ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

大山隠岐国立公園 隠岐

70件の記事があります。

2018年08月28日【ジオの日町内一斉クリーン作戦】9月8日(土)開催!

大山隠岐国立公園 山﨑多世子

黄金色に色づく稲穂、その周りを飛び回る赤とんぼの群れ・・・暑かった夏も終わりを迎え、いよいよ秋の気配を感じる頃となりました。

さて、9月8日(土)、隠岐の島町ではビーチクリーンのイベントが開催されます!

このイベントは隠岐の島町が主催し、大山隠岐国立公園に指定され、隠岐ユネスコ世界ジオパークに認定されている自然環境を保全するために、ユネスコ世界ジオパーク認定月である9月に「ジオの日町内クリーン作戦 ~隠岐ユネスコ世界ジオパーク認定記念~」と称して町内の清掃及びビーチクリーン活動を行うものです。

 

隠岐の素晴らしい自然をいつまでも残しておくために、たくさんの方のご参加をお待ちしております。

なお、会場ではシーカヤック体験等もできるそうです!

詳細やお問い合わせは下記をご確認ください。

ビーチクリーン作戦 チラシ.pdf

ページ先頭へ↑

2018年08月14日【イベント報告】 TORI×TOREKKING

大山隠岐国立公園 山﨑多世子

こんにちは!

最近シュノーケリングにはまっているアクティブレンジャーの山﨑です。

8月11日(土)に「TORI×TOREKKING」を開催しました!

【上空の様子】

当日は朝から曇り空が広がっていましたが、イベント中は雨にふられることなく無事に終えることができました。

今回は大満寺山系【自然回帰の森】のスギ二次林から天然林、ヤブツバキの森をゆっくり散策するコースです。野鳥のさえずりが林内にひびき、植物や昆虫、サンショウウオ観察も楽しめる場所です。

しかし、なかにはマムシやスズメバチ等気を付けなくてはいけない生きものもいますので、

看板の前で注意事項等お話してから散策スタートです!

駐車場近くの渓流には、隠岐の固有種「オキサンショウウオ」が生息しています。

水中にいたのは全て幼生。彼らは大人になると林内の落ち葉や倒木の下等で生活します。

歩くこと十数分、二次林のスギ林が見えてきました。

日中にはミンミンゼミやアブラゼミ、朝夕にはヒグラシの鳴き声がたくさん聞こえ、ヤマガラ・キビタキ・ウグイスのさえずり等も響いてきます。

さらに足を進めていくと、目の前に広がるのはスギの天然林!

ここは地区の方々が「天然林不伐条例」を策定した場所であり、樹齢300~400年の巨木が数多く生育しています。足元には希少な花々の姿も。

イベントにご参加頂きました皆様、ありがとうございました!

秋には、海や草むらの鳥たちや山のキノコにふれあうイベントの企画を予定しています。

また次回もよろしくお願いします!

ページ先頭へ↑

2018年08月06日【自然ふれあいイベント】「TORI×TREKKING」@山の日開催!参加申込受付中です!

大山隠岐国立公園 山﨑多世子

 環境省大山隠岐国立公園隠岐管理官事務所では、大山隠岐国立公園の隠岐島地域にて、野鳥観察とトレッキングのイベントを実施します!

 隠岐島地域は渡り鳥の中継地点となっており、これまでに約200種類の野鳥が確認されています。

 「山の日」に、大満寺山系の自然回帰の森で山の自然に親しみながら、様々な野鳥達を探しに行きませんか?

1.名称                         

隠岐島地域 第16回自然ふれあいイベント TORI×TREKKING

2.日時

平成30年8月11日(土)

 第1部 09時00分~12時00分(受付08:45~09:00)

 第2部 13時00分~16時00分(受付12:45~13:00)

  ※小雨決行・荒天時は中止(延期無し)

   中止の場合は原則として当日朝7:30までに判断し連絡します

3.場所

○開催場所 隠岐自然回帰の森(隠岐の島町布施)

○集合場所 中谷駐車場(隠岐の島町布施)※現地集合・現地解散

4.内容・スケジュール

○内容:野鳥観察、トレッキング

○イベントスケジュール

  第1部  

 08:45~ 受付開始

 09:00~ 趣旨説明・注意事項 

 09:15~ トレッキング・野鳥観察 開始(10:30休憩)

 11:45~ 観察終了・まとめ

 11:55~ アンケート記入

 12:00  解散

  ※各行程に要する時間は、第2部も同様

5.対象者・募集人数・参加費

一般(小学生以下は保護者の同伴が必要)

 15名(先着順) 参加費 50円(保険代)

6.服装・持ち物

○服装

 帽子、動きやすい服装(長袖長ズボン)、運動靴または軽登山靴(サンダル不可)、リュックサック

○持ち物

 飲み物、タオル、保険証のコピー、参加費、雨具、双眼鏡(任意)、カメラ(任意)

 ※カメラ等を持参される場合は自己責任で管理をお願いします。

7.申込方法(詳細は別添チラシ参照)

事前申込制

 8月8日(水)までに大山隠岐国立公園隠岐管理官事務所に電話、FAXまたは郵送(必着)でお申し込み下さい。申込受付は先着順とし、定員は各部15名となり次第終了とさせていただきますので、予めご了承ください。

8.主催・協力

主催:環境省 中国四国地方環境事務所 大山隠岐国立公園隠岐管理官事務所

協力:隠岐の島町図書館、隠岐ユネスコ世界ジオパーク推進協議会

9.添付資料

「TORI×TREKKING」参加募集チラシ[232KB].pdf

10.連絡先

〒685-0016島根県隠岐郡隠岐の島町城北町55

環境省中国四国地方環境事務所大山隠岐国立公園隠岐管理官事務所(担当:山﨑)

電話(08512)2-0149/FAX(08512)2-0150

皆様のご参加をお待ちしております!

ページ先頭へ↑

2018年05月21日浄土ヶ浦、いい景色です。

大山隠岐国立公園 隠岐 湯澤孝介

気温が上がってきました。

夏に向けてワクワクも盛り上がってきました。

シーカヤックも潜りも釣りもキャンプも、楽しみが止まらず震えてる湯澤です。こんにちは。

今回の記事は夏に向けておススメなビュースポットのご紹介です。

浄土

名勝 浄土ヶ浦

この浄土ヶ浦、大小数百の岩礁が散在する多彩な海岸景観、多岐にわたる特異な地質など、景色のみならず、その性質にも魅力が詰め込まれた場所なのです。

そして、この場所に、環境省としては隠岐島地域初となる展望施設が、先般完成しました。

式典も無事行われ、布施、浄土ヶ浦の利用が促進されることに期待しています。

式典  施設

      オープニングセレモニー            展望デッキ(スロープ)

浄土ヶ浦の情報をちょこっとだけ紹介。

たとえば、ビュースポットに立つと、約3,000万年前~2,000万年前に堆積した湖成層や溶岩、火山性の礫岩などを見ることができます。これは日本が大陸から分裂し始め、日本海が湖だったころのもので、周辺ではグリーンタフ(緑色凝灰岩)も観察できます。隠岐では、マチカネワニの化石がグリーンタフから見つかっています。これは、マチカネワニが生息していた場所(湖)に、火山灰が堆積したことが考えられます。

※隠岐で発見されたマチカネワニの化石は、浄土ヶ浦ではありません。


マチカネワニについて(大阪大学総合学術博物館HP)

https://www.museum.osaka-u.ac.jp/jp/exhibition/3F/wani.html

まだまだありますが、

陸側から見られる海蝕崖や波食棚の風景、それに隠れている地質のストーリーは、必見です。

さらにさらに、海域公園地区にも指定されている浄土ヶ浦の海エリアで、シーカヤックのツアーが検討されています。まだ試験段階ではありますが、海側から見る浄土ヶ浦はまた格別ですよー!

浄土うみ

ページ先頭へ↑

2018年05月11日今年度から新体制! 【隠岐管理官事務所】

大山隠岐国立公園 隠岐 山﨑多世子

初めまして!

隠岐管理官事務所の山﨑です。前任の柳川さんに変わり4月にアクティブ・レンジャーとして着任いたしました。

またレンジャーも柳田Rに変わり、当事務所は新体制となりました!

バタバタと慌ただしい日々が続いたなか、久しぶりの投稿です。

さて、ゴールデンウィークを皮切りに隠岐では本格的な観光シーズンに突入しました!

隠岐諸島には日本海の荒波がつくりだした雄大な侵食海岸地形、

【国賀海岸(西ノ島町)】

北方系・南方系・大陸性・高山性の植物が混在する不思議な植生、

【隠岐固有種・オキシャクナゲ】

そこに住み続ける人々が生み出した伝統行事や祭り・・・等々、知れば知るほど魅力がたくさん!

そして、隠岐管理官事務所では、今年も隠岐の自然とふれ合える様々なイベントを企画する予定です!

自然情報と併せて日記に更新していきたいと考えておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

また個人的には、私の趣味がバードウォッチングですので、

隠岐の野鳥も時々紹介できればと思います!

【ミサゴ】

隠岐諸島の離れ岩等で毎年繁殖をしています。

タカの仲間ではめずらしく、魚が主食。

空中から水中にダイブして狩りをするシーンは中々見ものです!

ページ先頭へ↑

2018年03月27日いろんな春。

大山隠岐国立公園 湯澤孝介

だいぶご無沙汰してしまいました。花粉症絶頂の湯澤です。

日本海の冬を乗り切り、暖かな日差しに心弾むはず..だったんですが、

いかんせん花粉症がすごい!!症状のない方が羨ましいです..

春分を迎え、全国で春らしいニュースが出始めていますが、みなさんの周りではどのような春の訪れがありましたでしょうか。

さて、今回の投稿は、自然情報ではなく人事的なご報告を...

今年度限りで、水落レンジャーと、柳川アクティブ・レンジャーが隠岐を離れることになりました!!(泣)

寂しさもありますが、それぞれの道で、隠岐のこと、大山隠岐国立公園のことを発信していただき、また各地での情報を交換し合えるなら、それはとても素敵なことだと思います。

現体制3人中2人が入れ替わることとなり、ドタバタと寂しさと新たなステージへの期待や緊張が入り交じる春となりましたが、今後も引き続き、国立公園の保護と利用を推進し、日本の方も海外の方も楽しめる自然公園を目指していきます!

4月以降も変わらずお付き合いください~!

2017年度メンバー

2017okiメンバー

(写真左から:水落レンジャー、湯澤アクティブ・レンジャー、柳川アクティブ・レンジャー)

ページ先頭へ↑

2018年01月17日【お知らせ】外国人写真展 島前会場が始まりました!

大山隠岐国立公園 隠岐 湯澤孝介

2018年1発目です。

皆様、今年もよろしくお願いいたします。

飛行機(編集)

この写真は、飛行機で羽田に着陸する少し前に撮影したものです。

きれいな景色だー、と思ってはいたものの、国立公園の写真ではないか...と投稿するのやめかけましたが、

右に写っているのは富士山!ということで強引にも頭で使わせてもらいました。

ありがとう、富士箱根伊豆国立公園。

空からもっと大山隠岐を眺めたいな-。

しばらくはドローンの活躍に期待しています。

さて、今回は、前回投稿しました外国人写真展「外国人の目から見た ~私のすきな大山隠岐国立公園~」の島前会場での展示が始まりましたので、ご報告します。

前回もご紹介しましたが、下記の通り開催しています。

○島前会場

と き 1月17日(水)~2月12日(月)

ところ 西ノ島町別府港フェリーターミナル2階待合スペース

別府港2階

待合スペース

展示写真

写真たち

船で移動の際、近くに寄られた際は是非ご覧になってください!

ページ先頭へ↑

2017年12月13日【お知らせ】外国人の目から見た ~私のすきな大山隠岐国立公園~ の開催について(隠岐会場)

大山隠岐国立公園 湯澤孝介

雪が降っております。

雪道

南谷林道

隠岐諸島最高峰、大満寺山(608m)の中腹にある乳房杉の雪化粧(薄化粧?)。

乳房杉(冬)

2017.12.12撮影

まだそこまで積もってはいないものの、冬の訪れを一段と感じさせます。

ちなみに夏はこんな感じ。

乳房杉(夏)

2017.7.5撮影

さて、今回は写真展開催のお知らせです。

今年の9月から米子や松江などで展示されてきた写真展、

「外国人の目から見た ~私のすきな大山隠岐国立公園~」が、隠岐会場にやってきました。

写真展ポスター

四季の変化に富んだ豊かな自然景観と歴史文化を有している大山隠岐国立公園の魅力を日本人の視点とはまた違った目線から、再発見してみよう!というものです。

詳しくはこちら

隠岐では、下記の通り開催します。

○島後会場(開催中)

と き 12月9日(土)~1月10日(水)

ところ 隠岐の島町西郷港フェリーターミナル2階待合スペース

展示会場写真

○島前会場(開催予定)

と き 1月17日(水)~2月12日(月)

ところ 西ノ島町別府港フェリーターミナル2階待合スペース

船で移動の際、近くに寄られた際は是非ご覧になってください!

ページ先頭へ↑

2017年12月06日【イベント報告】秋の高田山 国立公園ご案内

大山隠岐国立公園 湯澤孝介

降雪情報が出始めています。

昨日はうっすら雪が降りました。筋トレ

隠岐もだいぶ冷え込んできましたよ~。

私の借家もだいぶ冷え、家の中では白い息。

隠岐に来て肥えてしまっているので、灯油ではなく脂肪を燃焼させて暖めてております。

杏ちゃん

これもひとつのウォームビズ(お時間ありましたらHPもご覧ください)

さて、

前回に引き続き、島根県隠岐支庁の福利厚生プログラムの一環で、国立公園トレッキングが行われました。今回もガイドさせていただきましたので、少しだけご紹介します。

場所は、隠岐の島町都万地区にある高田山です。(昨年の様子2016/11/2

地図

クリックして拡大

高田山(引き) 入口 

写真右側、山頂付近に岩肌が見えている山です。 神社の横手から進んで行きます。

吾郷さん1 吾郷さん2

今回は少数精鋭、全5人のパーティです。    やや険しい道も乗り越え...

椅子吾郷さん 椅子のぞみーる

天然の休憩所でひと休み。           山ガール×コーヒー

椅子はるかちゃん 椅子吉永さん

いい笑顔です。                内股気味です。

山頂手前集合写真

3、40分ほど登ると、開けた景色が広がります。

集合写真1

やや霞んでいましたが、眺めは抜群です!

引き

もう一度引きから。矢印の先にいます。

集合写真2

やや控えめに...笑

下で集合写真

無事下山。振り返ると高く見えるものです。

前回に続き、リフレッシュををかねて勤務地である隠岐の自然を体感していただきました。

途中険しい道もありますが、上で眺める景色を目の当たりにすれば、その壮観さに心躍ります。

きっかけがないと、なかなか行けないこともあるかと思いますが、誰かに頼りながらでも、新たな景色、楽しみを見つけに行く一歩を踏み出してみましょう!

ページ先頭へ↑

2017年11月30日【イベント報告】 いきものみっけ!調査団

大山隠岐国立公園 柳川 にいな

近頃はお日様もあっという間に沈んでしまい、暗くなるのが早くなりましたね。

隠岐でも局地的に、雪やあられが降るなど、どんどんと冬の厳しさが近づいてきているようです。

間もなく12月を迎えてしまいますが、その前に1月程前に行ったふれあいイベントについて報告をしようと思います。

10月28日に開催した「いきものみっけ調査団」。

当日は午後から雨の予報という不安な空模様でしたが、参加してくれた子ども達は元気いっぱい!

やる気まんまんで臨んでくれました。

イベントの始めは、挨拶や注意事項、そして調査の説明からスタートしました。

環境省生物多様性センターが行っている「いきものみっけ2017」の説明の中で、

生き物を調査する目的や、環境の変化と生き物の繋がりを知ってもらいます。

調査開始!

調査1回目はクヌギの森の中で行います。

もう大分寒くなったこの時期、生き物はどこに隠れているかな?

1回目の調査後、みんなに生き物を記録してもらいました。

事前に用意したワークシートに、特徴や名前、いた場所などをメモしていきます。

記録の後は発表の時間です。

こんなのもいた!、こんな所に隠れていたよ! などみんなで調査結果の共有です。

バッタやコオロギだけでなく、ハサミムシやカナヘビなど色んな生き物を見つけました。

調査2回目。

今度は場所を変えて、水辺周辺の生き物調査です。

調査を始める前に・・・

今回、イベントの協力者として来ていただいた森口さんから、道具の使い方を教わります。

そしてみんなで水辺を観察。

この一帯は森口さんの土地で、今回はイベントの開催場所として提供してくださいました。

森口さんが作ったビオトープには何がいるんだろう? 子ども達も興味津々です。

調査が始まると、みんな真剣にタモですくい始めます。

エビやヤゴ、イモリにメダカ・・・生き物がどんどん見つかります!

年少さんには、バットの中の生き物を観察してもらいました。

2回目の調査記録。

見つけた生き物が何を食べているかなど、生き物同士の繋がりも考えてもらいました。

記録と発表を終えて、いよいよ本日のまとめです!

今回は、どこにどんな生き物がいたかをマップにまとめることにしました。

生き物シールを貼り付けて、生き物マップを作っていきます。

みんなで議論しながら完成させました。

これまでにまとめた記録から、生き物の繋がりを学びます。

また、場所によって見られる生き物が違うこと、

どんな場所にもいる生き物もいれば、環境が限定される生き物もいることを感じてもらいました。

最後に森口さんから、この地域の環境の話をして頂きました。

工事や環境汚染から一時期は生き物が少なくなったこと、ただ人間が生活する上で必要な工事もあること、

このことを知った上で、どうしたら良いのか自分なりに考えてみてほしいこと。。。

地元の方の声に子ども達も真剣に聞き入っていました。

そしてもう一人、今回のイベントに協力していただいた芳滝さんから、

調査で捕まえた生き物たちを、もとの場所に戻すようにお願いが。

重いケースをみんなで持って、そっと池に戻してあげます。

今回のイベントで完成した"生き物マップ"は上の写真の通りです。

こうしてみると、身近な場所でも色んな生き物が生活していることが分かりますね。

生き物は様々なところにいて、色んな生き物と関わり合って生きています。

それは私たち人間も例外ではないんじゃないでしょうか。

環境の変化で住処を奪われたり、変化に対応するため進化を遂げたり・・・

毎日の日常の中で、ちょっとした変化が起こっているかもしれません。

まずは足下の生き物に興味を持つことから、始めてみませんか?

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ