平成26年8月豪雨に伴う広島市災害廃棄物処理の記録

平成26年8月豪雨に伴う広島市災害廃棄物処理の記録

 平成26年8月、広島市において局所的豪雨が発生し、大規模な土砂崩れにより、深刻な被害が発生しました。

 こうした災害は未然防止が原則であるものの、グローバルな温室効果ガス排出抑制を最大限行った場合でも、今後も気候変動に伴って集中豪雨等の異常気象がの頻度が高まることが予想されており、我が国のどの地域においても、本件に類似の、あるいはより深刻な災害の発生が十分に想定されます。

 本件では、災害廃棄物処理において、困難な条件が重なっていたがゆえに、その経験から学べることも多いと考えられることから、今般、広島市環境局の全面的な協力を得て、以下のとおり記録紙をとりまとめました。

 本記録紙の編纂にあたっては、単に事実関係の収集整理にとどまらず、今後の教訓とするべき成果と課題についても分析・整理を行っています。本記録紙を参考に、地方自治体において災害の備えが進められ、発災時の早期復旧・復興に役立てていただけることを期待しています。

平成26年8月豪雨に伴う広島市災害廃棄物処理の記録集(概要版)

平成26年8月豪雨に伴う広島市災害廃棄物処理の記録集(本編)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中国四国地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
四国EPO(リンク)
EPOちゅうごく(リンク)
竜串自然再生プロジェクト(リンク)
ページ先頭へ