ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年7月

2件の記事があります。

2019年07月31日【開催報告】「孫と楽しむ!海辺の生き物調べIN宮島」を開催しました!

瀬戸内海国立公園 大高下 理恵

干満の差が4メートルにもなる瀬戸内海。

自然海岸が残る宮島では、干潮時に広大な干潟が出現します。

そんな干潟には生き物がいっぱい!

宮島の海辺の生き物を知ってもらおうと、

宮島地区パークボランティアの会では毎年「海辺の生き物調べ」を企画し、

今回は27名の方にご参加いただきました。

一見何も居なさそうな干潟ですが、

砂地に下りて視線を落とすと、

ホソウミニナやアラレタマキビなどの貝類、

ケフサイソガニやマメコブシガニなどのカニ類、

それにアナゴの赤ちゃんなど次々に見つかりました。

また、今はカニにとって繁殖期。

じ―――っと座って砂泥地を観察すると...

ハクセンシオマネキやチゴガニの求愛ダンス(ウェービング)がたくさん見られました。


[拡大:ハクセンシオマネキ]  ↓           [拡大:チゴガニ]     ↓

反対側の砂浜に行ってみると、

直径23センチの穴がポツポツ・・

その穴に、流し入れたサラサラの乾いた砂を目印にし、

掘ってみると、出てきたのは真っ白なスナガニ!

ここでは普通に見られますが、

ハクセンシオマネキやスナガニなどは希少種。

自然海岸が残る宮島だからこそ見られる生き物がたくさん観察できました。

[スナガニ]

最後は海の掃除屋に出てきていただきました。

カキのむき身を置いてみると、

臭いを頼りにたちまちアラムシロやヤドカリ、マメコブシなどが群がっていました。

海が生き物たちの死骸でいっぱいにならないのは彼らがいるからなんですね。

 

大元無料休憩所に戻り、

今日見つけた生き物の記録とスケッチをしました。

今まではカニの違いは分からなかったかもしれませんが、

「前歩きができるマメコブシ」や

「片方のハサミが大きいハクセンシオマネキ」などそれぞれカニの特徴が描かれていて、

"観察眼"が養われたようでした^^

 

夏休みは始まったばかり!

干潟の観察は干潮2時間前からがベストです。

潮見表を見て、干潟へ出かけ、(熱中症に注意しつつ)じっくりじっくり観察してみてくださいね!

広島は埋め立てされているので市内の河川でも河口干潟がたくさんあります。

広島駅前猿猴川でもたくさんのカニが見られますよ☆

ページ先頭へ↑

2019年07月18日【開催報告】宮島地区パークボランティア研修会を開催しました!

瀬戸内海国立公園 広島 大高下 理恵

瀬戸内海国立公園宮島地区で活動いただいている

パークボランティアの皆さんを対象に研修会を開催しました。

研修テーマは昨今SFTSなどの感染症で話題となっている"マダニ"

広島県立保健環境センター主任研究員の島津さんをお招きし、

「マダニの生態とマダニ対策について」お話しいただき、

旗振り法でマダニの採取にトライしました。

マダニは幼虫→若虫→成虫→産卵の各ステージで吸血が必要なため、

吸血源となる野生生物がいて、身を隠せる植生がある場所ならどこにでもいます。

宮島は吸血源のシカやイノシシはいるけど、シカの影響で下草が少ない環境。

果たしてマダニはいるのか?

動物に見立てたふわふわの白い布で落ち葉や低い枝などをなでてみると、

動物の通過を待ち構えていたマダニがたくさんしがみついてきました!

広島でマダニの活動が活発な時期は3月下旬~11月上旬。

山登りやキャンプ、畑仕事など野外での活動が多い時期でもあります。

マダニに噛まれたら即危険!という訳ではありませんが、

噛まれないに超したことはありません。

野外活動をされる際は下記4つのマダニ対策を心がけ、楽しんでいただければと思います。

☆マダニ防除4箇条☆

  1. ①マダニに取り付かれない行動をする!

    →やぶに入らない

     ツルツルした素材の服を着る

     長袖長ズボンで肌の露出を避ける

     袖口やズボン、シャツの開口部からの入り込みを防ぐ

     ディート・イカリジン含有の防虫スプレーを使用する など

  2. ②取り付かれても吸着される前に落とす!

    →時々身体や衣類をはたく

     仲間にダニがいないか見てもらう

     帰宅後お風呂でダニがいないかチェック など

  3. ③吸着されても早期に発見して除去

    (1)自分で取る:ピンセットや毛抜きで皮膚すれすれの部分を挟んで除去

      (本体は絶対につままないこと!ダニ取りピンセットやティックトゥイスターも利用可能)

     (2)皮膚科で取ってもらう

      (受診まで時間がかかる場合は,放置せず早めに自分で取った方がよい)

    ※早めに除去した方が、ダニが病原体を持っていた場合注入される量が少なくて済みます。

  4. ④発熱等、身体に異常があったら医療機関を受診する!

    ※ダニに噛まれたことを伝え、血液検査ができる医療機関が望ましい。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ