ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年4月

6件の記事があります。

2017年04月28日【体験教室】 五色台カフェ・野草ランチ

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

桜も終わり、すっかり新緑めいてきましたね。

そんな若葉のまぶしい4月の体験教室は、野草を使ったランチづくり。

「野草って草でしょ?食べられるの?」「あぁ、ワラビとか山菜のこと?」といろいろ思った方もいるはず。ワラビやフキ、タケノコもそうですが、道端や広場に生えている"草"の中には食べられるものがあるんです!

講師は、草木染なども教えていただいている角田眞理子さん(あそ美工房)。

準備ができたら、さっそく野草の採取に出かけます。

採取担当スタッフの忠さんから「これが○○だよ」と教わりながら採取。

みんな最初は恐る恐る、「え?これそうなの?」と確認しながら採取していましたが、だんだんと目が慣れてくると、同じ紫の花をつけるカラスノエンドウ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウの見分けがついてきたようです。中にはカラスノエンドウによく似たスズメノエンドウ(食不可)というトラップがあるので、油断せずよーく観察しながら採取しましょう。

小さな子どももセイヨウタンポポとカンサイタンポポを見分け方が分かったようで、お母さんが出す「これはどっち?」の質問に全て正解!すごい!

そして、今年も出た疑問、「カンサイタンポポとセイヨウタンポポの味は同じか?」

味比べしたことがある方がいたら、それぞれ味が違うのか教えてくださ~い。

採取し終えたら、みんなで仕分けです。

中には食べられない野草もありましたが、そこはしっかりと講師が除いてくれています。

<これかな?同じものを探そう!>

今回採取した野草と講師が準備してくれた野草はコチラ↓↓

五色台で採取できない野草は講師やスタッフが準備してくれました。ほんとうにありがとうございます!

いよいよ調理スタート!

どんな料理ができあがるのかなぁ。

今回も天ぷらが登場!時々できたて熱々をつまみながら、焦げないように注意しながら揚げてくれました。

<13種の天ぷらが完成!>

ホットケーキも登場!なんと今回はホットケーキミックス粉を使わず、薄力粉、卵、メレンゲ、ヨーグルト、砂糖で生地を作りました。スタッフの片山さんはパン屋さん、今回初参加のユウカさんはパティシエとプロから教わったアレンジミックス粉です。仕上がりもしっとりふわふわ~。

ホットケーキの上に花を載せて春らしくカラフルに。エディブルフラワー(食べられる花)ホットケーキとなんだかカフェっぽくオシャレな名前に変身。

<ポンッとひっくり返していい焼き色♪>

今回初登場のギョウザは、タケノコ、ワラビ、レンゲにひき肉を加えてタネを作りました。

ここで難しいのがギョウザの皮の包み方。ひだを作りながらは大人でも上手にできないですよね。今回は小さな子でもできる簡単で見た目にカワイイ包み方を教わりましたよ。皮の真ん中にタネを置いて、皮の端に水を付けてパタンと半分にたたみます。両端を輪にするようにクルッと巻いてくっつけたらできあがり。

さぁ、こっちでは数々のサイドメニューがどんどんできあがっていますよ~。

子ども達も率先して調理に取りかかってくれるので大助かり。

できあがったら、テーブルに載せていきましょう。

最後に野草スープを置いたら・・・できあがり!!

<こんなにたくさん!>

「おいしそう!」「これがこんな料理になるんだ!」「どんな味がするんだろう?」などなど口にしながら、みんな取り分けていきます。

ドキドキ、わくわくの試食会。みんなで「いただきま~す!」

<この笑顔を見るとどうだったか分かりますよね?>

そして、腹ごなしにはデザート♪

今回も片山さん手作りのジャム5種と砂糖漬を持ってきてくれ、ヨーグルトと一緒にいただきました。

ヨモギのシフォンケーキも焼いてきてくれ、贅沢なデザート付きランチ。

今回のジャムは・・・

上から時計回りに アイスナワシロイチゴ(赤)、モミジイチゴのジャム(黄色)、ツクシの砂糖漬け(真ん中・白)、スイバのジャム(赤茶)、イタドリのジャム(黄緑)、クワの実ジャム(赤黒)

子ども達にも大人気でみんなペロリとたいらげてしまいました。

作ったお料理もおかわりしてくれて、特にスープとギョウザはおいしいと大好評であっという間に売り切れました。

採った野草は珍しくもない、田んぼのあぜ道などに生えているものや山菜として見られるものばかり。

今みられる野菜のほとんどは海外原産で、日本原産はアサツキや明日葉、水菜などほとんどが葉菜類です。時代と人の流れと共に多くの野菜はユーラシア大陸や中南米から中国・朝鮮経由で日本に伝わり、そして広く育てられるようになり、今に繋がっています。体験教室で食べたカンゾウ、ギボウシ、セリ、ツクシ、ワラビは日本原産の葉物野菜。昔の人と同じ物を食べたんだなぁと思うと、少し感慨深く思いますね。

春の生き生きとした新芽や若葉、山菜などエネルギー溢れる自然の恵みを少しいただいて、「見る」「香る」だけでなく「食べる」を体験してみませんか?

☆野草を採取・食べる時はこれらに注意しましょう。

・野草はアクが強いので、食べ過ぎるとお腹の調子が悪くなる場合がありますので、

 食べ過ぎには注意しましょう。

・採取する時はなるべく人が踏んでいないところを選びましょう。

・「どっちかな?分からないな」と思ったら「食べない」を選択しましょう。

ページ先頭へ↑

2017年04月26日西ノ島で野鳥調査

大山隠岐国立公園 柳川 にいな

近頃は暖かく、すっかり春らしくなりましたね。

天気の良い日に外を歩いていると日差しが当たり少し暑いくらいです。

そんな春のお出掛け日和に、西ノ島へ野鳥調査に行ってきました!

隠岐では留鳥だけでなく渡り鳥など多くの鳥が観察できます。

西ノ島でも季節の野鳥を観察しようとバードウォッチングが企画されており、西ノ島町観光協会主催でどの時期にどのような野鳥が見られるか観光資源の調査も行われています。

今回日頃なかなか見ることが叶わない海からの国立公園の巡視と野鳥調査を目的に西ノ島町観光協会主催の観光資源調査に同行させて頂きました。

今回実施した野鳥調査は、海鳥を中心に船上で行われました。

実は隠岐諸島では約40種の海鳥が確認されており、

その種数はなんと日本で確認される海鳥のおおよそ7割程にも及びます。

そんな海鳥の楽園である隠岐諸島で今回特に力を入れて探したのが、カンムリウミスズメです。

      

カンムリウミスズメ

 ←こんな感じの鳥です

       後ろから見た写真→     

国の天然記念物で、

環境省のレッドリストでも絶滅危惧Ⅱ類となっている

世界的に希少な海鳥です。

隠岐諸島で繁殖が確認されている一方で

近年繁殖場所となる無人島に上陸する釣り人が増え、

一部の釣り人による撒き餌などの放置が問題になって

います。

撒き餌の放置で天敵となる動物がやってきたり、釣り糸に絡まって命を落としたり....

直接でないにしろ人間が介入することで自然界のバランスが崩れているのです。

これはカンムリウミスズメだけではなく多くの海鳥に関わる問題です。

今回はそういった事も踏まえて野鳥調査に臨みました。

前回のビーチクリーンのこともあり(http://chushikoku.env.go.jp/blog/2017/04/12/

天気だけが心配でしたが、当日は見事な晴天!

波もなく、穏やかなフェリーでの船旅を楽しみながら西ノ島に到着し、調査の船に乗るため船着場へと向かいます。

つる丸  【 つる丸 】というバス停で降りて

   すぐの船着場です。

   ← 綺麗な空と海が広がってました!

遠目 乗り込み

乗り込み

       ↑ 西ノ島町のガイドさんや主催の観光協会の方と乗り込み出発!

離れる離れる 波

 ←船着場からどんどん遠ざかって

   東国賀海岸の方へ行きます→

東国賀全体

        海から望む国立公園→

   少し離れたところから撮った写真ですが

   雄大な自然が広がっています。

  

  

 ←鳥が警戒しないよう

  少し遠巻きに観察

   

        

        

        普段なかなか見ることが叶わない東国賀の特別保護地区や

                              特別地域を望みながら野鳥探し↑

      トビ            ウミウ(赤丸の中)           ミサゴ

    

残念ながら、今回の調査ではカンムリウミスズメは発見できず・・・。

あまりにも天気が良すぎて、みんなどこか遠くまで行ってしまったようですね。

今回は、隠岐の豊富な鳥たちを堪能することはできませんでした。

が、もうすぐゴールデンウィーク。西ノ島でも多くのイベントが予定されています。

早朝バードウォッチングツアー(http://nkk-oki.com/japan/birdwatchingtour/)や 

隠岐・西ノ島 カレンダー フォトコンテスト(http://nkk-oki.com/japan/photocontest/

もうリベンジするしかない!と個人的に意気込んでおります。岩

今年のゴールデンウィークは5月だけでも5日間。

皆さんもぜひ隠岐へと足を運んで参加されてみてください!

ページ先頭へ↑

2017年04月14日【サクラ情報】 あと少し見られます!

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

先週から真新しいスーツや制服に身を包んだ新入生・新社会人がみられるようになりました。

そんな初々しい時期がわたしにも・・・と思い出そうとすると遠い目になります。

それはさておき、2週間が経ちましたが、みなさん少しは緊張もほぐれましたか?

そんな中、香川では先週末はいろんな所で桜まつりが行われていたようです。

土曜日は瀬戸内春の風物詩・濃霧によって、海上では早朝から昼過ぎまで停船勧告が出され船は港で足止めでしたが、日曜は前日の天気が嘘のように晴天となり、お花見の名所は人で溢れかえったそう!

それでも「まだお花見に行けていないよ・・・」とお嘆きの方に朗報!

場所によっては今週末もまだ満開~散り始めとお花見チャンスありです。

<2017.4.13時点 瀬戸内海国立公園 香川県サクラマップ>

■屋島(高松市)

***アクセス***

琴電屋島駅・JR屋島駅~山頂駐車場まではシャトルバスがあります。

屋島山上シャトルバス時刻表運賃

***山上コースタイム***

山頂駐車場~北嶺・千間広場:約1.3㎞・徒歩約20

北嶺・千間広場~遊鶴亭(ゆうかくてい)展望地:約1.0㎞ 徒歩約15

南嶺周遊なら約1時間程度、水族館や広場でのんびりしたい方は+1~2時間。

4月初旬にはサクラが咲き始めた屋島ですが、もう少し見られそうです。

<屋島北嶺・千間広場>ソメイヨシノも満開!

<左:コバノミツバツツジ 右:モチツツジ>

お天気がよければお弁当を持って、広場でランチもいいですね♪

近くではコバノミツバツツジが咲き始め、薄いピンクのモチツツジもまもなく開花しそうです。

広場にある池からは、一瞬「鳥?」と勘違いしてしまうキョッキョッと鳴くニホンアカガエルの声が聞こえてくることも。もちろん、野鳥の鳴き声の聞こえますし、ミサゴの姿も見られるかも?

屋島ドライブウェイの道沿い(2017.4.12

車道沿いのソメイヨシノがなんともキレイで見入ってしまいそうになりますが、よそ見厳禁です!

巡視に行ったこの日も乗用車1台が水路に脱輪していました。。。特に土日は大勢の方が訪れるので、よそ見運転、見通しの悪いカーブ付近での路上駐車などはお止めください。

■紫雲出山(三豊市)

「しうでやま」と読むここは、香川県西部にある荘内半島の中央に位置します。

2年ほど前に成田空港が出した日本の絶景カレンダーでも桜の風景が掲載された紫雲出山。

また最近だとYahoo!の「日本が誇る桜の絶景15選」にも選ばれたそうで人気急上昇。

2年前にARが撮影した、紫雲出山から塩飽諸島を望む風景>

<展望台は荘内半島三崎灯台まで見渡せます>

<右:ヨウコウザクラも満開でした!>

2017.4.13時点

山頂にはソメイヨシノ、ヤマザクラ、白いオオシマザクラ、濃いピンクのヨウコウザクラと本数が多いだけでなく種類も豊富です。またヤブツバキやベニアラジンなどの園芸種ツバキ数種もまだまだ咲き残っていますよ。

巡視日は平日だった関わらず山頂駐車場は常に満車という人気振り!

ただし、麓から山頂駐車場までの道は狭く、見通しが悪いため、ガードマンさんの誘導に従って、スピードは出さずに安全運転でお越しください。

「お天気もいいし登りたい!」という方は、四国のみちからどうぞ。船越八幡神社に駐車して、山頂までは徒歩約1時間。イノシシによって少し路面が荒れていますので、トレッキングシューズなど滑りにくいシューズ、また水分もしっかりご準備くださいね。

<左:穴場スポット発見!乳薬師から見渡す港町>

<右:趣のある船越八幡神社>

***アクセス・その他情報***

四国のみち紫雲ロマンのみち

また交通や他情報については、下記HPもご覧ください。

三豊市観光協会HP

■香色山(善通寺市)

四国八十八ヶ所霊場総本山・善通寺の西に位置するぽこっとしたかわいらしい山。

山頂まで約1㎞とお散歩にちょうどよく、善通寺市内~飯野山、また瀬戸内海も見渡せる展望地があります。

サクラは麓の公園近くだけですが、この日はマダム達が楽しそうにお花見をしていました。

<左:稲荷神社 右:山頂からの景色>

サクラ満開の時期に見るのもいいですが、散り始めもサクラが舞う中でいられる風情あるとっておきの空間。

さぁ、待ってはくれない春。もうすぐ終わってしまいそうな春だけのスペシャル風景を楽しみましょう。

ページ先頭へ↑

2017年04月12日【隠岐・西ノ島ビーチクリーン'17】

大山隠岐国立公園 柳川 にいな

みなさん、はじめまして!

4月から大山隠岐国立公園隠岐地区の新たなアクティブ・レンジャーとして活動しています柳川です。

隠岐に来てからというもの、広大な自然と温かな島民の皆さんに迎えられ、心打たれる毎日を過ごしています。

そんな私が感じた隠岐の魅力を是非ともみなさんと共有していけたら、と思っております!

さて、まだ働き始めて一週間程しか経っていない私ですが

さっそく西ノ島で行われた【隠岐・西ノ島ビーチクリーン'17】に参加して来ました!

会場は国賀浜、 

隠岐一とも称される景観美を誇り国立公園内にある絶景スポットの一つとして人気です。

    

島前(どうぜん)のこのあたりに位置します→

島後(どうご)からだと

フェリーに乗って1時間半で着きます。

余談ですが

4月1日(土)から 30日(日)にかけての一ヶ月間、

西ノ島では「国賀開きフェスタ2017」が開催されていて、夜神楽や夜桜ライトアップなど

西ノ島独自の文化に触れられるイベントが用意されています。

http://www.kankou-shimane.com/ja/event/detail/4123

ビーチクリーン参加のため前日入りする予定となり、

これは夜神楽を観る良いチャンスだ!! と意気込んでいたのですが.... 

まれに見る濃霧の影響で高速船も飛行機も欠航。

イベント当日朝一番のフェリーで会場へ向かい途中参加することになりました。

遅れること30分、急いで向かった会場には天候の影響も受けずに多くの人が!

地元の高校生を中心に子供から大人まで国賀海岸を愛する人たちが集まっていました。

      私たちも各地に散らばってゴミを集めます。

     

                 観光名所の通天橋にも多くの漂着ゴミが流れ着いていました↑