ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年11月15日

2件の記事があります。

2018年11月15日【2018職場体験②】~2日目~

大山隠岐国立公園 山﨑多世子

職場体験2日目です!

本日は、特別保護地区がある白島園地と浄土ヶ浦園地を中心に巡視を行いました。

【白島園地】

ここは隠岐の最北端。

 

白い岩肌と海の青色とが相まって、美しい景観を生み出しています。

また、隠岐は対馬暖流と大陸からの風の影響で、一年を通じて温暖で多湿な環境であることから、

アジサイの花を雪の降るころまで見ることができます。

白島園地を西側から眺めました。昨日練習した双眼鏡を使い、崖地に生育していたダルマギクを発見!

【浄土ヶ浦園地】

この地名の由来は、とんちで知られる一休和尚がこの地を訪れた時に「さながら極楽浄土のようだ」

といわれたことからこの名がつきました。

透明度が高く、夏場は海水浴やシュノーケリングに利用されており、

また日本海が古くは湖だったことを証明するグリーンタフという岩を観察することができる等、

様々な目的で活用されている場所です。

【西郷岬園地】

隠岐島後の玄関口にある西郷岬、今日は特に空気が澄んでいて島前はもちろん本土の姿も望めました。


※移動中には・・・

【オキサンショウウオ】

登山道入口にあるオキサンショウウオの生息地に立ち寄りました。

冬でも幼生を観察することができます。サワガニも発見しました!


【マントルゼノリス (かんらん石・輝石など)

島後の東海岸沖に浮かぶ黒島をはじめ、東海岸沿いでは、

地殻の下にあるマントル周辺の岩石がとりこまれた石を観察することができます。

マントルゼノリス(またはそれに近いもの)は日本海沿岸ではまれに見られることから、

これらの岩石が日本海の地下の構造を知る手掛かりになるとも考えられています。

生徒さんの感想 〜2日目〜

=================================================

今日は職場体験2日目で内容は主に巡視でした。午前中は、白島へ行き前の大雨の被害で木が倒されるのを

目の当たりにしました。そして浄土ヶ浦では景色や報告書用の写真を撮ったり昼食を食べたりしました。

午後はマントルで生成されるマントルゼノリスがたくさんある島の黒島やグリーンタフのある犬島を見て、

西郷岬の巡視をしました。今日は隠岐の自然の珍しさを体感する1日でした。

=================================================

今日もお疲れ様でした!

そして最終日は、2日間の巡視をふまえ「国立公園の利用推進について」の提案を考えてもらい、

それを発表していただきます。

明日もよろしくお願いたします!

ページ先頭へ↑

2018年11月15日【紅葉情報】 寒霞渓2018

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

先週、五色台と寒霞渓の紅葉情報をアップしましたが、今回は紅葉がピークを迎える寒霞渓の続報です。

毎年、11月初旬には「寒霞渓の紅葉が始まりましたよ」ニュースが流れますが、それは山頂付近のこと。

寒霞渓ロープウェイ山頂駅の標高は612mありますが、ロープウェイ下山口駅である紅雲亭の標高は295m。

これだけでも標高差は317m!しかもそれより高い位置にある四方指(しほうざし)は、標高777mとさらに標高差があります。

紅葉は寒くなるのが早い標高の高い位置から始まり、徐々に麓に下りてきます。同じ四国でも標高2,000m弱の剣山や石鎚山は10月中旬には紅葉はピークを迎えてしまいます。

ということは、標高差があるということはそれだけ紅葉がみられるシーズンが長いということ!

紅葉シーズン2018!11月14日に巡視に行った際のようすがコチラ↓

まずは標高776mの四方指(しほうざし)から。

園地内のイロハモミジやウリハダカエデの見頃は終わっていますが、コンクリート造の展望台近くの草原はススキ原に様変わり。

一番奥にある大観望からはこの景色!ちょっと右を向くと、内海湾が望めるのですが、行ってからのお楽しみ!

人も少ないので、本当に穴場絶景スポット。渓谷に陽の当たる午前中に行くことをオススメします。

<四方指・大観望より>

続いては寒霞渓の中で最も賑わう寒霞渓園地。

2週間前とは打って変わって、午前中から駐車場は大型バスや乗用車で埋め尽くし、利用者も溢れかえっていました。

ここ2~3年前からは中国や台湾などアジア系の観光客がぐんっと増えました。

山頂展望地までは舗装されていますので、車椅子の方でもスムーズに行くことができますよ。

<山頂展望地>

山頂駐車場から歩いて約5分。少し場所が変わったくらいで眺めなんて変わらないんじゃ・・・という方。

いやいや全く違うんですよ。画角が少し変わるだけで写真を撮影した時の見映えは変わります!

<鷹取展望地>

ここから歩いて5分くらい下ると、表神懸歩道の下山口でもある四望頂展望地が。

<四望頂(しぼうちょう)>

「ここに寄ろうか」と迷っている車を見かけますが、ここは駐車スペースが3台程度しかなく、周辺車道もカーブになっているため見通しがよくありません。よそ見や路上駐車は大変危険なので、山頂駐車場に停めて歩くか、駐車スペースに収まるように駐車しましょう。

山頂からロープウェイで下ると、紅雲亭に到着。

ここから見上げる奇岩渓谷も迫力があります。この辺りは今から紅葉のピークを迎えるといった様子。

<紅雲亭>

紅雲亭とあまり標高は変わりませんが、ここも今からが見頃を迎えます。

石門洞は小豆島八十八ヶ所霊場第18番札所。

洞窟の中に作られた山岳信仰独特なお堂は圧巻です。11月14日時点ではまだ緑のモミジですが、真っ赤に色づけばインスタ映えすること間違いなし!

ただし、参拝客の邪魔にならないよう写真を撮るなどマナーは守りましょう。

寒霞渓は山頂~紅雲亭を周遊する表・裏神懸歩道がありますので、時間がある方は歩いて奇岩や紅葉を眺めてはいかがでしょうか。

■表神懸歩道(下り)

山頂駐車場~15分~四望頂~60分~紅雲亭

■裏神懸歩道(下り)

山頂駐車場~50分~石門洞~15分~猪谷バス停

紅雲亭、猪谷には港や町中心部に向かう路線バスのバス停があります。

山頂へはロープウェイでしか行けませんのでご注意ください。

歩道はコンクリート舗装されている所もありますが、石積の階段や勾配が少しキツく、落ち葉で滑りやすくなっている場所が所々あるのでヒールやサンダルなど軽装はNG、スニーカーがオススメです。

まれにキャリーケースを持ったまま歩こうとする方もいますが、ケガや事故のもとなのでやめましょう。

現在の紅葉シーズン

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ