中国四国地方のアイコン

中国四国地方環境事務所

海に関わる人の「海の変化に関する気づき集約」実証についてご協力のお願い


(実施期間:令和4年10月28日(金)から令和5年1月末まで)

 
気候変動影響で、海の生態系が変化しつつあり、地域の漁業に影響を及ぼしています。そのため、瀬戸内海・日本海の魚種の変化などの「海の変化」の情報をいち早く収集し、気候変動の影響を把握しながら、気候変動へ適応していく必要があります。
気候変動適応中国四国広域協議会 瀬戸内海・日本海の地域産業分科会では、海の市民である釣り人、ダイバー、漁業・水産関係者のみなさまから釣った魚や見た魚の情報を収集し、各地域で気候変動に適応するアクションへ活用できるような情報収集のための仕組みの実証を行っております。

1 いただきたい情報

瀬戸内海側・日本海側での「釣れた魚・水中写真」を含めた情報を集めております。
その中でも、特に★の魚の情報を求めております。

★暖海性の藻類食害魚(アイゴ、イスズミ、ニザダイ、ブダイなど)
★暖海性のハタ類(アラ、アオハタ、アカハタ、オオモンハタ、クエなど)
★中国四国地域ではあまり見たことがないと思う魚種

2 対象とする釣り場やダイビングエリア

  • 瀬戸内海(岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛)
  • 日本海(鳥取、島根、山口)

3 実施期間

令和4年10月28日(金)から令和5年1月末まで(予定)

4 参加方法

下記のURLより投稿方法をご確認いただき、ご参加をお願いいたします。
気候変動適応中国四国広域協議会 瀬戸内海・日本海の地域産業分科会事務局

株式会社 地域計画建築研究所(アルパック)HP
https://www.arpak.co.jp/event/item4980.html

5 お問い合わせ先

気候変動適応中国四国広域協議会 瀬戸内海・日本海の地域産業分科会事務局

株式会社 地域計画建築研究所(アルパック)

担当: 駒、中川
〒541-0042 大阪市中央区今橋3-1-7 日本生命今橋ビル10F
E-mail:chushikoku-tekiou@arpak.co.jp 
Tel:06-6205-3600 FAX:06-6205-3601

6 主催

気候変動適応中国四国広域協議会 瀬戸内海・日本海の地域産業分科会
※国、関連自治体、研究機関等が参画し、魚種変化等の情報の情報収集や海の気候変動影響に関する情報発信体制(プラットフォーム)の構築等を検討しています。