トピックス(2017年4月〜2018年3月)

2017年12月19日

【開催案内】災害廃棄物処理セミナーの開催について(お知らせ)

 南海トラフを震源とする巨大地震が今後30年間に約7割の確率で発生すると予測されており、四国地域全域に亘り深刻な被害を及ぼすことが懸念されています。また、近年、平成26年8月の広島市の土砂災害、平成27年9月の常総市等の水害、平成28年4月の熊本地震、同年10月の鳥取中部地震、さらには本年7月の九州北部豪雨など、異常気象や地震に伴う大規模災害と深刻な被害が各地で発生しています。気候変動等に伴って、今後こうした大規模災害の発生頻度の増加が懸念されています。

 大規模災害の際には、建築物等の損壊・浸水等により大量の廃棄物が発生し、その適正かつ迅速な処理が、被災地の復旧・復興において極めて重要な課題となります。

 そのため、中国四国地方環境事務所では、大規模災害の発生に備え、災害廃棄物の適正かつ迅速な処理に資することを目的に、セミナーを開催しています。

1 開催場所及び日程 

 (1)中国ブロック(松江会場)

   日時:平成30125日(木)13時~1630分(予定)

   場所:松江テルサ 4階 大会議室 (島根県松江市朝日町478-18(JR松江駅前))

 (2)四国ブロック(高知会場)

   日時:平成30122日(月)13時~1630分(予定)

   場所:高知城ホール 2階 大会議室(高知県高知市丸ノ内二丁目1番10号)

2 内容 

 (1)中国ブロック(松江会場)   

   講演1:「平成27年9月関東・東北豪雨による災害廃棄物処理について

        ~茨城県常総市の対応事例~」

      常総市 総務部行政経営課 課長補佐 渡邊高之 氏

      (常総市災害廃棄物処理プロジェクトチーム リーダー(当時))

   講演2:「平成27年9月関東・東北豪雨 災害支援について」

      名古屋市 環境局西環境事業所指導管理係 係長 加藤英秋 氏

   講演3:「~事業者が考える災害廃棄物処理対応~船舶を用いた災害廃棄物処理について」

      大栄環境株式会社 営業部 課長代理 早川宏明 氏

 (2)四国ブロック(高知会場)   

   講演1:「東日本大震災の経験と備え」

      宮城県 環境生活部循環型社会推進課施設班 技術補佐 山木紀彦 氏

   講演2:「東日本大震災における災害廃棄物処理~八戸市の事例~」

      八戸市 環境部環境政策課 次長兼課長 大久保邦男 氏

   講演3:「東日本大震災における宮城県石巻ブロックでの災害廃棄物処理」

      鹿島建設 環境本部 環境リノベーショングループ 青山和史 氏

3 対象 

  中国四国地方の地方自治体及び関係民間団体等

4 申込・問合せ

  参加申し込みは、別紙「参加申込書」をご利用のうえ、下記申込先へお願い致します。

 《参加申込・問合せ先》

  三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 政策研究事業本部 研究開発第1部   

   下道(したみち)・平野(ひらの)

   電話:06-7637-1460/FAX:06-7637-1479

   (1)中国ブロック(松江会場) 参加申込書(中国ブロック).pdf

   (2)四国ブロック(高知会場) 参加申込書(四国ブロック).pdf

5 その他の問合せ 

 (1)中国ブロック(松江会場)

   中国四国地方環境事務所 廃棄物 ・ リサイクル対策課

    担当:山田(やまだ)・和家(わけ)

    電話: 086-223-1584/FAX : 086-224-2081

 (2)四国ブロック(高知会場)

   中国四国地方環境事務所 高松事務所 廃棄物・リサイクル対策課

    担当:大谷(おおたに)・岡本(おかもと)

    電話:087-811-7240/FAX:087―822―6203

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 中国四国地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
四国EPO(リンク)
EPOちゅうごく(リンク)
竜串自然再生プロジェクト(リンク)
ページ先頭へ