ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年7月

5件の記事があります。

2018年07月30日【瀬戸内海国立公園の夏】 津田の松原~田の浦

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

夏休みに入り、1週間が過ぎました!みなさん、遊んでますか~?それとも宿題に大忙し?

国立公園の旬をお届けする【瀬戸内海国立公園の夏】。

今回は、夏を代表するアクティビティ・海水浴場特集です!しかも遊べるだけじゃなく、自由研究も一緒にやっちゃおう!(自由研究もアクティビティと思って楽しんじゃえ!)という一石二鳥な場所をお届けします。

今回は香川県の東側、東讃(とうさん)地域の巻。

■津田の松原海水浴場(さぬき市)

言わずと知れた県内でも有名な海水浴場。

樹齢600年を超える老松や根が地上に現れた根上がり松などが約1㎞にわたって続く青々としたクロマツ林。それに白い砂浜が映える瀬戸内海国立公園を代表する風景・白砂青松が特長的な海水浴場。別名:琴林(きんりん)公園とも呼ばれ、その名とおり、松林を抜ける風音が琴を奏でるような音に聞こえることから名付けられた景勝地です。

夏以外の季節は比較的穏やかで静かな浜辺ですが、海開きが始まる頃には海の家やシャワー、トイレが完備され、小さなお子さん連れでも利用しやすい海水浴場に様変わり。海の家には、おいしそうな飲食物やゆっくりできる桟敷以外に貸しボートや浮き輪など遊び道具も満載。

平日は人も少なく落ち着いていますが、土日になると老若男女問わず多くの海水浴客で賑わい、さまざまなイベントも開催されています。

さぬき市夏のイベント情報(79月)

*遊びすぎた・・・。暑さでバテてきたら・・・

松林の木陰でちょっと休憩。風が吹く日はうだるような暑さもかなり軽減されますよ。

*子ども達必見!自由研究のネタ帳(一例)

①津田の松原の松を調べよう

・瀬戸内に多い松原と白い砂浜。じゃあ、関東の海岸と何が違うの?

・松原ってどんな役割があるの?

・松はなぜぐにゃぐにゃと曲がって生えているのか などなど松のフシギを追ってみよう!

左<なんで根っこが浮き上がるんだろう??>               右<松の枝の中に違う木がの種類が生えてる!?>などなど、よーく見ると、アラ不思議なことが

②地引き網に参加して、マカフシギな生き物を探せ!

さぬき市主催の地引き網が行われています。そこで網にかかるのは何か・・・!?

地引き網開催日は限られています。さぬき市イベント情報でチェック。

左<干潮になると生き物がうごめく梅川汽水域>

右<松原に響く音の正体はコゲラでした>

津田の松原の中に海とつながる梅川は、海水と淡水が混ざる汽水域。干潮時になると、カニやウミニナ、ヤドカリなど生き物が少しずつ動いているのが見え、満潮になるとハゼなど小魚が跳ねるのが見えますよ。ただ、梅川に下りる階段等はないので、観察するなら大人と一緒に、ウォーターシューズなど足下はしっかりと装備を。

【アクセス】

自家用車:高松市中心部から国道11号線を進み約45

公共交通:JR津田駅から徒歩10

パラソルや浮き輪など荷物がたくさんある人は自家用車(レンタカー)がオススメ。

浮き輪は海の家でレンタル!手ぶらで海へGOな人はJRを利用すると、駐車場の混雑にあわずスムーズ。

■超穴場スポット!田の浦野営場(東かがわ市)

安戸池(あどいけ)と城山(しろやま)園地に間に位置する田の浦野営場。

湾口に発達した砂州が外海(ここだと瀬戸内海)と切り離されてできた潟湖(せきこ)の安戸池は、昭和初期に日本で初めてハマチの養殖が行われた場所。しかし、1970年前後に何度も赤潮被害にあい、今は養殖は中止して釣り場になっています。

安戸池の東に位置する城山園地には、戦国時代~江戸時代にかけて豊臣秀吉の家臣・仙石秀久や生駒親正が居城した引田城の跡が残ります。

田の浦野営場は市街地から離れており、利用者もまばらなため、静かにゆっくり過ごしたい人にピッタリな穴場的場所。自前テントを張って1日過ごす、デイキャンプで楽しむのもよし。

左<セントラルロッジにはトイレあり>

右<きちんと整備された芝生広場は広くて快適>

野営場の目の前には播磨灘をのぞむ海岸。砂浜で1人海にぷかぷかと浮かぶ人、磯場で何やら生き物を見つけていた家族など数組の利用者がのんびり過ごされていました。

*子ども達必見!自由研究ネタ帳その2

①磯の隠れた生き物をゲット!何が潜んでいた?

干潮時に磯場に行くと、タイドプールと呼ばれる海水が残った場所が。そこをのぞくと、岩にべったり張り付いたヒザラガイやマツバガイ、イソギンチャクなどが隠れているよ。

・何種類の生き物を見つけられた?

・どんな種類の生き物が多い?砂浜には同じ生き物がいる? 

・流れ着く海草はどんなものが多い? などなど

②砂浜に潜むいろんなモノとは・・・!?

・一見、何も見えない砂浜だけど小さく動く生き物がいるよ

・流れ着く流木やモノを拾って、分別すると何が分かるかな?

・他の海岸と流れ着くモノを比べてみよう

・拾ったモノとホットボンドを使ってものづくり

 ↑工作の宿題もできちゃう優れもの!

【アクセス】

自家用車:高松市街地から高速道路・高松中央IC~引田IC、県道122号線経由で約1時間

公共交通:JR引田駅から徒歩25分、タクシーだと10分

     野営場近くを運行する市内バスはないので、自家用車もしくはレンタカーが便利。

     歩きたい!という方は近くの引田の町並みも一緒に楽しんでみては。

瀬戸内海国立公園(香川県)夏のレクリエーションマップ

暑さをしのぐ海水浴。

ウォーターシューズ、着替え、十分な飲み物と塩分(塩飴や塩ラムネ)など準備はしっかりと万全に!

夏ならではの海遊びを楽しみましょう!

ページ先頭へ↑

2018年07月24日【体験教室】 ハチミツ絞りと蜜蝋キャンドルづくり

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

夏休み最初の体験教室!今年の夏も大人気プログラムがやってきました!

講師は、五色台はもちろん香川県下で養蜂を生業されている中田養蜂さん。

今回もミツバチと人との関わりやミツバチの役割や生態などを教えてくれました。

昨年のようすはコチラ

ハチミツを絞る前に「ハチミツ」ってどうやってできているんだろう?

アニメや絵本では、ハチが花から蜜をバケツにすくって運んでいる様子が描かれていますが、実際そんなの見たことないですよね?

ハチミツは、ミツバチが花の蜜を一旦体の中に取り込んで、酵素で凝縮分解した後、体内から出したもの。

そう。ハチミツはミツバチがお料理してできたものなんです。

【絵本を使って分かりやすくお話】

ハチミツとは一体なんぞや、を知ったところで、ハチミツ絞り体験と蜜蝋キャンドルづくりに分かれてスタート!

コチラはハチミツ絞り。

巣箱に入った巣板を1枚取り出して、ナイフで蜜フタをこそぎ取っていきます。

巣箱から巣板を取り出す時には蜜はこぼれません。蜜がこぼれないように蜜蝋がふたの役割をしています。

コツは、巣板は取手を掴んで、巣板をからだと垂直にすること。

そして、ナイフは巣板面と平行にしてノコを挽くようにギコギコとゆっくり動かして、できるだけ蜜フタをうす~くこそぎ取ります。

巣板いっぱいに広がる六角形の小さな巣は、蜜を貯めるためにミツバチたちが1から作ったもの。ミツバチが集めたハチミツを分けてもらう時に蜜フタを厚く取ってしまうと、巣がえぐれてしまい、ミツバチたちは壊れた巣を補修しなければなりません。

せっかくいただくものなので、できるだけ壊さずに巣板をお返ししたいですね。

左:蜜フタを取る前の巣板

右:蜜フタを取り、遠心分離機に入れた巣板。キラキラ光るのがハチミツ。

蜜フタが取れた2枚の巣板を遠心分離機に入れて、いよいよハチミツを絞り出します。

【はじけ飛ぶ蜜にみんな注目】

ハチミツが出なくなったら、内側に向いていた蜜を取るために巣板を裏表逆に入れ替えます。

また蜜が飛ばなくなるまでハンドルを回します。遠心分離機の下には、黄金色のハチミツが。

1グループに1瓶分、絞りたてハチミツをお持ち帰り。

あま~くいい香りが立ちこめる中、絞りたてハチミツを目の前に家に帰るまで味見をガマンしきれない子は、こそぎ取った蜜フタに付いたのを舐めたり(笑)

さて、こちらは蜜蝋キャンドルづくり。

蜜蝋とは、ハチミツ絞り体験でこそぎ取った蜜フタや六角形の巣の材料。

これも働きバチが蝋分泌腺から出したもの、ミツバチがつくり出したものです。

蜜蝋を固めるためのシリコン型にロウ芯を取付け、湯煎で溶かした蜜蝋を流し入れて固まるのを待つだけ。

【使う道具はコレ ミツロウ以外は身近にある道具を使います】

ロウ芯を通すために竹串でシリコン型に穴を開けます。

シリコン型の穴が大きすぎると、ロウを入れた時に漏れてしまうので注意。底側のロウ芯は結んで少し引っ張り出しておくか、竹串に結んでおくかやりやすい方でOK。「小さくて結びづらい!」という小さなお子さんは、座金付きロウ芯を使ってもいいですね。

蜜蝋を直火に当てて溶かすと、急激な熱で爆発することがあるそうなので、必ず湯煎で溶かしましょう。

ハチミツ絞りと蜜蝋キャンドルづくりの他に、働き蜂と女王蜂が入った観察箱や採蜜する時に養蜂家さんが被る帽子とネットの展示もありました。

ミツバチの女王蜂は、働き蜂より少し大きいかな?という程度なので、○ォーりーを探せ!ばりに見つけるのが大変。

あれや、これやと言いながら、観察箱にへばりつき。

キャンドルが固まるのを待つまでの間は、こちらに挑戦してもらいました!

「ハチミツ種類当て4択クイズ!」①~④のハチミツをパンに付けて、味や香りなどをヒントに当ててもらいます。

さぁ、どれがどれだか分かるかな?

答えは・・・

①ビワ・・・色が薄くて、少しビワの花の香り

②ミカン・・・柑橘系の香り

③タマネギ・・・他より少し濃い色。ほんのりタマネギ独特の香り

④サクラ・・・桜餅のような風味

タマネギの生産量だと北海道や兵庫県、佐賀県が有名ですが、香川県はその種を生産しています。全国シェアはなんと6割!しかも受粉に使うミツバチは全て中田養蜂さんが貸出しており、中田養蜂さんのミツバチだからこそ集められるハチミツなのだそう。タマネギ蜜は全国でもなかなか珍しいそうですよ。

この他にソバのハチミツも試食しましたが、こちらは濃茶色で黒糖のような独特なフレーバーです。←わたしはコレが好み。

この後はミツバチの生態やハチミツに関するクイズ、ミツバチと人の生活との関係性についてお話を聞きました。

野菜や果物をつくるのに必要不可欠なミツバチ。ハチミツには味や香りの違ういろんな種類があること、ミツバチがわたしたちの食と農業を支えていること、100年後の食糧事情はどうなるんだろうなど、単にミツバチの生態やハチミツのことを知る・体験するだけでなく、ミツバチから将来のことを考えるきっかけにもなった体験教室でした。

*******体験教室終了後にあった子どもたちからの質問************

Q1.働き蜂は1ヶ月生きると言っていたけど、成虫から?

答 .卵~成虫になるまでが21日、その後、成虫で約1ヶ月生きる。

Q2.オス蜂はどれくらい生きるの?←初めて聞かれた質問だそう。ナイスキッズ!

答 .オス蜂は交尾のためにいるので交尾が終われば死んでしまう。交尾しなければ1ヶ月、長ければ3ヶ月くらい生きる。

ミツバチや養蜂を自由研究テーマに考えている子ども達へ。

電話等で受質問もけてもらえるようですが、養蜂所さんも生業されているので夏休み終了ギリギリではなく早めに聞いて仕上げましょう!

ページ先頭へ↑

2018年07月19日【三崎小環境学習③】どきどき!爪白シュノーケリング

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

海の行事や環境学習が立て続き、

海況が気になってしょうがない土佐清水からこんにちは!

今回は、海の子浜の子三崎の子!

三崎小5年生のシュノーケリング体験授業の様子をお届けします。

まずは挨拶。

今回の先生は、竜串の海のプロフェッショナル二人。

竜串ダイビングセンターの佐野さんと、海洋館の京谷さんです。

シュノーケリングで見る予定のサンゴが

①貝 ②エビ ③イソギンチャク どれの仲間か?

など、復習しつつ、観察対象について考えていきます。

事前学習も、海での注意も確認したら、いざ、海へ!

 

海は凪いでいるようにも見えますが、

 

実はけっこううねりもあり、視界もそれほど良くありませんでした。

 

それでも、200歳のコブハマサンゴやケンカをしてるサンゴを見ると、

そんなコンディションもなんのその。

自由時間には、毎年恒例の素潜り大会や、

マイペースな遊覧遊泳で、それぞれの楽しみ方で授業時間いっぱい

竜串の海を楽しみました。

初めてのことに少しずつ挑戦しながら、

自分の得意なこと、苦手なこと、好きなこと、嫌いなことを知って、

大人になっていく過程を見たように思います。

今回の収穫のひとつは、シーズン前の「海遊び」の極意を教えてもらえたこと!

海に潜む危険を知った上で、これまでとは違う生きものの観察眼をもった5年生。

夏休み明けにどんな成長をしているか、楽しみです。

ページ先頭へ↑

2018年07月09日✿足摺ヤブツバキ保全シリーズ⑯ 足摺岬の人の歴史

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

今回は、足摺岬小学校の2回目の授業。

本来であれば、足摺岬の裏の番長ともいえるメダケを

現地に赴いて収穫する予定でしたが、生憎の雨・・。

そこで、足摺岬のツバキと人の歴史を紐解く・・

クイズ大会を行いました。

クイズ挑戦者は、足摺三崎小の5,6年生たち。

いくつか紹介するので、皆さんもチャレンジしてみてください。

まずはこちら。

ヤブツバキ再生プロジェクトの主力でもある「足摺岬の自然を守る会」。

小学生たちの先生として、よく足を運んでくれています。

このクイズ、答えは②!足摺宇和海国立公園は今年46歳。

結成45年目の「自然を守る会」は公園誕生後から、

ずっと足摺岬を見つめ続けてきました。

そんな「守る会」の驚きの歴史は次の問題。

画像と共に、答えを見てみましょう。

(ぜひ、画像を拡大して目をこらしながら見てください)

→24年後→

左は1994年の写真、右は最近の写真です。

こうして、足摺岬のあちこちにツバキの苗を植えては、

長い長い時間をかけて、大切に育ててくれているので、①は正解!

 

ツワブキ(田舎料理でよく使いますよね)や、

桜の木などを植樹して、育ててもいるので、②も正解。

他にも、細々した枝払いや草刈りもしてくださっています。

 

さて・・・おわかりになったでしょうか。

すべての作業写真の日付が「20日」であることに・・。

そう!守る会のみなさんは、約30年近くは、

毎月20日に、足摺岬の自然を守る活動を続けているんです。

人が自然に関わり続ける年月というのは、圧倒されるような歴史になりますね。

次は、復習のメダケクイズ。(他のクイズは割愛)

ヤブツバキ再生プロジェクトを1年通して学んだ6年生は分かるはず

と思いきや、まさかの6年生3人中たったの1人正解。

ネックになったのは③でしたが・・・

昨年のメダケ授業で、今の6年生は食べているのに!!

もちろん、このクイズも、足摺ならではのメダケの活用方法を知るもの。

先生役の守る会会長さんも、

「他の地域は違う竹を使うけど、足摺はメダケを壁に入れよった」

「宗田節のせいろにメダケをよう使いよったよ」

と、実体験を交えて、足摺の文化と自然の繋がりを教えてくれました。

というわけで、食文化に触れたからには実際に食べるべし!

 

メダケの採り時、採ったメダケの処理の仕方を教えてもらいます。

ちょっとかけらを口にいれると、顔がくしゃくしゃになるほどの苦み。

さすが「ニガタケ」の異名をもつメダケ。

こんなの食べられるの・・?と不安になりながら、いよいよ食卓に。

料理は足摺岬の婦人会の皆さんが、朝から腕によりをかけて作ってくれました。

献立は、メダケ入りちらし寿司(ばら寿司)とポテトサラダ、

メダケと切り干し大根の煮物に、メダケとアオリイカ入りのかき揚げ。

田舎料理らしい、足摺岬のちょっと甘めの味付け!

 

とびっきりの「おいしい」を顔に貼り付けている下級生の横では

はしがあちこちから飛び込んでくる熾烈な争い。

作り手も満足してしまう、気持ちのよい食べっぷりでした。

ツバキ再生プロジェクトの視点から、足摺岬の文化を掘り下げた今回。

足摺の自然と共に歩んできた人々の暮らしの中には、

建材として、食材として、道具としてのメダケの価値がありました。

 

次世代に、しっかりとその文化を、知識と、体験と、味覚で伝えられた1日でした!

次は、秋のツバキ種とり合戦!

実がいっぱいなればいいなあ~

ページ先頭へ↑

2018年07月04日【イベント報告】海辺の宝箱づくり

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

梅雨と台風のダブルアタックで天気予報はいつも雨・・

なのに意外と一日晴れていたりする土佐清水からこんにちは!

今回は、6/30に開催した「海辺の宝箱づくり」の様子をお届けします。

夏本番を前に、海の楽しみを紹介して、

実際に足を運んでもらうべく考えたこの企画。

土佐清水中から、ご家族や友達同士で参加してくれました。

まずは、竜串の海を舞台に、

実はそこら中に落ちている「宝物」について考えます。

 

土佐清水は竜串湾にある桜浜、爪白、見残しなど、

砂浜、磯、サンゴ、海藻豊かな海中を紹介し、

その表情の多様さに目を向けてもらいます。

その後はいよいよ宝箱づくり。

竜串湾を中心に、

土佐清水市内の浜から集めてきた貝や漂着物から、

それぞれが自分なりに選び抜いたお宝を箱に詰め込んでいきます。

厳選された宝たちがそろったら、

今度は図書館の本を使って、名前調べ。

 

漂着物には、種やプラスチック製品、石もあり、

貝やサンゴの骨にも数え切れないほどの種類が・・。

参加者の方が熱心に調べる姿に、

図書館の方も「こんなに本が使われることもない」

とうれしそうでした。

また、よく見るものは、標本として並べておきました。

 

今回は黒潮生物研究所から、二人の生きものハカセが来ているので、

名前調べもかなり本格的にできました!

少しだけ作品を紹介すると・・

  

仕切りがあると、より整然とした標本らしさが表現できますね。

  

こちらの箱は、自分の世界を表現するのに持って来い!

今回作った宝箱とは別に、もう一つ空箱をゲットした今回の参加者のみなさん。

宝物を探しにどんどん海で遊び、名前を調べに図書館に来てくれれば、

我々主催者のもくろみも成功です。

各地で海開きが始まり、いよいよ夏本番。

みなさんも是非、海で遊ぶ際には

海辺に転がっている宝物を見つけてみてください。

【おまけ】

今回、土佐清水市ジオパーク推進室の専門員さんも参加してくださり、

おもしろい宝箱を作ってくれました。

 

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ