トピックス(2019年4月〜2020年3月)

2019年06月04日

株式会社「山と溪谷社」とのコラボレーションによるデジタル登山スタンプラリー企画「山陰ホーリーピークス」の継続開催について

 環境省と国立公園オフィシャルパートナーとなっている株式会社「山と溪谷社」とのコラボレーションにより、神話や信仰に関連深い山陰の山々の魅力を紹介することを目的として昨年度実施し、好評だったデジタル登山スタンプラリー企画「山陰ホーリーピークス」を本年度も実施します。

1.背景・目的

 環境省では、国立公園満喫プロジェクトの一環として、民間企業と相互に協力して日本の国立公園の魅力を世界に向けて発信し、国内外の利用者の拡大を図るため、国立公園オフィシャルパートナーシッププログラムを開設しており、令和元年6月現在、61社とパートナーシップを締結しています。

同プログラムに基づき国立公園オフィシャルパートナーとなった株式会社「山と溪谷社」と環境省がコラボレーションを行い、昨年7月より、同社が運営する携帯アプリ「YAMASTA」を用いて山陰の山々を巡る登山スタンプラリー企画「山陰ホーリーピークス」を実施してきました。

 本企画が好評であったことから、本年6月1日より2020年7月1日までの間もデジタルスタンプを新しくする等、内容をリニューアルし継続して開催することとなりました。

 官民連携の取組として、大山隠岐国立公園とその周辺地域の山岳の魅力を発信し、より多くの方に山陰の自然を満喫していただけることを期待しています。

2.企画の概要

  (1)山陰ホーリーピークスの概要

出雲国風土記や古事記の舞台となり、神話や信仰にまつわる伝説が今も残る大山隠岐国立公園と周辺の山々のうち、山陰地方の豊かな自然や景観を楽しみながら、神話、信仰や歴史と結びついた山陰の山々の神秘的な魅力を体感することが可能な8座を対象に、携帯アプリの活用及び景品の配布を通じて、その登山及び周遊を促す企画です。

  (2)対象の山々

大山(だいせん)船上山(せんじょうさん)三瓶山(さんべさん)()徳山(とくさん)三佛(さんぶつ)()投入堂(なげいれどう))、蒜山(ひるぜん)中蒜山(なかひるぜん))、船通山(せんつうざん)琴引山(ことびきさん)及び比婆(ひば)(やま)の8座

※船通山、琴引山及び比婆山以外の5座は大山隠岐国立公園内の山々

  (3)企画への参加方法及び景品の入手方法

① 携帯アプリ「YAMASTA」をスマートフォンにインストールし、「山陰ホーリーピークス」スタンプラリーに参加します。

② それぞれの山に設定されているチェックインポイントまで行き、「チェックイン」ボタンを押すとGPSと連動してアプリ内でデジタルスタンプを入手できます。

③ 下記(4)の受取施設(5ヶ所)でデジタルスタンプを見せると、1座につき1個オリジナル缶バッジ(限定2000個)を受け取ることができます。また、4座登頂した場合には大山隠岐国立公園オリジナルピンズ(先着100名)、8座全てに登頂した場合には山陰ホーリーピークスオリジナルピンズ(先着100名)をそれぞれ郵送で受け取ることができます。

  (4)オリジナル缶バッジ受取施設

 鳥取県

モンベル 大山店(西伯郡大山町大山115)

好日山荘 米子しんまち天満屋店(米子市西福原2丁目1-10 米子しんまち天満屋3階)

 岡山県

好日山荘 岡山駅前店(岡山市北区本町6-36 第一セントラルビル1・2階)

 島根県

三瓶山北の原キャンプ場(大田市三瓶町多根1121-1)

 広島県

モンベル 広島紙屋町店(広島市中区紙屋町1丁目2-22 広島トランヴェール ビルディング1・2階)

  (5)スタンプラリーの実施期間

 2019年6月1日~2020年7月1日

  (6)スタンプラリーに関するお問い合わせ

 株式会社山と溪谷社 ヤマスタ事務局 担当:野地

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング

TEL03-6744-1907  メール: yamasta-info@yamakei.co.jp

3.添付資料

「山陰ホーリーピークス」チラシ[PDF:1.70MB]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 中国四国地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
四国EPO(リンク)
EPOちゅうごく(リンク)
竜串自然再生プロジェクト(リンク)
ページ先頭へ