野生生物の保護

野生生物の保護

野生鳥獣の保護管理

「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護管理法)」に基づき、野生鳥獣の保護管理に関する業務をおこなっています。四国管内には2箇所の国指定鳥獣保護区が指定されており、鳥獣保護区とその周辺におけるツキノワグマやニホンジカの取組等について紹介します。

ツキノワグマ四国地域個体群の保全

四国の広い範囲に生息していたツキノワグマは、現在では分布域と個体数を大きく縮小したまま回復がみられず、剣山山系を中心とした地域に少数個体が生息するのみとなっています。そこで、ツキノワグマ四国地域個体群の絶滅を回避し、保全していくことを目的として、関係機関と連携して方策を検討しています。

ニホンジカの個体数管理

主に国指定鳥獣保護区とその周辺地域を対象としたニホンジカの個体数管理を進めています。

鳥獣保護区

鳥獣保護区は、鳥獣の保護の見地から「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」に基づき指定されます(鳥獣保護区の概要指定状況)。国指定鳥獣保護区GISデータは自然環境WebGISからダウンロードできます。

剣山山系鳥獣保護区

石鎚山系鳥獣保護区

パンフレット

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 中国四国地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
四国EPO(リンク)
五色台ビジターセンター(リンク)
竜串ビニターセンター:うみのわ(リンク)
ページ先頭へ