ラムサール条約

ラムサール条約

ラムサール条約湿地について

渡り鳥などの生息地として重要な湿地について、国際的に協力して保全や賢明な利用(ワイズユース)を進めることを目的とする「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約(ラムサール条約)」に基づき、国内では33カ所の湿地がラムサール条約湿地に登録されています。
管内では、国指定鳥獣保護区である中海 [PDF 572KB](鳥取県米子市、境港市、島根県松江市、安来市、東出雲町)と宍道湖 [PDF 493KB](島根県松江市、出雲市、斐川町)が、また、秋吉台地下水系 [PDF 554KB](山口県美祢市)が平成17年11月にそれぞれ登録され、保全とワイズユースに向けた様々な取り組みが行われています。

中海で越冬する渡り鳥
中海で越冬する渡り鳥

ムサール条約湿地宍道湖・中海のシンボルマーク
ラムサール条約湿地宍道湖・中海のシンボルマーク


宍道湖でのシジミ漁の様子
宍道湖でのシジミ漁の様子

宍道湖の生き物をラッピングした一畑電車「しんじ湖ラムサール号」
宍道湖の生き物をラッピングした一畑電車
「しんじ湖ラムサール号」


秋吉台地下水系
秋吉台地下水系(写真提供:美祢市)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中国四国地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
四国EPO(リンク)
EPOちゅうごく(リンク)
竜串自然再生プロジェクト(リンク)
ページ先頭へ