報道発表資料

2019年11月29日

ツキノワグマ四国地域個体群の保全に係る広域協議会によるツキノワグマ四国地域個体群広域保護指針に関する意見の募集について

四国山地のツキノワグマは、環境省レッドリスト2019では「絶滅のおそれのある地域個体群(LP)」とされています。本州では同様にLPとされている地域個体群は回復の傾向が見られるものの、四国地域個体群は生息状況の改善が見られていません。 そこで、県や市町村をまたいで広域的に移動・分布するツキノワグマの適切な保護に取り組む目的で、関係機関から構成される「ツキノワグマ四国個体群の保全に係る広域協議会」を平成29(2017)年度に設置しました。本協議会において、四国地域ツキノワグマ個体群保護の今後の方向性を示すものとして、ツキノワグマ地域個体群広域保護指針を策定することとしています。本指針について広くご意見を募集します。

1. 意見募集期間

令和元年(2019年)1129日(金)から令和2年(2020年)1月6日(月)まで(必着)

2. 意見募集の対象

詳細は以下のサイトをご確認ください。

http://chushikoku.env.go.jp/wildlife/post_22.html

  • アクティブレンジャー日記 中国四国地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
四国EPO(リンク)
EPOちゅうごく(リンク)
竜串自然再生プロジェクト(リンク)
ページ先頭へ