ESD関連事業

ESD関連事業

 ESD「持続可能な開発のための教育」(Education for Sustainable Development)の略。
一人一人が自然環境や資源の有限性、地域の将来性など、様々な分野とのつながりを認識し、

持続可能な社会の実現に向けて行動する人材を育成する教育のことです。

「国連ESDの10年」(2005年~2014年)が終了し、2013年の37回ユネスコ総会において「ESD

に関するグローバル・アクション・プログラム(GAP)」が採択されました。

 環境省では、環境を切り口とした地域でのESDを支援し、その成果を発信・普及いたします。

環境省の取り組み

+ESDプロジェクト

 中国四国地方環境事務所の取り組み

ESD中国四国

<平成25年度~27年度>
・持続可能な地域づくりを担う人材育成事業
  環境教育プログラム集
<平成27年度>
・社会教育施設におけるESD普及促進業務
  動物園でESD.pdf
  美術館でESD.pdf
  事業成果報告書.pdf
・瀬戸内海環境保全を目指す企業版ESDモデルプログラム作成業務
  モデルプログラム集.pdf
  チラシ.pdf
<平成28年度>
中国環境パートナーシップオフィス及び四国環境パートナーシップオフィス

とも連携しながら支援活動に努めます。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中国四国地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
四国EPO(リンク)
EPOちゅうごく(リンク)
竜串自然再生プロジェクト(リンク)
ページ先頭へ