ESD関連事業

ES()関連事業

              ※ ESD(Education for Sustainable Development)=持続的な開発のための教育

持続可能な開発のための教育(以下、「ESD」という。)とは持続可能な社会を構築するために、地域の

様々な主体が関わって行う幅広い教育活動をいいます。「国連ESDの10年」(2005年-2014年)が終了

し、2013年の第37回ユネスコ総会において「ESDに関するグローバル・アクション・プログラム(GAP)」

が採択されました。

2014年に岡山・名古屋で開催されたESDに関するユネスコ世界会議において、成果文書として「あいち・

なごや宣言」が採択され、GAPの開始が正式に発表されました。


環境省ではESD促進事業等をとおして、環境を切り口とした地域でのESDを支援し、その成果を発信・普及

いたします。

環境省の取り組み

全国ESD活動支援センター

中国四国地方環境事務所の取り組み

ESD中国四国

<平成25年度-27年度>
持続可能な地域づくりを担う人材育成事業。3カ年かけて、地域の団体や教育機関の
協力を得て推進しました。
 ●ESD環境教育モデルプログラム集(人材育成事業)
   平成25年度 平成26年度 平成27年度
 ●地域版ESD環境教育プログラムガイドブック(実証事業)
   【中国ブロック版】
   平成25年度 平成26年度 平成27年度
   【全域版】
   平成25年度 平成26年度 平成27年度
 ◯隠岐の人と自然の学習帳
<平成27年度>
・社会教育施設におけるESD普及促進業務
 動物園でESD.pdf
 美術館でESD.pdf
   事業成果報告書.pdf
・瀬戸内海環境保全を目指す企業版ESDモデルプログラム作成業務
 モデルプログラム集.pdf
       チラシ.pdf
・地域の環境学習・学習拠点での「ESD化」に向けた実践拠点支援事業
<平成28年度>
   ◆しまね海洋館アクアス
      ※今後、人材育成事業を展開させることにより発展します。
   ◆岡山市内企業、倉敷市内企業(瀬戸内海環境保全を目指す企業向けESDプロジェクト H27年度-)
     ・企業版事業の報告
     ・成果パンフ.pdf
   ◆津山圏域クリーンセンターリサイクルプラザ
     学校教員担当者向けパンフ プラザ_表面.pdf プラザ_中面.pdf
       ※今後、各学年や地域向けに改訂をすすめます。
  ESD推進フォーラム(平成29年3月1日開催

中国環境パートナーシップオフィス及び四国環境パートナーシップオフィスとも連携しながら

支援活動に努めます。

中国地方ESD活動支援センター                                      

中国地方では、平成29年7月に中国地方ESD活動支援センター(運営団体「NPO法人ひろしまNPOセンター」)を広(※3)()開設しました。

 ※3 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)内に併設

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中国四国地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
四国EPO(リンク)
EPOちゅうごく(リンク)
竜串自然再生プロジェクト(リンク)
ページ先頭へ