と思いきや、まさかの乗船前テストが!

実はかなり難しいこのテスト。

土佐清水の名産「めじか節」の原料である魚種など、地元なら知っていて欲しいことから

トビウオの最高飛距離、ジンベエザメの最長記録、フグ毒についてなどの計10問。

目標の60点以上に、子どもたちの顔が曇ります・・。

残念ながら合格点はとれませんでしたが、

それならば、現地で学ぶしかない!ということでグラスボートへ。

 

夏には近くでシュノーケリングもしましたが、冬の透明度はまたひと味違います!

テーブルサンゴや見残しのシコロサンゴに棲み着いている小魚たちがよく見えます。

さらに、今回はレギュラーメンバーのウツボやフエフキダイに加え、

ウミガメや大きなエビなどたくさんの珍客が見えました。

見残しの船着き場に着くと、ここで一旦竹葉さんと別れ、

土佐清水市ジオパーク推進室の専門員、佐藤さんと奇岩巡りの始まりです。

 

観光地としても有名な竜串・見残し。

あちこちに不思議な形の石や、名前のついた岩があります。

気持ちの良い天気の中、それを散策しながら眺めて回りつつ、

どうやって自分たちが立っている場所ができあがったかを教えてもらいました。

 

触ってなでて、時には舐めて。さながら、自然の中の美術館・博物館です。

外での昼食も久々の5年生。

いつもより美味しく感じるお弁当を食べたら、見残し展望台へ。

 
見事な景色に歓声を上げる子もいれば、急いでスケッチする子も。

それぞれが、じっくりと記憶に焼き付けていました。

再びグラスボートへ戻ると、竹葉さんが待っていてくれました。

ここで土佐湾に住むクジラのお話。

 

地元でもホエールウォッチングなどで親しまれるクジラは、

実は200年ほど前に作られた『よさこい節』にも登場します。

「おらんくの池」土佐湾にいる「潮ふく魚」は、どうして土佐湾を住処にするのか。

高知県にある山々から川を伝って流れる栄養が、海の生きものたちを育てる

その繋がりについて話を聞きながら、1年間の授業を思い出します。

最後に、佐藤さんと竜串海岸を歩きながら、もう一度足下を見てみました。

 

波の化石、巻き貝の化石、地震の化石。いろいろな記憶を閉じ込めている大地。

竜串や見残しの奇岩を作り上げる「砂岩」は、三崎の地域全体に広がっていて、

削られやすい砂岩だからこそ、平野がひろがり、田畑が作りやすいことを知りました。

大地の動きによって、山ができ、川がながれ、海に繋がり、そして平野が出来ること。

それらの自然が巡り巡っていて、そこに人が暮らしていることを学んで、

これまでの1年間の授業が繋がりました。

次は最後の授業。

もう一度地域の自然を見直し、自分たちに出来ることを考えてもらいます。

おまけ

5年生の紅一点が見つけたエビ。

完全に岩やサンゴと同化していますが、かなり大きいものが中央に写っています。

みなさん、見つけられましたか?

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ