報道発表資料

2014年12月15日

【開催案内】 「気候変動影響への適応策を考えるセミナー ~私たちは将来の気候変動影響にどう備えるのか~」を開催します。

中国四国地方環境事務所では、将来予測される気候変動による影響に備えていくため、地球温暖化対策の一つである適応策への理解を深めていただくことを目的に「気候変動影響への適応策を考えるセミナー ~私たちは将来の気候変動影響にどう備えるのか~」を開催します。 ※適応策とは、既に起こりつつある、あるいは起こりうる温暖化の影響に対して、自然や社会のあり方を調整すること。

1 日時

平成27年1月22日(木)13:00~16:30

2 会場

岡山国際交流センター 8階 イベントホール

〒700-0026 岡山市北区奉還町2丁目2番1号

TEL:086-256-2905

http://www.opief.or.jp/oicenter/access.html

3 内容

基調講演

「IPCC第5次評価報告書における最新の気候シナリオについて」

     講師 岡山大学大学院自然科学研究科

         野沢 徹 教授

第1部 <各分野における気候変動の影響について>


講演1「気候変動が及ぼす将来の農村・農業分野への影響」

     講師 法政大学地域研究センター

         白井信雄 特任教授

講演2「気候変動が及ぼす将来の自然災害分野への影響」

     講師 九州大学大学院工学研究院

         小松利光 特命教授

講演3「三重県における『適応策』への取組について」

     講師 三重県環境生活部地球温暖化対策課

         服部 由直 主幹

第2部 <意見交換会>

     講演者と参加者による意見交換

     ファシリテーター 環境カウンセラー全国連合会 藤本晴男 副理事長

4 対象者

行政機関担当者、温暖化防止活動推進員、NPO等ご関心のある方

5 参加費

無料

6 定員

100名程度(要事前申込み)

7 主催

環境省中国四国地方環境事務所

8 後援

岡山県、岡山市、岡山県地球温暖化防止活動推進センター(予定)

9 その他

本セミナー開催に伴って排出されるCO2排出量は、中国四国地方で創出されたクレジットによりカーボン・オフセットいたします。

10 申込方法等

参加御希望の方は、参加申込書【Word(38KB)/PDF(145KB)】に必要事項を記入の上、下記申込先まで電子メール、又はFAXでお申し込み下さい。(電子メールの場合は、件名に「適応策セミナー参加申込み」と明記して下さい。)

申込みは先着順に受け付けます。定員に達し次第、期限前に受付を締め切ることがありますので、あらかじめ御了承下さい。

申込多数につき御参加いただけない場合には、こちらから御連絡いたしますが、こちらから御連絡がなかった方は、直接、会場にお越しください。

なお、会場への移動は、なるべく公共交通機関を御利用願います。

○申込期限:平成27年1月16日(金)までにお申し込み願います。

○申込先:セミナー運営事務局(アセス株式会社)

11 申込先及び問合せ先

○セミナーへの参加申込み先

  セミナー運営事務局(アセス株式会社)

   〒701-0205 岡山市南区妹尾2618

   TEL:086-250-3255

   FAX:086-250-2822

   メール:okayama@assess.co.jp

○本件に関する問い合わせ先

  環境省中国四国地方環境事務所 環境対策課(担当:山口、清家)

    〒700-0907 岡山市北区下石井1丁目4-1 岡山第2合同庁舎11階

   TEL:086-223-1581

   FAX:086-224-2081

   メール:REO-CHUSHIKOKU@env.go.jp

12 添付資料 チラシ[PDF 2888KB]



添付資料

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中国四国地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
四国EPO(リンク)
EPOちゅうごく(リンク)
竜串自然再生プロジェクト(リンク)
ページ先頭へ