ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年6月

20件の記事があります。

2017年06月30日国立公園島根半島 「加賀の潜戸」へ潜戸太鼓を奉納する桂島海開きが開催されます!

大山隠岐国立公園 大山淳子

大山隠岐国立公園内島根町加賀にある、加賀の潜戸(かかのくけど)は、

国の名勝・天然記念物に指定されています。

それが今年、指定されてから90周年を迎えます。

加賀潜戸遊覧船でいくことができる

加賀の潜戸は、長い年月をかけ、断層や浸食によってできた

新潜戸(しんくけど)と旧潜戸(きゅうくけど)からなっています。

先日、私も大山隠岐国立公園の魅力の把握のために、乗船してきましたので、

そのときの写真とともに紹介していきます。

新潜戸は、高さ40m、長さ200mの海の大洞窟です。

灯台と海から見た新潜戸潜戸内から見た海(写真右:潜戸内から撮影。写真では伝えられないほど壮大な洞窟です。)

新潜戸からちょうど見える的島神話で、支佐加比売命(きさかひめのみこと)が猿田彦ノ命(さるたひこのみこと)を産んだ場所といわれており、暗い洞窟内で、支佐加比売命は、黄金の矢で洞窟を射ました。その際、開いた穴から光が射し込み、洞窟内が光り輝き、「あゝ、かかやけり」といわれたのが、「加加(かか)」の地名のはじまりで、後に「加賀」と改められたといわれています。(濁らず"かか"と読みます)

射られた金の矢は勢いあまって沖の島まで貫通させ、猿田彦ノ命がこの穴を的に弓の稽古をされたので、この新潜戸から奥に見えている島は的島(まとじま)とよばれています。

船頭さんの素晴らしい腕により、船がギリギリ通れるくらいの幅の入り口を抜けて、洞窟からは、入り口の天井から滴った水の歓迎を受けました。とても冷たく、神秘的な印象を受けました。潜戸内を航行している間もなんだか別の世界に来たような気持ちになりました。

旧潜戸は、西日本唯一の「賽の河原」(さいのかわら)があります。

(写真左:海側からみた旧潜戸。

 写真右:旧潜戸内より撮影。フレームに収まらないほどの大きさ。)

海側から見た旧潜戸潜戸内から撮影

賽の河原は、幼くして亡くなったこどもたちが、母・父を想い、河原の石を積み上げるといわれています。積んだ石を、鬼たちが倒していくが、お地蔵様が鬼を追い払い、助けてくれると伝えられています。

新潜戸は神潜戸、旧潜戸は仏潜戸とも呼ばれており、

加賀の潜戸は2つの異なった印象を持つ神秘的な景勝地です。

長いトンネルを抜けて出た先には、こどもたちが一生懸命積み上げたと思われる石の塔が奥の方まで続いています。

こどもたちを想って供えられたと想われるおもちゃや花がたくさん供えられていました。

幼くして亡くなってしまったこどもたち、これから一緒に歩いていこうとしていた親御さんたちの想いも詰まった場所だと感じました。

その加賀の潜戸に向かって、潜戸太鼓を奉納するイベントも用意されている、

桂島海水浴場海開きが、7/9()に行われます。

桂島海水浴場海開き案内

10:30から、桂島で海の安全祈願の後、

11:00から、

海では、漁船・遊覧船によるパレードが、

陸では、加賀の潜戸に向かって、潜戸太鼓の奉納が行われます。

今年の海での安全を願って、ぜひ足を運んでみて下さい。

ページ先頭へ↑

2017年06月30日【お知らせ】 中国四国の国立公園展(香川)スタート!

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

6月下旬より、中国四国地方で活動するアクティブ・レンジャー(以下AR)が企画し、各地を巡回する「中国四国の国立公園展~アクティブ・レンジャーが伝える自然と活動~」が五色台ビジターセンターで始まりました!

平成22年度から始まり、今年で8回目を迎える企画展。

これは、私たちARが日頃の業務の中で出会った素晴らしい風景や自然を守るために活動する人々を写真におさめ、皆さんに国立公園やラムサール条約登録湿地を含む国指定鳥獣保護区を紹介するものです。


中国四国地方には、3つの国立公園があり、それぞれ違った特徴があります。

■大山隠岐国立公園

・火山を中心とした山岳、高原景観の中国山地最高峰の大山から蒜山・毛無山

・国宝・投入堂をはじめ山岳信仰関係の施設群がある三徳山

・隆起・沈降海岸が美しく、出雲大社や日御碕神社など神話や伝承が数多く残る島根半島

・山麓の牧歌的な風景と火山活動で生じた3つの湖沼が変化を生む三瓶山地域

・海蝕崖景観と固有種など独自の生態系をもつ隠岐

■瀬戸内海国立公園

11府県にまたがる最も広域で、雲仙、霧島とともに日本で最初に指定された国立公園

・穏やかな内海に大小1000あまりの島々が点在する美しい多島海景観

・古くから人が暮らし、段々畑や古い港町の家並み、寺社仏閣など歴史・文化が自然と共存し、

 人の営みが溶け込んだ人文景観

・白い砂浜と青々とした松が印象的な白砂青松の海岸

■足摺宇和海国立公園

・黒潮に洗われた隆起海岸、断崖が連なる豪壮な景観が特徴的な足摺海域

・波風による浸食でできた奇岩と古生物の足跡がみられる竜串

・沈降海岸の細やかな入り江と豊後水道の島々がみせる優美な多島海景観の宇和海

・サンゴや色鮮やかな熱帯魚などが見られる海中景観

・滑らかな河床が特徴の滑床、アケボノツツジが咲き誇る篠山

それぞれの国立公園の特徴をざっと挙げてみましたが、地元の方でも意外と知らなかった!ということがあるかもしれません。

プロカメラマンのように撮影技術があるわけではありませんが、皆さんに「伝えたい!もっとこんな魅力的な場所があること教えたい!」という気持ちは溢れんばかりです!

ぜひ、お時間ある方は見に来てくださいね~。

【五色台ビジターセンターのようす】

ページ先頭へ↑

2017年06月30日瀬戸内海国立公園の自然4「極楽寺山 スイレン」

瀬戸内海国立公園 川原康寛

いよいよ梅雨本番になって、空を見上げるとちょっぴりネガティヴになってしまう時期になりました。そんなときは、無理をせず、下を見て楽しみましょう。

今回ご紹介する瀬戸内海国立公園の自然は「極楽寺山のスイレン」です。

瀬戸内海国立公園のほとんどは海域もしくは島しょ域なのですが、この極楽寺山は珍しく、本土の陸域に位置している瀬戸内海国立公園です。

↓地図(Google Map

https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%A5%B5%E6%A5%BD%E5%AF%BA%E5%B1%B1%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E5%A0%B4/@34.3906824,132.3090072,16z/data=!4m5!3m4!1s0x355abeaaf8323587:0xed63917ad5bb6d10!8m2!3d34.390709!4d132.3132022

極楽寺山には「蛇の池」という大きな池があり、ここに約500株ものスイレンが植わっています。梅雨時期になると、赤色や白色など目に楽しい花々が開き出します。

6月中旬に見に行くと、まだ半分以上がツボミで、残念ながら池一面のスイレンの花は見られませんでした。

奥に見える白い点は、全部スイレンのツボミです。

6月下旬から7上旬が見頃ですので、まさに今の時期にぴったりの瀬戸内海国立公園の自然スポットと言えるでしょう。

雨に濡れるスイレンの花に心を癒やされるのも、粋な梅雨の過ごし方かもしれませんね。

ページ先頭へ↑

2017年06月29日【イベント告知】オオキンマン リターンズ!

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

今月6回目の投稿ということに、自分で戦慄しています。

土佐清水のたによしです!

早速ですが、これをご覧ください。

 

         6月9日                    6月29日

9日は、直前に海岸清掃が行われたため、まぶしいほどの白く美しい砂浜でした。

それが一変!ここ最近の雨や低気圧で、

わずか20日の間に、大量の海藻が打ち上げられていました。

海藻だけなら自然に還るので問題ないんですが・・

よーく見ると、プラスチックや縄、網、ペットボトルなどが絡まっています。

これからの海水浴シーズンに向けて、少しでも海岸をきれいにしたい!

そんなとき、大岐に現れるモンスターがいるのです。

そう・・オオキンマンがまたやってきました!!

大岐の浜の漂着ゴミを拾いながら、

そのゴミの一部でアートを作るこのイベント。第2弾を行います!

(第1弾の様子はこちらをご覧ください)

 

*********************************

日時:7月8日(土) 9:00~12:30

予備日22日(土)

対象:だれでも! ※小学3年生以下は保護者同伴です

参加費:200円(保険代)

持ち物:飲み物、軍手、帽子

!!完成した作品は、7月中大岐の遊歩道沿いに展示します!!

くわしくは、チラシまたはこちらをご覧ください♪

*********************************

「浜のゴミ、気になってたよ~」

「アートのセンスに関しては、ちょっと自信あるのよ」

「オオキンマン、ゲットしたい!」

          という人にオススメですよ。

夏に海辺で遊ぶなら、やっぱりきれいな浜がいい・・・

一緒にオオキンマンを捕獲しませんか?

ページ先頭へ↑

2017年06月28日【体験教室】 五色台を描こう!スケッチ会

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

6月の五色台体験教室は、見たままの五色台を描くスケッチ会。

植物を描いてもよし、風景を描くもよし、参加者が見たままの五色台を画用紙いっぱいに描いてください。

今回の講師は、県内で活躍する小学校教諭・谷口さん。

さすが小学校教諭だけあって、年齢別に適した画材や描き方、対象物の見方などコツを分かりやすく教えてくれます。そして、昨年同様、香川短期大学デザイン・アートコースから6名の学生がお手伝いに来てくれました。


【こんなふうにしてみるといいよ】

まだ未就学児の小さな子どもはクレヨンや色鉛筆など使いやすいものを、小学生以上になると水彩絵の具で色つけしたり、スケッチ対象物は色鉛筆で背景は絵の具などタイプの違う画材を合わせて使ってみたりとアイデアが膨らみます。

最初は何をどう描いていいか分からず、なかなか筆が進まなかった子どもも講師やスタッフのアドバイスによって少しずつ思い描くものができたようです。

【大人もみんな真剣!夢中!】

最後はみんなで発表会。

それぞれ個性あるスケッチができ、同じものは1枚もありません。

参加者が描いてくれたスケッチは、ビジターセンターにて8/18/31まで展示させていただく予定です。

ぜひ、お友達が描いたスケッチを見に来てくださいね。

【力作揃いのスケッチができあがりました】

子どもの頃は学校や夏休みの宿題などで絵を描く機会がありますが、大人になるとなかなかないですよね。かといって、子どもも宿題で描かなきゃいけないってなると「う~ん・・・」ってなりますが。

スケッチは紙とペンがあればいつでもでき、その時の気分によって色を付けてみたり、デッサンのように細かく描いてみたりと幅広く楽しめるアクティビティ。晴れたら外で、雨なら家の中から外の気になるものを、はたまた家の中にあるふとしたモノを描いてみたり。

描く対象物の特徴や「あ、こんなふうになっていたんだ~」と驚きの発見があるのもスケッチの醍醐味。

みなさんもぜひ気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

ページ先頭へ↑

2017年06月28日【イベント報告】城山散歩

大山隠岐国立公園 湯澤孝介

若干梅雨らしくなってきました。

雨がほとんどなかったので、少しほっとしてます。

さて、

遅くなりましたが、6月10日(土)隠岐の島町(島後)港町地区の城山(シロヤマ)で行った自然観察会「城山散歩」についてご紹介します。

会場の城山という名は、

戦国時代に当時の守護代であった佐々木氏によって国府尾城(コウノオ)が築かれたことから始まるそうです。山中にある国府尾神社は、それより以前鎌倉時代に建立され、信仰の対象となっていました。廃城後も神社は残り、周辺の植生は社寺林として適度な維持管理が行われてきました。

現在では大山隠岐国立公園に指定されているとともに、国の天然記念物であるカラスバト(準絶滅危惧/環境省)の生息地として知られています。

会場はこちら

どんよりとした天気は残念でしたが、無事スタートできました。

今回の講師は、ジオパークガイドの木村さんとジオパークガイド兼自然公園指導員の斉藤さんです。

鳥解説

木村さん(写真右)には野鳥について

斉藤さん(写真左)には動植物や歴史文化について解説いただきました。

 

鳥居  階段

国府神社鳥居                 西郷湾が望めます。

解説  移動

観察できる野鳥や聴こえてくる鳴き声の解説中。 鳥の声を聴き分けながら進みます。

ウォッチング  アカテガニ

エナガやヤマガラなど、身近な野鳥が観察できました。鳥は撮れませんでしたが、アカテガニがこんにちは。

階段を登る  社殿

階段をのぼると...               社殿が構えています。

棟札(提供:港町地区 奥本氏)

こちらは棟札です。

新築、改築時につくるこの棟札から、元禄10年(1697年)にはここに建てられていたことがわかります。

山頂付近では、当時の物見の場として利用されていた形跡を見ます。

社殿内

棟札や社殿から出た資料などを氏子総代に紹介していただきました。

運転されない方は御神酒をいただき、無事終了。


双眼鏡等を使っての野鳥観察や周辺植物の解説、総代による神社の歴史のお話を盛り込んだ「城山散歩」。

参加者の中には、数10年振りに来られた方や今まで一度も来られたことのない方もいたり。

地域の中にある自然、ヒトの歴史とともに歩んできた自然。

今回はそんな国立公園を舞台にお送りしました。

近くにお立ち寄りの際は、是非散歩してみてください!

ページ先頭へ↑

2017年06月28日国立公園島根半島 北浦海水浴場が海開きしました!

大山隠岐国立公園 大山淳子

6/25() 北浦海水浴場で海開き神事が行われました。

清めの雨の中、

海水浴場すぐそばの伊奈頭美(いなづみ)神社で、今年度も事故なく利用していただけるよう安全祈願祭神事、玉串拝礼が関係者により行われ、

浜では、海に安全祈願を行い、榊、御神酒、御神米を海へ流しました。

伊奈頭美神社を正面から撮影北浦海水浴場東浜での神事の様子

神事のあとは、地元のみなさん参加による地引き網が行われました。

雨の影響もあり肌寒い天気でしたが、たくさんのこどもたちが力いっぱい地引き網をひきました。

(中には腰まで浸かって網を引く姿も!)

地引き網の様子

豆アジなどの魚がかかっていて、見つけたこどもたちはうれしそうに親御さんに見せていました。

子どもたちが網に捕れた魚を探す様子

何年ぶりかの清めの雨にも恵まれて、無事に海開きが行われました。

北浦海水浴場は、遠浅で小さい子どもさんから大人の方まで家族でも楽しめる海水浴場です。

天気のよい日は、エメラルドグリーンに輝く海を、眼でも楽しめます。

また、SUP(サップ Stand Up Paddle boat)というボードの上に立って海上散歩ができるアクティビティもできたり、キス釣りなども人気のようです。

たくさんの方が、安全に海水浴を楽しめますように、改めてお祈りします。

ページ先頭へ↑

2017年06月28日瀬戸内海国立公園の自然3「厳島 ルイスハンミョウ」

瀬戸内海国立公園 広島 川原康寛

晴れた日には気温が30度を超えるようになってきて、日差しが痛く感じられるようになってきました。

海遊びを恋しく思いながら厳島の砂浜を歩いていると、何やら小さな生き物が道案内するように、私の数歩先を飛んでいきます。

今回ご紹介する瀬戸内海国立公園の自然は「ルイスハンミョウ」です。

海辺でデートするルイスハンミョウのカップル

体の大きさは2cmに満たない程度で、背中にはクリーム色と光沢のある緑~黒色の模様、頭には大きなアゴがあります。この特徴的な模様と立派なアゴから、ハンミョウは漢字で「斑猫」と書かれ、英語では「タイガービートル」と呼ばれています。どうやら日本でも海外でも、ネコのような印象を抱かれているようです。

ルイスハンミョウは西日本の海浜に広く分布していますが、最近は生息地である砂浜の環境が破壊されて、その数が著しく減少しています。そのため、環境省はレッドリストで、このムシを絶滅危惧IB(EN)類(近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの)としています。

日本各地の海浜の自然が失われる中、厳島は島全体がご神体とされていて護岸整備などがされず、自然のままの砂浜が多く残されています。自然豊かな砂浜を必要とするルイスハンミョウにとって、厳島はまさにオアシスのような場所なのかもしれません。

瀬戸内海の白砂青松の景色の中には、たくさんの生き物が暮らしています。

この夏、海水浴に出かけた際には、ぜひ足下を見てみて下さい。きっとおもしろい発見があるはずです。

ページ先頭へ↑

2017年06月22日✿足摺ヤブツバキ保全シリーズ⑨ メダケの使い方いろいろ

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

ついに梅雨らしい天気がやってきましたね。

アジサイがいよいよ見頃になった土佐清水からこんにちは。

さて、ヤブツバキシリーズ第9弾では

足摺岬で着々とその陣地を広げつつあるメダケにフォーカスします。

主役は今年のルーキーズ。

足摺岬小学校、中浜小学校の5・6年生たち、総勢12名です。

先生は、地元足摺のために日々汗を流している「足摺岬の自然を守る会」のトップスリーです。

まずは、前回の授業の復習で、

メダケがかつて生活の様々な面で利用されていたことや、

利用されなくなって以降の拡大の理由をおさらいします。

あまり利用されなくなったとはいえ、

いまでも足摺岬ではメダケのタケノコを食べるそうな・・

ということで、今回はメダケ利用のひとつである「食」を体験するべく、

メダケタケノコハンターになってもらいます!

 

虫やヘビに気をつけて・・次から次にゲットしていく子どもたち。

お次はタケノコの皮剥ぎです。

これも、地元のおんちゃんならではの「こつ」を伝授!

 

うまく剥けました~!

このメダケ、地元では「ニガタケ」という別名をもつ、アクのつよい竹なんですが、

ちょっとなめてみ、とそそのかされて悶絶する子数名。非常に苦いです。

あとは調理するだけとなったタケノコを手に、足摺岬小学校へ向かいます。

図書室にあつまって、今度はメダケにまつわる昔話。

土佐清水市の特産品でもあるソウダガツオを使った宗田節は、

メダケと深い関係がありました。それがこれ。

「せいろ」と呼ばれる蒸し器・乾燥器です。

右側のものが昔の手作りせいろ、左が現在のアルミやステンレス製のものです。

昔はせいろの編み目部分をメダケで作り、

使えなくなると、またメダケを切ってきて作り直していたそうです。

また、小学生には難しい言葉も多いですが、竹に関係する漢詩を見、大小の竹を見くらべながら、

それぞれものには使い道があること、個性をそれぞれ生かすことが大事、という教訓を得ました。

そしていよいよお待ちかね、タケノコの試食です!

地元婦人会のみなさんが協力してくださいました。

 

献立は

・メダケタケノコのちらし寿司

・メダケタケノコとツワブキの煮物

・婦人会の皆さんが持ち寄ってくださった食材でつくったポテトサラダ です。

※メダケはアク抜きに時間がかかるため、すぐに調理できるよう別日に関係者が採ったものを使用しました。

おなかはぺこぺこ!ご飯ときいて、手際よく配膳していきます。

 

自校他校入り交じりで着席。みんなそろって「いただきま~す!」

「メダケが全然苦くない!」「おいしい!」と、箸が進みました。

今回、ヤブツバキ再生プロジェクトから提案したものが、

多くのかたのご協力によって形になり、

こうして地域のつながりを作っていくひとつの場になり、

地域にとっても、学校や子どもにとっても、そしてプロジェクトにとっても、

貴重な前進の一歩になったのではないかと感じた授業でした。

ページ先頭へ↑

2017年06月21日島根半島の海水浴場 夏を迎える準備始まってます!

大山隠岐国立公園 大山淳子

こんにちは 松江アクティブレンジャーの大山です。

梅雨に入り、最近は気温も上がってきて、

暑い日を過ごすことが多くなってきましたね。

みなさん水分を取って、熱中症には十分お気をつけください。

島根半島には、入り江が多く、ビーチもたくさんあります。

これから大山隠岐国立公園内の島根半島の海水浴場は続々と海開きを迎えます。

みなさんもうそろそろ海で泳ぎたい気候になってきたのではないでしょうか。

先日6/19(月)に、松江市島根町加賀の桂島海水浴場では、海水浴シーズンに供え、海岸清掃が行われ、私も参加してきました。

島根小学校と島根中学校の生徒のみなさん、保護者、関係者のみなさん、島根支所の方、計約250人が参加されました。

先生の話を聞く島根小学校のみんな開会式をする島根中学校の生徒と関係者

海岸清掃をする島根中の生徒海岸清掃をする島根小のみんな

約2時間の清掃で、たくさんのごみが集まりました。

みなさんお疲れ様でした。

きれいになった桂島海水浴場桂島海水浴場を利用される際は、こういった活動のもとできれいなビーチを使えることを忘れずに、気持ちよく利用したいですね。

桂島海水浴場の海開きは、7/9(日)です。

さて、今週末には、一足早く松江市美保関町にある北浦海水浴場が6/25(日)に海開きを迎えます。

島根半島のビーチは透明度が高いといわれていますが、中でも北浦海水浴場は、遠浅で家族でも楽しめる、山陰屈指の美しさを持つビーチだといわれています。真夏の太陽の下で、エメラルドグリーンに水面が輝くそうです。

砂浜から撮った北浦海水浴場海開き当日は、

午前10時より、海開き安全祈願祭神事が、伊奈頭美(いなづみ)神社で行われます。

寄って撮った伊奈頭美神社

玉串拝礼の後、

場所を、東浜へ変え、

海に安全祈願を行います。

神事のあとは、

記念事業として、地引き網を10時半頃から行う予定とのことなので、是非ご見学にお越しください。

なお、地引き網は天候により中止になる可能性もあるとのことですので、ご了承くださいませ。

今後、島根半島にある海水浴場の様子を報告していきたいと思いますので、ご期待ください。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ