報道発表資料

2019年03月20日

大山隠岐国立公園冒険手帳とオリジナルグッズの追加配布開始について

 国立公園オフィシャルパートナーシップを締結したサントリーホールディングス株式会社の協力の元で児童向けに作成した「大山隠岐国立公園冒険手帳」及びオリジナルグッズについて本年3月23日(土)より国立公園内外の6施設において追加で無料配布を開始します。

1.背景・目的

 環境省では、国立公園満喫プロジェクトの一環として、民間企業と相互に協力して日本の国立公園の魅力を世界に向けて発信し、国内外の利用者の拡大を図るため、国立公園オフィシャルパートナーシッププログラムを開設しており、これまでに61の企業とパートナーシップを締結しています。

同プログラムに基づき国立公園オフィシャルパートナーとなったサントリーホールディングス株式会社より、大山隠岐国立公園とその周辺地域の魅力を児童等にわかりやすく紹介し、実際に自然体験に誘導することを目的として、環境省の監修の下でオリジナルデザインの「大山隠岐国立公園冒険手帳(以下、「冒険手帳」という。)」及び大山隠岐国立公園オリジナルグッズが作成されました。これを受け、大山隠岐国立公園周辺の6施設において、冒険手帳5千冊の無料配布を平成30年5月より開始したところ好評のため夏までに配付を終えました。

 この度、環境省で冒険手帳5千冊の増刷を行い、本年3月23日(土)より配布を再開します。

官民連携の取組として、大山隠岐国立公園とその周辺地域の魅力を発信し、より多くの方に国立公園を満喫していただけることを期待しています。

2.冒険手帳とオリジナルグッズについて

  (1)冒険手帳の概要

 大山隠岐国立公園とその周辺地域における動植物、地形、山岳等の自然の特徴や自然の恵みとして体験できる食や文化等の魅力を豊富なイラストによりわかりやすく紹介し、大山隠岐国立公園の魅力について楽しみながら学習することができる手帳です。

  (2)冒険手帳の配布及びオリジナルグッズの交換を行う施設

鳥取県: 環境省大山ナショナルパークセンター(西伯郡大山町大山40-33)

鳥取県立大山自然歴史館(西伯郡大山町大山43)

米子水鳥公園(鳥取県米子市彦名新田665)

島根県: 島根県立三瓶自然館サヒメル(大田市三瓶町多根1121-8)

島根県立宍道湖自然館ゴビウス(島根県出雲市園町1659-5)

隠岐自然館(隠岐郡隠岐の島町中町隠岐ポートプラザ2階)

  (3)冒険手帳と大山隠岐国立公園オリジナルグッズの入手方法

①(2)に記載されている6施設で冒険手帳を入手します。

②冒険手帳に書かれている場所や施設を訪れ、ポイントを貯めます(ポイントは自分で記入します。)。また、大山、三瓶山及び船上山の山頂でスタンプが押印できます。

③ポイントが貯まったら、(2)に記載されている施設で大山隠岐国立公園オリジナルグッズ(ピンバッチ、缶バッチ、マスキングテープ、手ぬぐい及びバンダナを予定)と交換できます。

 (4)冒険手帳の配布期間

平成31年3月23日(土)~平成32年度中

(冒険手帳がなくなり次第配布を終了予定。オリジナルグッズの交換も同様。)

 (5)冒険手帳の配布対象者

主に小中学生の方(同伴するご家族などそれ以外の方の使用も歓迎します)

3.添付資料

大山隠岐国立公園冒険手帳紹介チラシ[PDF:617KB]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 中国四国地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
四国EPO(リンク)
EPOちゅうごく(リンク)
竜串自然再生プロジェクト(リンク)
ページ先頭へ