報道発表資料

2018年11月16日

大山隠岐国立公園三瓶山におけるグランピングの試行的実施について

 国立公園への訪日外国人増加を目標とする「国立公園満喫プロジェクト」において、平成28年7月に大山隠岐国立公園が世界水準の「ナショナルパーク」を目指すモデル地域に選定されたことを受け、環境省では国内外からの誘客の取組を進めています。

 その一環として、大山隠岐国立公園の三瓶山・西の原の草原において、国立公園や周辺地域の自然・文化を満喫する上質な宿泊環境の提供に資するグランピングの活用方策を検討するために期間限定のグランピングを試行的に実施します。

1.目的

 大山隠岐国立公園の三瓶山・西の原の草原において、三瓶山、三瓶温泉や石見神楽などの国立公園や周辺地域の自然・文化を体験するプログラムと連動しつつ、雄大な自然環境の中における国立公園らしい宿泊体験を楽しめるよう、上質な宿泊環境の提供に資するグランピングの活用方策を検討するため、期間限定のグランピングを試行的に実施します。

2.概要

 (1)主催 環境省中国四国地方環境事務所大山隠岐国立公園管理事務所

(株)wondertrunk&co.

 (2)協力 大田市及び三瓶山広域ツーリズム振興協議会

 (3)場所 大山隠岐国立公園 三瓶山

西の原 スポーツ広場(西の原駐車場南側隣接地)

※対象地は雄大な草原景観と三瓶山を望むことが可能なエリアです。

※対象地では通常はキャンプが禁止されていますが、今回は特別に許可を取得しています。

 (4)設置期間 平成30年11月21日(水)~27日(火)

 (5)グランピング施設

 Nordisk社の大型宿泊用テント5基及びコミュニティーテント1基を設置する予定です。石見神楽や石州和紙など、石見地方の伝統文化を活用した内装を予定しています。

3.グランピングモニター

1)一般モニターの募集

 平成30年11月21日(水)、24日(土)及び25日(日)の3日間に一般モニターの宿泊希望者を公募します。詳細については、別紙をご参照下さい。

 なお、申込につきましては、「contact@wondertrunk.co又は03-5413-8827(担当:笠井・宮)」までご連絡下さい。

(2)外国人モニターの招致 

 外国人モニター5名※(欧米人を予定)が、平成30年11月23日(金)にグランピングサイトに宿泊します。また、グランピングテント内における神楽面絵付け体験、三瓶小豆原埋没林公園見学、三瓶山ウォーキング、石見神楽鑑賞、太平山での「天空の朝ごはん」等を同日及び24日(土)にかけて体験する予定です。

 ※中国運輸局による訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業(実証事業)「通訳案内士を活用した大山隠岐国立公園における体験プログラムの開発」に参加する外国人モニター

4.現地内覧会の開催  

 平成30年11月21日(水)15:00~15:30に地域関係者向けに事業の背景、グランピングのコンセプト、テントの外観、内装の紹介等を目的として現地内覧会を開催します。

5.取材問い合わせ先

 上記3の(2)外国人モニターのグランピング利用、4の現地内覧会に関する取材を希望される方は、11/20(火)中までに以下にお問い合わせ下さい。

 なお、一般モニターへの取材は、ご遠慮下さい。

環境省 中国四国地方環境事務所 大山隠岐国立公園松江管理官事務所(担当:瀬川)

〒690-0831 島根県松江市向島町134-10 松江地方合同庁舎5階

TEL:0852-21-7626 FAX:0852-21-7639 Email:NCO-YONAGO@env.go.jp

6.添付資料

「大山隠岐国立公園三瓶山におけるグランピングモニターのご案内」チラシ[PDF:306KB]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 中国四国地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
四国EPO(リンク)
EPOちゅうごく(リンク)
竜串自然再生プロジェクト(リンク)
ページ先頭へ