報道発表資料

2018年06月08日

「大山森の遊歩道」の開設と開設記念イベントの開催について

 環境省では、日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてブランド化を図り、訪日外国人旅行者数を2020年までに1千万人に倍増させることを目的とした「国立公園満喫プロジェクト」を実施しています。

 この度、同プロジェクトの一環として、大山隠岐国立公園において、外国人を含めた多くの利用者に気軽に大山の自然を楽しんで頂くため、老朽化した自然学習歩道をリニューアルし、「大山森の遊歩道」として新たに供用開始しましたのでお知らせします。

 また、今回の開設を記念し、6月24日(日)に「大山森の遊歩道」において野鳥観察会を開催しますのでお知らせします。

1.大山森の遊歩道の概要                                

 (1)整備目的

 大山隠岐国立公園は、平成28年に、日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてブランド化を図り、訪日外国人旅行者数を2020年までに1千万人に倍増させることを目的とした「国立公園満喫プロジェクト」のモデル地区に選定されました。

 これを受け、高齢者、障害者、児童、外国人等の多様な主体に大山の自然を気軽に楽しんで頂くための環境整備として、老朽化に伴い閉鎖されていた「下山自然学習歩道(平成13年に下山野営場隣接部に整備)」を撤去し、「大山森の遊歩道」として新たに木道(一部高架木道を含む)を整備したものです。

 「大山森の遊歩道」は、大山地域において特徴的なブナ・ミズナラ林の林床に位置し、歩道から木肌に触れることができるほか、森林性の野鳥が多く生息し、野鳥観察に適したエリアとなっています。また、歩道の一部からは大山の全景を眺めることができます。

 (2)整備概要

ブナ・ミズナラ林内に高架木道を含む木道を約380m整備

大山の野鳥、森林等の解説看板(日本語及び英語)を7基設置

 (3)整備位置

鳥取県伯耆郡大山町54(別添図面参照)

 (4)携帯アプリとの連動

「大山森の遊歩道」における自然観察を補助することを目的として、野鳥・植物情報やその他の自然情報を多言語で提供する携帯アプリと連動したシステムを開発中。

2.大山森の遊歩道開設記念イベント

 (1)イベント名称 大山森の遊歩道開設記念イベント「大山森の遊歩道野鳥観察会」

 (2)主催 環境省 中国四国地方環境事務所 大山隠岐国立公園管理事務所

 (3)実施概要

(1)日時

  平成30年6月24日(日)8:00~10:00

  受付 7:30~8:00 大山ナショナルパークセンター

(2)集合場所

 大山ナショナルパークセンター2階デッキ 鳥取県西伯郡大山町大山40-33

(3)内容

  大山森の遊歩道を活用した野鳥観察会

  コース:大山ナショナルパークセンター集合~下山野営場~大山森の遊歩道~下山野営場解散

(4)講師

  日本野鳥の会 山根 正敬 氏

(5)参加費

  無料

(6)対象

  一般の方 15名(先着順)

(7)持参物

  飲料水、虫除けグッズ、双眼鏡(お持ちの方

(8)服装

  歩きやすい服装での参加をお願いします。

(9) 申込方法

  参加者の氏名・生年月日・性別・住所・当日の連絡先・緊急連絡先を記入の上、下記申込み先に6月19日(火)までに電話、FAXまたはE-mailにてお申し込みください。

(10)申込み先

環境省中国四国地方環境事務所大山隠岐国立公園管理事務所(担当:馬庭)

 鳥取県米子市東町124-16 米子地方合同庁舎4階

 TEL:0859-34-99331 FAX:0859-34-9330

 E-mail:NCO-YONAGO@env.go.jp

(11)その他

荒天等によりイベントを中止する場合は、前日15:00までに判断し参加者に連絡します。

3.関連イベント

 平成30年6月10日(日)に「大山森の遊歩道」において、(公社)鳥取県視覚障がい者福祉協会西部支部主催により、鳥取県西部地区の視覚障がい者を対象にした自然観察イベントが開催されます。

(問い合わせ先)鳥取県視覚障がい者福祉協会 0859-33-1549

4.別添資料

別添図面[PDF:3.67MB]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 中国四国地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
四国EPO(リンク)
EPOちゅうごく(リンク)
竜串自然再生プロジェクト(リンク)
ページ先頭へ