報道発表資料

2020年02月12日

ツキノワグマ四国地域個体群の保全に係る広域協議会によるツキノワグマ四国地域個体群広域保護指針の策定について

 四国山地のツキノワグマは、環境省レッドリスト2019では「絶滅のおそれのある地域個体群(LP)」とされています。本州では同様にLPとされている地域個体群は回復の傾向がみられるものの、四国地域個体群は生息状況の改善がみられていません。そこで、関係機関から構成される「ツキノワグマ四国個体群の保全に係る広域協議会」では、四国地域ツキノワグマ個体群の今後の共存の方向性を示すものとして、ツキノワグマ地域個体群広域保護指針を検討してきており、令和元年11月29日から令和2年1月6日まで意見募集を行いました。このとき寄せられたご意見を踏まえて1月27日に開催された本協議会において、広域保護指針が策定されましたので報告します。

1.ご意見募集期間

令和元年11月29日(金)から令和2年1月6日(月)まで

2.ご意見募集結果

【方法別受領数】

・電子メールによるもの 6通

・郵送によるもの 0通

・FAXによるもの 1通

【整理した意見総数】

・今回の変更案に係るもの 14件

3.意見募集後の経緯

  • 令和2年1月27日 ツキノワグマ四国地域個体群の保全に係る広域協議会において、寄せられたご意見を踏まえて協議し広域保護指針を策定
  • 令和2年2月12日 報道発表、公開

4.ご意見と対応・広域保護指針について

寄せられたご意見と対応の一覧、策定された広域保護指針については、次のサイトをご覧ください。

http://chushikoku.env.go.jp/wildlife/post_22.html

■ 問い合わせ先
ツキノワグマ四国地域個体群の保全に係る広域協議会 事務局
環境省 中国四国地方環境事務所
野生生物課長:阿部 愼太郎
野生生物課長補佐:酒井久文
生息地保護連携専門官:山下慎吾
(TEL:086-223-1561)
  • アクティブレンジャー日記 中国四国地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
四国EPO(リンク)
EPOちゅうごく(リンク)
竜串自然再生プロジェクト(リンク)
ページ先頭へ