ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

瀬戸内海国立公園 松山

151件の記事があります。

2017年09月11日29年度 磯の観察会 「潮だまりの生きものを捕まえよう!」

瀬戸内海国立公園 松山 福田学

4年ぶりに松山自然保護官事務所主催の自然観察会を開催しました。瀬戸内海国立公園の大角鼻で磯の生きものを捕まえて観察します。

大角鼻は多島海景観に来島海峡大橋の展望地としてはもちろん、海水浴やキャンプ、バーベキューなどでもにぎわう人気のレジャースポットです。

お昼を過ぎるころ、バーベキューの肉が焼ける匂いの中、参加者が集まりました。

榊 自然保護官から身近にありながら豊かな自然を持つ瀬戸内海国立公園の紹介のあと、観察会の始まりです。

観察場所の大角鼻に移動すると、潮が引いて岩がむき出しになっています。ここで講師の西条自然学校 山本貴仁先生の登場です。磯の生きものことなら何でも知っている頼もしい先生です。磯での遊び方と注意点を教わって磯に踏み出しました。

【磯ってどんな場所?】

磯は潮が引いたり満ちたりする間に陸地になったり海中になったりするところです。潮が引いたときに岩のくぼみに残された「潮だまり」にはいろんな生きものが棲んでいます。磯の高いところと低いところでは、棲んでいる生き物の種類が違います。

磯の上部にはとても小さな貝「アラレタマキビ」がたくさんいました。そこは潮が満ちても海の中にならない場所です。海辺にいながら水が苦手な貝なのです。日に照らされて熱くなった岩から少しでも体を遠ざけようと、つま先立ちになります。

この辺りにはフナムシもたくさんいました。「フナムシ」は何でも食べてしまいます。革でできた靴やベルトなども食べてしまうのです。ほかの生きものの死骸などを食べてくれる海辺の掃除屋なのです。

磯の中間には「ウノアシ、カラマツガイ、ヒザラガイ」などの岩にぴったりと張り付いた生き物がいます。この貝たちは潮が満ちると活発に動き餌を摂り、潮が引くと家に帰るように同じ場所に戻るので、その場所は薄らと窪んでいます。

ウノアシ

カサガイ

ヒザラガイ

この辺りには「ケガキ」という、とげとげがいっぱい突き出た貝もいます。

磯の下部には素早く動く魚たちが見えるようになりました。黒いしましまの魚「ゴンズイ」の群れが泳いでいます。たくさん集まり玉のようになるので「ゴンズイ玉」っていうんだよと、自然公園指導員の小澤先生が教えてくれます。

ゴンズイ

他にもこんな魚が捕れました。

左からゴンズイ、ヘビギンポ、ナベカ。

派手なオレンジ色はイカを釣る疑似餌で餌木(えぎ)といいます。

この辺りでムラサキウニが捕れました。

ムラサキウニ

透明な水槽に入れてみると、生き生きと伸び縮みするウニの足(管足といいます)をじっくりと観察することができました。

みんなの水槽はどんどん生きもので満たされます。中にはビーチグラスや貝殻や海藻でセンス良く水槽を飾る子もいました。

自然と山本先生のまわりに子供が集まります。

この真剣なまなざし!

お母さんも楽しんでます。

お父さんを振り返る母と子供、素敵な風景です。

次に大きな「潮だまり」に移動です。山本先生の話を聞きながら、生きものが油断して出てくるのを待ちます。

山本先生の話

20年前の磯は、もっとたくさんの生きものであふれていた。海はその頃よりきれいにはなったけど、なぜか生きものが少なくなっている。その原因はよくわからない。この磯には泥のようなものが溜まっているが昔は、なかった。災害を防ぐための砂防ダムができて大きな石は止めてくれるけど、細かい泥だけが海に届くようになっているのかな?

太陽に照らされて水温の上がりやすい潮だまりに棲む生き物は、環境の変化に強い生き物が多く家に持ち帰っても飼いやすいそうです。

しばらくまったけど生きものが出てこないので、みんなで潮だまりに入ります。

ここでは細長い腕で素早く動くクモヒトデがいました。

みんなまだまだ捕まえたそうにしていたけど、これで観察会は終わりです。

最後に捕まえた生きものを海に帰しました。

生きものを捕まえようとする中で、どこにいるのか、何を食べるのか、どうやって動くのかなどを学べたのではないでしょうか。

この身近で豊かな自然を守っていきたいですね。

みなさん、ありがとうございました!

おまけ♪

夢中で生きものを追いかけて、お尻はびしょびしょ、長靴はちゃぷちゃぷに。

お父さんとお母さんに見守られて思い切り遊べましたね。

ページ先頭へ↑

2017年08月08日小さな湿原、生き物たちの繋がり

瀬戸内海国立公園 松山 福田学

「こんにちは」とそばかすだらけの顔をのぞかせるのは、コバネイナゴの幼虫です。
すっかり夏の装いとなった、医王池(通称蛇池)の様子をお伝えします。

蛇池は湿地植物が豊富で、愛媛県の天然記念物に指定されています。

蛇池といえばサギソウです。えひめ自然百選の一つに選定されています。

しゃがみこんで視点を低くすると、湿原植物の森をシラサギが、翼を広げて飛んでいるように見えます。

湿原植物の森を形作るのは、カヤツリグサ科とイネ科の植物です。背丈が高く、細長い葉が特徴です。

コマツカサススキ

カモノハシ

細長い葉に擬態し、餌とする生き物といえば、ショウリョウバッタです。日本最大種のバッタで8月の旧盆(精霊祭)の時季になると姿を見せることが、この名前の由来の一つです。オスのほうが体が小さく、飛ぶときに前後の翅を打ち合わせてチキチキと音を出すので、チキチキバッタと呼ばれたりもします。

ショウリョウバッタ♀

ショウリョウバッタ♂

イネ科の植物の汁を餌とするのはホソハリカメムシです。水田の稲の害虫としても有名です。

細長い葉に擬態するハンターもいます。それはカマキリです。まだ子供のカマキリですが、なかなかの面構えです。

ヌマトラノオの群生です。

虎の尾という名ですが、とても可愛らしいです。虎のしっぽが、こんな花柄だったら楽しいですね。

最後に登場するのは、ナガコガネグモです。とても美しい姿のクモです。
ナガコガネグモ♀


ナガコガネグモ♂


クモの巣に特徴があり、スタビリメンタムと呼ばれる、白い帯状の模様で巣を飾ります。スタビリメンタムの機能には多くの説があり、カモフラージュ、体を大きく見せるため、網の安定、紫外線光を反射させて獲物をおびき寄せるなどなど、いろいろ言われています。またその形はクモによって異なり、デザインを競い合っているかのようです。

小さな湿原に広がる生態系をのぞいてみませんか?

ページ先頭へ↑

2017年07月07日海開き神事と医王池

瀬戸内海国立公園 福田学

梅雨の合間を縫って、海開き神事が行われました。

まもなく海水浴シーズンですね。

休暇村瀬戸内東予のビーチには、祭壇が祀られて海の安全を願う関係者たちが集まりました。

真砂によせる潮騒と厳かな神職の祝詞が、霧でかすむ海に溶けていきました。

ビーチに響く子供たちの歓声を待ち遠しく思います。

休暇村瀬戸内東予の近くには、愛媛県指定天然記念物の湿地植物が観察できる、医王池(通称 蛇越池)に隣接する湿地があります。まだ花の時期には少し早いようですが、こんな生き物たちが集まってきていました。

シオカラトンボ

シオカラトンボ

ショウジョウトンボ

ショウジョウトンボ

チョウトンボ

チョウトンボ

キチョウとネジバナ

キチョウとネジバナ

ショウジョウトンボとニホンカナヘビ

ショウジョウトンボとニホンカナヘビ

湿地ではよくこんなものを見かけます。

ギラギラとした虹色の油膜のようなもの・・・。

酸化

なにか良からぬモノが地中に隠されているのでは?なんて考えてしまいますが、正体は湿原の水に溶けている鉄イオンを空気中の酸素や、鉄バクテリアが酸化させて起こる自然現象だそうです。

海水浴と合わせて医王池ものぞいてみてくださいね。

ページ先頭へ↑

2014年10月23日秋の散策

瀬戸内海国立公園 松山 上野 真梨子

皆さんこんにちは。
だんだんと日が落ちるのが早くなってきました。

先日は今治方面へ行きました。
まず大角海岸です。
台風の影響でゴミが打ち上げられていました。


■ホオジロ ホオジロ科
「一筆啓上仕り候(いっぴつけいじょうつかまつりそうろう)」
という聞きなしで知られています。
市街地にもいる鳥なので声を聞いているかも知れません。
どのように聞こえるか聞いてみて下さい。

☆聞きなしとは・・・
鳥のさえずりをヒトの言葉に置き換えたもの。
ホトトギスの「特許許可局・てっぺんかけたか」など。

■水浴びの様子


■午前の磯
午後にも同じ場所から写真を撮ります。

次に桜井海岸へ行きました。
この海岸は日本の渚百選に選ばれている海岸です。

秋になり、キク科の植物が花を咲かせています。

■ツワブキ キク科
葉っぱだけの状態を夏に海水浴に来られた方は
見ているかも知れません。


■ヤクシソウ キク科
ニガナに似ていますが、秋に咲きます。
葉っぱが茎を抱いているのが特徴です。

キク科の中には、
「セイタカアワダチソウ」も入っています。
知られている方も多いと思いますが、
『外来種』です。
繁殖力が強く在来の植物を枯らしてしまします。
在来植物を守るためにも外来種の繁殖を防ぎましょう。


■サルトリイバラ ユリ科
ツル性の植物で茎にはトゲがあります。
猿もツルのトゲに絡み捕られるという意味から
猿捕り茨という名前になったそうです。
赤い実をつけますが、まだ熟していなかったようです。

まだまだトンボの季節は終わりません。
蛇池湿地では、アカトンボがたくさん飛んでいました。

■ノシメトンボ トンボ科
翅の先端に斑紋が有ります。
見た目が赤黒い、アカトンボの仲間です。


■ツマグロヒョウモン♂ タテハチョウ科
以前にも紹介しましたが、翅を広げている所を
撮ることが出来ました。
オスとメスでは柄が違うので、是非探してみてください。


■スイラン キク科
名前に「ラン」とありますが、キク科の植物です。
葉っぱがランのように細長いことから、この名前になったそうです。


■キセルアザミ キク科
上向きに咲かず、横向きに咲き下を向く。
変わった咲き方をします。

潮の干満差を見るために、午後にも大角海岸へ行きました。

■午後の磯
タイドプール(潮だまり)には、毎回違う生き物がいます。
潮の引いたときに観察して見て下さい。


■ツワブキ キク科
大角海岸のツワブキはまだ咲いていませんでした。


寒くなりましたが、体調管理に気をつけましょう。


ページ先頭へ↑

2014年10月07日

瀬戸内海国立公園 松山 上野 真梨子

みなさん、こんにちは。
台風18号が過ぎ、秋晴れの空が広がっています。

先日今治方面へ行って来ました。
蛇池湿地では秋の花や虫たちを見ることが出来ました。
まず見つけたのは、小さなトンボです。

○ヒメアカネ♂ トンボ科
「ヒメ」といのは小さいという意味があり、アカトンボの中でも
小型のトンボなのでヒメアカネという名前が付いています。
顔の部分が青白いのが特徴的です。


○ナツアカネ♂ トンボ科
秋と言えばアキアカネですが、ナツアカネというトンボもいます。
全体的に赤色が多く、顔の先から尾まで赤いトンボです。


○ミヤマアカネ♀ トンボ科
翅の先端より内側に褐色の帯があるのが特徴的です。
今回は3種類のアカトンボに出会うことが出来ました。

湿地性の植物は独特なものが多く、見ていて飽きません。

○コバナノワレモコウ バラ科
湿地に生えるバラ科ワレモコウ属の植物で、
8月~10月頃に先の方から開花していきます。

○ナガボノアカワレモコウ バラ科
コバナノワレモコウより少し大きく、紅紫色をした花をつけます。


○サワヒヨドリ キク科
湿地に咲くヒヨドリバナの仲間です。
ヒヨドリが鳴く頃に咲くので、ヒヨドリバナ
という名前が付いたそうです。

秋と言えば、秋の七草です。
ハギ・ススキ・クズ・ナデシコ・
オミナエシ・フジバカマ・キキョウの七草です。

万葉集の山上憶良(やまのうえのおくら)が詠んだ歌から、
秋の七草が親しまれるようになったとされています。
「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり)
 かき数ふれば 七種(ななくさ)の花
 萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴
 朝貌(あさがお)の花」

外に出かけられたときは、秋の七草を探してみて下さい。



ページ先頭へ↑

2014年10月02日四国最西端へ

瀬戸内海国立公園 松山 上野 真梨子

こんにちは。
10月に入りました。
今週は曇り空が広がりそうですね。
涼しくなればアウトドアに出かけるのに最適ですが、
気温差に気をつけて調節出来る服装で出かけるといいかもしれません。

先日佐田岬に行きました。
愛媛の最西端に位置する佐田岬ですが、
松山市から車で約3時間弱かかります。
佐田岬半島と呼ばれる突き出た半島を走り
先端の佐田岬まで行きます。

□駐車場からの景色
透明感のあるキレイな海です。

遊歩道を進み灯台まで行きます。
道のりは約1800mです。

海から来る強い風が木々をすり抜け、やわらかな
気持ちの良い涼しい風となり吹いていました。
歩道は木陰だったので歩くのに最適です。

佐田岬と言えば、アサギマダラが渡りの途中に
立ち寄ることで知られている方もいられるかもしれません。
今回は写真の一頭しか見ることが出来ませんでした。

□アサギマダラ タテハチョウ科
マダラチョウの仲間で春に北上し、夏に南下する渡りを行うチョウです。
夏の終わりから秋にかけて見られるそうですが、9月の終わりには
少し遅かったのかも知れません。

最初に見つけたのは、死んでいるアサギマダラでした。
残念ですが、力尽きてしまったのか他の生き物に襲われたのか、
自然の中で生き抜くのは大変です。
その後、少し歩くとちょうど飛んでいるアサギマダラを見つけました。
太陽に照らされふわふわと飛ぶ姿はキレイでとても優雅でした。



テンナンショウの仲間の群落がありました。


□トベラ トベラ科
節分の日に扉に挟み「厄除け」「鬼払い」をする風習から
扉の木→トベラという名前になったそうです。


□椿山展望台から見た景色
佐田岬の灯台です。大きくて立派です。
太平洋と瀬戸内海の海を楽しめます。
瀬戸内海側の海はゴウゴウと白波を立てていました。


階段を登ると、

このような石版が設置されています。
灯台に行かれた際は記念に撮影してみて下さい。

ページ先頭へ↑

2014年09月16日笠松山

瀬戸内海国立公園 松山 上野 真梨子

こんにちは。
少しづつ秋が近くなり、朝が寒くなり始めました。

今治市の笠松山へ行きました。
平成20年に山火事で焼失した植生の回復を見ています。


まず見つけたのが、ツルボです。

●ツルボ ユリ科
淡い紫色の花をたくさんつけます。
オニツルボというツルボより大きい種類もあります。


小川が流れる湿気の多い山なのでコケがたくさん生えていました。


●笠松山道中
松林の中は蝉の声であふれていました。


●キアゲハ アゲハチョウ科
アゲハチョウとよく似ていますが、

赤い丸で囲まれた部分に模様があるか、
塗りつぶされているかで見分けることが出来ます。
ぜひ、見つけたときはじっくり観察してみてください。



実りの秋が近づいています。
イガグリに触るときはトゲに気をつけてください。


●オオシオカラトンボ トンボ科 ♀
笠松山山頂付近ではトンボがたくさん飛んでいました。


●笠松山山頂付近からの眺め
目の前には今治市が望めます。
晴れた日にはもっと遠くまで見渡すことが出来ます。


焼けた木々の間から飛び出す岩は人の横顔のようにも見えます。

笠松山は遊歩道が複数あるので、色々な角度から登ることが出来ます。
是非試してみてください。

ページ先頭へ↑

2014年09月09日今治のいきもの No,2

瀬戸内海国立公園 松山 上野 真梨子

こんにちは。

8月も終わり松山の国立公園展は無事終了しました。
ご来場下さった皆様、ありがとうございました。

先日今治市の休暇村へ行って来ました。

桜井海岸の松林やハマゴウの群落を歩いていると
たくさんの生き物に出会いました。
まず見つけたのは、シオカラトンボです。

□シオカラトンボ トンボ科 
黒い部分が多いのがシオカラトンボの特徴です。
一般的によく見られるトンボです。



□アゲハチョウ アゲハチョウ科
ハマゴウのあたりをずっと飛んでいました。
青い斑点がとてもキレイです。


□ツマグロヒョウモン タテハチョウ科
飛んでいると分かりませんが、とまると模様がたくさんあります。


マツボックリにくっついているテントウムシを見つけました。

次に、蛇池湿地に行きました。



設置させている木道を歩いていると、ニホントカゲを見つけました。

20cmくらいの大きさでした。
写真には撮れませんでしたが、
小さいトカゲやカナヘビも見ることが出来ました。


□ショウジョウトンボ トンボ科
夏の初めに見た時よりもさらに赤くなっていました。

日中はまだ暑いですが、
散歩がてら自然観察にぜひ出かけてみてください。


ページ先頭へ↑

2014年08月20日今治のいきもの

瀬戸内海国立公園 松山 上野 真梨子

こんにちは。
お盆は台風で雨が続きましたが、
今は夏空が広がっています。

今治市にある東予休暇村に行きました。
桜井海岸という白砂青松の海岸があります。
砂浜にはハマゴウが咲いていました。

○ハマゴウ クマツヅラ科
独特のにおいがあります。
昔はお香の代わりや燻って蚊よけにしたりと様々な方法で使用されていました。
見かけたらにおいと花の形を是非観察してみて下さい。


○センニンソウ キンポウゲ科
漢字で書くと仙人草。
名前の由来は実につく羽毛状のものが仙人のヒゲに見えることから、
センニンソウという名前になったそうです。
今回はそのヒゲを写真に納めるにはまだ早かったようです。
白い花が眩しいですが、4つの白い部分は萼だったそうです。
キンポウゲ科には多く見られる特徴です。
そしてもう一つの特徴が有毒。
草の汁が皮膚に付くとかぶれを起こすこともありますので、
触るときは注意して下さい。

その後は桜井海岸から休暇村本館へ続く遊歩道を歩きました。
少し歩いているとアオバトが鳴き始めました。
姿を探しましたが見つけられませんでした。
葉っぱと同じ色のアオバトを見つけるのは難しいです。
近くに巣があり警戒して鳴いているのだろう思います。
アオバトの鳴き声を聞いた事はありますか?
最初は少しうなったようにウーと鳴き、その後はアーオーと鳴きます。
うなり声のように聞こえると少し気味が悪いですが、
その後のアーオーと聞くとホッとします。

アカテガニの穴がたくさん開いていました。

じっとして待ってみましたが姿は見られず、
ですが、
上まで登って降りてきたときに出てきていました。

威嚇まではされませんでしたが、近づきすぎると逃げてしまうので距離を保ちながら写真撮影。

その後蛇池湿地に行きました。
とうとうサギソウが咲いていました。

○サギソウ ラン科
蛇池湿地に咲くサギソウは植えられたものですが、とてもきれいに咲いていました。
思っていたよりも小さく、はかなげでした。


○お知らせ~○
中国四国の国立公園展 
~アクティブレンジャーが伝える自然と活動~
が愛媛に回ってきました。
順番に回ってきていた写真展を松山市内で行います。

中国四国地方に勤務するアクティブレンジャーが撮った写真を
展示し、国立公園の自然や取り組みを紹介します。

○展示開場○
松山市都市環境学習センター
愛媛県松山市朝日ヶ丘1丁目1633-2 松山総合公園 管理棟1階
8月2日~8月31日まで開催。
(開館時間10時~16時30まで。月曜休館日)

↓詳しくはこちら↓
http://c-chushikoku.env.go.jp/to_2014/0801a.html

ページ先頭へ↑

2014年08月04日写真展開催!!

瀬戸内海国立公園 松山 上野 真梨子

台風が近づき松山は曇り空が広がっています。

中国四国の国立公園展が8月2日にスタートしました。
アクティブレンジャー(AR)が自然や、イベント風景を撮影した写真を展示しています。
各地で行われる活動や自然はすべて違います。
知らない場所の風景や美しい自然を是非ご覧下さい。

前日から写真展の準備を行いました。
台風の影響で雨が降ったり止んだりしていました。
愛媛県の会場は、「松山市都市環境学習センター」で行われています。
子供達がクラフト体験を行ったり、外で虫取りを行ったりと様々な体験が出来る場所です。

開場はスロープ状の壁を使って展示しています。
7カ所の写真を展示しているので、展示写真は30以上あります。
瀬戸内海を紹介したパネルもありますので、是非ご覧下さい。


アンケートもありますのでご協力お願いします。
展示写真のほかに松山で撮影した写真を名刺サイズにして置いています。
お子様向けに折り紙やシール・バッチを置いていますので、来られた際は是非お持ち帰り下さい。

都合が合えば是非お越し下さい。

○展示開場○
松山市都市環境学習センター
愛媛県松山市朝日ヶ丘1丁目1633-2 松山総合公園 管理棟1階
8月2日~8月31日まで開催。
(開館時間10時~16時30まで。月曜休館日)

↓詳しくはこちら↓
http://c-chushikoku.env.go.jp/to_2014/0801a.html
http://ehime-seitaikei.info/toshikan/

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ