報道発表資料

2018年08月03日

大山の自然紹介を目的とした携帯アプリ「大山自然図鑑/Daisen Guardi」の供用開始について

 環境省では、日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてブランド化を図り、訪日外国人旅行者数を2020年までに1千万人に倍増させることを目的とした「国立公園満喫プロジェクト」を実施しています。

 この度、同プロジェクトの一環として整備した「大山森の遊歩道」と連動し、歩道の利用者へ自然解説や大山の野鳥や植物の情報を5か国語で提供する無料の自然解説アプリ「大山自然図鑑/Daisen Gurdi」の供用を開始しましたのでお知らせします。

1.目的

 大山隠岐国立公園は、平成28年に、日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてブランド化を図り、訪日外国人旅行者を2020年までに1千万人に倍増させることを目的とした「国立公園満喫プロジェクト」のモデル地区に選定されました。

 これを受け、環境省では、大山地域において特徴的なブナ・ミズナラ林の林床に位置し、野鳥観察等に適した「大山森の遊歩道」を下山野営場隣接部に整備しました。

 今回、大山の自然の魅力を国内外の訪問者へ紹介することを目的として、「大山森の遊歩道」と連動し、歩道の利用者へ自然解説や大山の野鳥や植物等の自然情報を5か国語で提供する無料の自然解説アプリ「大山自然図鑑/Daisen Gurdi」を製作し、その供用を開始しました。

2.アプリ概要

 「大山森の遊歩道」に設置したビーコンと連動し、遊歩道への誘導や、自然解説情報の入手が可能となっている他、大山周辺で見られる野鳥38種、植物70種の図鑑の他、大山の成り立ち等の自然情報を、多言語(日、英、韓、中(繁)及び中(簡))で提供しています。野鳥図鑑では、野鳥の鳴き声を聞くことができます。

3.アプリのインストールについて

「Google Play」及び「App Store」から無料でダウンロードができます。

 ※推奨端末

推奨OS:Android 5.0 以上、ISO 9 以上

Bluetooth 4.1 以上

4.「大山森の遊歩道」について

 高齢者、障害者、児童、外国人等の多様な主体に大山の自然を気軽に楽しんで頂くための環境整備として、老朽化に伴い閉鎖されていた「下山自然学習歩道(平成13年に下山野営場隣接部に整備)」を撤去し、「大山森の遊歩道」として新たに木道(一部高架木道を含む)を整備したものです。

 「大山森の遊歩道」は、大山地域において特徴的なブナ・ミズナラ林の林床に位置し、木道から直に木肌に触れられるほか、森林性の野鳥観察に適したエリアとなっています。また、歩道の一部からは大山の全景を眺めることもできます。

  • アクティブレンジャー日記 中国四国地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
四国EPO(リンク)
EPOちゅうごく(リンク)
竜串自然再生プロジェクト(リンク)
ページ先頭へ