ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年5月

7件の記事があります。

2018年05月30日【五色台VC】特別PG「四国のみち・五色台ウォーク」

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

日中は半袖でも汗ばむくらいの初夏真っ只中の瀬戸内。山の木々も青々とした緑一色になり、気持ちのいい季節になってきましたね!

そんな季節にぴったりな四国のみちや旧遍路道を歩く五色台ウォークを開催しました。

今回の全体コースはコチラ↓

JR鬼無駅を出発し、五色台山上にある中山休憩所でお昼ごはん、

その後は四国のみち(遍路道)を通ってJR国分駅まで下りる約12㎞、高低差約350mの健脚コース。

コース中に参加者を支えてくれるのは、ザ・山男、山女な香川県勤労者山岳連盟の方々です。中には槍ヶ岳~上高地まで人を背負って下山したことがある強者も!

そんな頼もしいスタッフと一緒に注意事項や準備運動をしたら、元気よく出発!

香川県で鬼無といえば盆栽のまちとして有名で、道脇には園芸樹や盆栽になる松が植わっています。

駅からしばらくの間は舗装路が続きますが、最初の足慣らしや服の脱着を調整するにはちょうどいい。

そして、1時間ほどすると山道っぽい遍路道口へ。

初めて行く山道だと1人ではなかなか不安・・・、特に女性は。ですが、みんなと一緒なら気になりません!

ところどころでスタッフから解説があったり、参加者も気になった花や実が何なのか聞いたり、写真を撮ったりとゆっくりしたペースで進みます。スタートから2時間。少し疲れが見え始める辺りで、五色台でも採れるサヌカイトの解説があり、それを聞いた子ども達は目が覚めたかのように石を拾ってカンカン鳴らしながら、どんどんと登っていきます。男の子って石とか棒とか持つの好きですね~(笑)

中山休憩所に着いたら、やっとお昼ごはん!のんびりと休憩タ~イム。

中山休憩所は81番札所・白峯寺と82番札所・根香寺との遍路道の途中にあるため、多くのお遍路さんが立ち寄ります。最近だと外国人お遍路さんも多く、この日もイタリアから来た方が巡礼中で「ピクニック♪」と言いながら一緒にお昼休憩をして行きました。

園地内のツツジの見頃は終わりましたが、ヤマボウシの花が見頃を迎えていました。白いのは花びらではなく、総苞片(花の付け根の葉)という葉。ヤマボウシは別名:ヤマグワとも呼ばれ、8~9月頃に付ける赤い実は生でも食べられますよ。

出発前にインタープリターから国立公園についてのお話。

日本には国立公園が34ヶ所あって、そこではいろんな風景や動植物が見られること、また雄大な自然そのものを感じることができます。

瀬戸内海国立公園は、九州の雲仙と霧島とともに日本で最初に指定された国立公園の1つで11府県にもまたがる広大な自然公園。

人の暮らしと里山、海が近いせいか、意外と国立公園だと知られていないことも多いですが、人の生活圏から近いということは、思い立ったらすぐに行ける!ということ。なんて便利!山岳地域や海中は、登山やダイビング技術がないと行けない場所もありますが、瀬戸内海国立公園は比較的整備された展望地も多いので、行きやすい国立公園だと思いますよ。

さぁ、今からは国分駅に向かって下山。

【道沿いにある指導標や遍路シールが行き先の目印】

遍路道沿いには約109m毎に丁石が建てられており、五色台山上には今もなお数多く残っています。地蔵菩薩と次の札所までの丁数(距離)を刻んだ舟形の丁石は、道中のお遍路さんの安全を祈願して江戸時代後期に建てられたもの。昔のお遍路さんと同じ雰囲気を味わえるお遍路道なのです。

***ちょっと小話***

お地蔵さんと呼ばれる地蔵菩薩は閻魔大王の化身とも言われています。死者の行き先・六道(天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道)を決める裁判長・閻魔大王と六道の行き先で救済する弁護士・地蔵菩薩が同一人物であることから現世の行いを見ている地蔵菩薩が六道先で助けてくれるのでは、との考えから信仰の対象となったようです。

お地蔵さまはいつもどこかで見守りながらも、常日頃の行いを見ていますよ。ちょっと邪な考えが出たら思い出してみてください。

  【十九丁】

  その昔、お茶屋さんがあった跡地:十九丁(「じゅくちょう」と

  読みます)で私たちも休憩。

  ここは、白峯寺と根香寺、国分寺への遍路道の三叉路。

  多くのお遍路さん達で賑わったのでしょうね。

十九丁から一本松までは少しぬかるんだ所を通るので気をつけて。

【一本松の展望あずまや】

一本松から少し下ると、讃岐平野を眺められる展望あずまやが。

「あの山はなんて名前だろう?」「あの山行ったことある?」など次の登山プランを立てる方も。残念ながらここから「ヤッホー」と叫んでも返事はありませんでした(笑)

さぁ、ここからが最後の難所・へんろころがしと呼ばれる急勾配の階段です。順路は国分寺→白峯寺なので本来は登りになるのですが、今回は下っていきます。ウォーク後半の下りは足に堪えるので、ゆっくり一段一段確実に下ります。少し不安な方はストックがあると足への負担が少し減らせますよ。

※登山道が荒れてしまわないようにストックは必ず保護キャップをしましょう。また、周りの人にストックが当たらないよう注意しましょう。

【まるで異世界空間!】

石鎚神社を越えて下山口からさらに下ると、真っ白な斜面がどーん!

これは約1,000万年前の火山活動によって火山灰と溶岩のかけらが積もってできた凝灰角礫岩の斜面。実はここにお宝があるかも・・・?

岩盤をよーく観察してみると、黄色~褐色~赤く透明な小さな石を見つけることがあります。それは、ガーネットと呼ばれるもの。

すごく小さなものなので見つけたらラッキー★

※滑りやすいので注意して!

下山口から集落を抜け、80番札所国分寺を横切り、ラスト約2㎞を歩ききったらゴール!国分駅に到着しました!

参加者からは「また計画してほしい!」と嬉しい声が。

山岳連盟さん曰く、低山(里山)は晩秋~初夏くらいまでがスズメバチや蚊などの心配も少なく、気候もいいためベストシーズンだそう。

のんびり里山歩き、いい汗かいてスッキリした1日でした!

***山歩きの時は***

・長袖、長ズボン、帽子でウルシや毛虫から肌を守りましょう

・トレッキングシューズやリュックで動きやすい格好をしよう

・水分や食料、雨具などしっかり準備しよう

ページ先頭へ↑

2018年05月28日✿足摺ヤブツバキ保全シリーズ⑮ 足摺岬オリエンテーリング

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

梅雨入りした四国、土佐清水からこんにちは!

およそ4ヶ月ぶり、久々のヤブツバキシリーズです。

冬の間、ヤブツバキ再生プロジェクトに全く動きがなかったと言えば、

そんなわけもなく・・実は、着々と進行していたんです。

ヤブツバキ保全シリーズ⑫でご紹介した苗畑は・・

   

   2017年11月           2017年12月         今やこんな状態!

苗の横には、ヤブツバキ保全シリーズ⑪でとった種も

プランターに所狭しと芽を出し始めています。

裏舞台も歩みを止めず動いているヤブツバキ再生プロジェクトですが、

地元・足摺岬小学校のみなさんと、今年度一歩目となる授業を行いました。

その名も「足摺岬オリエンテーリング」!(昨年度の様子はこちら

全20名の児童を縦割り班で3グループに分け、早速出発。

昨年の授業をしっかり覚えていれば、かなり有利になるはず。

ここで少し、オリエンテーリングの内容を紹介します!

まずは、これ。

実はそこら中にメダケが生えているのでサービス問題なんですが、

子どもたちは真剣にタケを吟味していました。

これぞ!というタケをファイナルアンサーしてもらい、いよいよクイズ。

 

皆さん分かりますか?答えは・・・①と②!

前の週に「メダケで一本釣り」イベントがあったので、

それを知っている子たちにとっては、まさに引っかけ問題でした。

他にも、こんなチェックポイントが。

ツバキがマンホールに使われていることは意外と知られていませんでした。

このチェックポイントでは、ツバキ再生プロジェクトについてのクイズ。

  

これは、実際に現地の広さを見ないと分からないクイズ。

答えは・・・③!

昨年自分たちが種まきした苗は全部で200くらいなので、

4万本という途方もない数に、こどもたちもちょっとポカンとしてました。

他にも、

  

昨年同様ツバキの苗当てクイズや、

三角定規とコンパスをもった土佐清水の偉人を探すチェックポイント、

メダケ数え対決(制限時間1分)などなど、遊びも交えつつ、

ヤブツバキ再生プロジェクトに関する10問のクイズを突破してもらいました。

今回は、足摺岬を歩き回り、現地の状況を見てもらい、植物を実際に触り、

地元である足摺岬について知ってもらう一歩目の授業。

これから1年かけて、ヤブツバキ再生プロジェクトのこと、

そして足摺岬のことを一緒に学んでいきます。

ツバキたちもすくすく育ち、みんなの手を今か今かと待っています。

次はいよいよ実践、メダケ授業です!

ページ先頭へ↑

2018年05月24日『大山ナショナルパークセンター』のご紹介

大山隠岐国立公園 小森 夏奈

こんにちは。大山隠岐国立公園管理事務所の小森です。

新緑が美しく、さわやかな風が心地よい5月も半ばとなりました。

『中国四国の国立公園展』鳥取会場が始まりました!

会期:2018年5月18日(土)~6月17日(日)

場所:大山ナショナルパークセンター

開館時間:午前8時~午後6時30

入場無料

このお知らせのメインの写真は、大山夏山登山道から撮影したものです。

(こちらの写真の展示はございません)

 

中国四国地方環境事務所管内の大山隠岐国立公園、瀬戸内海国立公園、足摺宇和海国立公園の写真を展示しており、環境省が行っている取り組みなどをご覧いただくことができます。

また、展示会場の大山ナショナルパークセンターは、今年4月にリニューアルオープンし、大山の登山基地としての役割を強化しています。

大きく拡張された2階テラスでは大山と日本海の両方の景色を楽しめます。テーブルとベンチも設置されていますので、風景を楽しみながらのランチ、休憩はいかがでしょうか。

今回新しく設置された大画面のモニターでは大山周辺情報や動植物情報をタッチパネルでチェック可能です。

また、『電子黒板』のモニターも設置されています。登山者が書き込みを共有することができ、最新の登山情報を手に入れることができます。

 

小上がりの休憩室は、靴を脱いで登山帰りの疲れた足を休めていただくことができます。

朝から使用できる有料シャワールーム、コインロッカーやスキー・スノーボードラックも設置されました。

授乳室やおむつ替えシートも新設され、小さなお子様連れの方にも便利です。

フリーWi-Fiも完備しており、情報検索も思いのままにできます。

大山は開山1300年を迎え、イベントが目白押しとなっています。

登山基地として、また周辺散策や大山でのイベントの際にはぜひお立ち寄りください

ページ先頭へ↑

2018年05月23日【イベント報告】今年もやりました!メダケで一本釣り!

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

梅雨前で、天気が読みにくい土佐清水からこんにちは!

今年は魚も活発に動く初夏に、と意気込んで、この季節に行ったメダケで一本釣りイベント。

5/19に無事開催したので、その様子をお届けします!

市役所前8:30でおなじみの光景となりつつある、清水の元気っこたちの姿。

早速出発です。

まず向かうのは、川!

 

これまたおなじみの観光協会、谷岡名人による、エビ取り指南。

例年小粒ぞろいで不発に終わっていましたが、

今回は参加者も感動する大物のテナガエビも入り、名人も満足げなこの笑顔!

忘れてちゃいけない、恒例の 釣り×クイズビンゴ。

ツバキ再生プロジェクトに関連するクイズを3問出します。

一問目は、土佐清水の特産品「宗田節」とメダケの関係をクイズにしました。

  

今回のイベントからして②が最有力に見えますが・・・正解は①のせいろ!(写真右)

今はステンレス網が使われるようになり、

メダケが増えてしまっている現状を知ってもらいました。

ところ変わって足摺岬でマイ竿作りです。

  

厄介者メダケも今回ばかりは主役級、かつてないほどメダケを吟味します。

竿の長さや太さもまちまち。大物狙いか、はたまた数で勝負するのか。

常連メダケアングラーは、予備のメダケ竿を作る余念のなさ。

いよいよ漁港で、釣り場も間近!

釣りたくてそわそわするなか、最後のクイズで大多数が不正解という衝撃の展開。

これは釣果で挽回してもらうしかない!と主催側も熱が入ります。

竿を垂らして・・

さっそくヒット・・な、な、なんと清水サバです!

その後も続々あがる清水サバ。エサ取りの別名をもつイシモチよりも釣れています。

これぞ土佐清水!という感動がある獲物ですね。

 

その後もベラやコッパグレ、イシモチ、アイゴなどを釣り上げます。

釣果勝負の釣り人たちは、他のひとの釣果が気になって焦りでエサつけすらもどかしい・・!

そんなとき現れたのが、

エサまき嬢!

定期的にやってきては、アングラーたちに恵みのエサを振りまきます。

昼に近づくにつれ、魚影もみえなくなり、ここでタイムアップ。

最終的に、3人がビンゴを出しました!(左から1位、2位、3位)

驚くべきは、3位にエサまき嬢が入っていることですね。

情けは他人のためならず、を体現しています。

3回目となる今回のイベントには、初めてのひとから、皆勤賞のひと、

友達同士や親子、釣りキチ一人参加などなど、総勢19名が参加してくれました。

ヤブツバキ再生プロジェクトでは厄介者のメダケに、スポットライトを当てる本企画。

「メダケで一本釣り」というワードに「ああ、あの!」と反応してくれる人も増え、

土佐清水市内でもじわじわと浸透し始めているのを実感している今日この頃です。

"メダケアングラー"が流行る日も、そう遠くないかもしれません。

ページ先頭へ↑

2018年05月21日浄土ヶ浦、いい景色です。

大山隠岐国立公園 隠岐 湯澤孝介

気温が上がってきました。

夏に向けてワクワクも盛り上がってきました。

シーカヤックも潜りも釣りもキャンプも、楽しみが止まらず震えてる湯澤です。こんにちは。

今回の記事は夏に向けておススメなビュースポットのご紹介です。

浄土

名勝 浄土ヶ浦

この浄土ヶ浦、大小数百の岩礁が散在する多彩な海岸景観、多岐にわたる特異な地質など、景色のみならず、その性質にも魅力が詰め込まれた場所なのです。

そして、この場所に、環境省としては隠岐島地域初となる展望施設が、先般完成しました。

式典も無事行われ、布施、浄土ヶ浦の利用が促進されることに期待しています。

式典  施設

      オープニングセレモニー            展望デッキ(スロープ)

浄土ヶ浦の情報をちょこっとだけ紹介。

たとえば、ビュースポットに立つと、約3,000万年前~2,000万年前に堆積した湖成層や溶岩、火山性の礫岩などを見ることができます。これは日本が大陸から分裂し始め、日本海が湖だったころのもので、周辺ではグリーンタフ(緑色凝灰岩)も観察できます。隠岐では、マチカネワニの化石がグリーンタフから見つかっています。これは、マチカネワニが生息していた場所(湖)に、火山灰が堆積したことが考えられます。

※隠岐で発見されたマチカネワニの化石は、浄土ヶ浦ではありません。


マチカネワニについて(大阪大学総合学術博物館HP)

https://www.museum.osaka-u.ac.jp/jp/exhibition/3F/wani.html

まだまだありますが、

陸側から見られる海蝕崖や波食棚の風景、それに隠れている地質のストーリーは、必見です。

さらにさらに、海域公園地区にも指定されている浄土ヶ浦の海エリアで、シーカヤックのツアーが検討されています。まだ試験段階ではありますが、海側から見る浄土ヶ浦はまた格別ですよー!

浄土うみ

ページ先頭へ↑

2018年05月11日今年度から新体制! 【隠岐管理官事務所】

大山隠岐国立公園 隠岐 山﨑多世子

初めまして!

隠岐管理官事務所の山﨑です。前任の柳川さんに変わり4月にアクティブ・レンジャーとして着任いたしました。

またレンジャーも柳田Rに変わり、当事務所は新体制となりました!

バタバタと慌ただしい日々が続いたなか、久しぶりの投稿です。

さて、ゴールデンウィークを皮切りに隠岐では本格的な観光シーズンに突入しました!

隠岐諸島には日本海の荒波がつくりだした雄大な侵食海岸地形、

【国賀海岸(西ノ島町)】

北方系・南方系・大陸性・高山性の植物が混在する不思議な植生、

【隠岐固有種・オキシャクナゲ】

そこに住み続ける人々が生み出した伝統行事や祭り・・・等々、知れば知るほど魅力がたくさん!

そして、隠岐管理官事務所では、今年も隠岐の自然とふれ合える様々なイベントを企画する予定です!

自然情報と併せて日記に更新していきたいと考えておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

また個人的には、私の趣味がバードウォッチングですので、

隠岐の野鳥も時々紹介できればと思います!

【ミサゴ】

隠岐諸島の離れ岩等で毎年繁殖をしています。

タカの仲間ではめずらしく、魚が主食。

空中から水中にダイブして狩りをするシーンは中々見ものです!

ページ先頭へ↑

2018年05月09日神秘と静寂の篠山

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

週末になると天気が不安定・・・

イケズな5月になる予感の土佐清水からこんにちは!

さて、例年ゴールデンウィーク前後に見頃を迎えている、篠山のツクシアケボノツツジ。

昨年は、4月末がピークで、キレイなピンクの花が楽しめましたが・・

 

      2017年4月30日              2018年4月30日

今年は、桜などと同じく、開花が1週間以上早かったようです。

4月30日に行った時にはほとんど花は落ちて、地面にピンクの絨毯が広がっていました。

 

それでも2割ほど残っている花が目を楽しませてくれました。

ところで、今回の発見は、篠山の代名詞であるアケボノツツジもさることながら、

この雨霧たちこめる篠山の風景の美しさ!

景色は見られませんが、その代わりに身の回りに意識が集中して

風や鳥の声、草や雨の匂いなどがより強く感じられました。

 

輪郭がぼやけていつもより大きく見える木や、

雨露にぬれるミツバツツジの瑞々しさが際立ちます。

突然でしたが、ひと味違う景色に気づかせてくれた通り雨でした。

これから、山シーズン到来。山中で雨が降るとガッカリしてしまいますが、

そういうときこそゆっくりと周りを見回して、いつもと違う楽しみを探して見てくださいね~。

※注意※

・野外活動するときには天気予報をしっかりチェック!

・水に濡れた土や石は滑りやすいので、足下注意!

・雨が降ると視界が悪くなります。道迷いに気をつけて!

・雨の中カッパや防水装備がない状態で長く活動すると、

 風をひいたり低体温症になることがあります。しっかりと準備を!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ