ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年6月14日

3件の記事があります。

2017年06月14日【五色台】 遊歩道自然情報☆

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

瀬戸内も梅雨に入りました!

今年はどれくらい雨が降ってくれるのか。

香川県は大きな山や川がなく、県内のほとんどの地域の水をカバーしているのが高知県にある早明浦ダムから引いている香川用水。夏場に雨が降らないと、ダム0%の大渇水になってしまうのです。。。

地元紙にはダム残水量が掲載されているほど、夏の雨量は気になるところ。(香川だけ?)

そんな梅雨の入り時の五色台はというと・・・。

こんなMAPを作ってみました!

もう1枚にはオススメ自然情報を掲載。

9種の植物やいきものを探してみましょ~。

樹木や草木はどんどんと開花~終わりと流れが早いので、時期や種類によっては見頃が終わっているかもしれません。

しかし、その分、何かが咲き始めることも。そう、サクラのように主役級の植物だけが目玉ではありません。足下を見ると、小さくてかわいらしい草花が咲いていたり、鮮やかなチョウになる前の幼虫を見つけたり、はたまた数匹がかたまって何かをしていたりと、観察って結構忙しいんです。

観察してると、気になることも出てきます。

「この幼虫はなんでこの木にいるんだろう?」⇒「そうか!食草なんだ!」

名前を調べていくと、こういった疑問も解決できるし、みんなに教えてあげることもできます。

目がだんだんと慣れてくると、「おっ、こんなところにかわいいやつめ」と隠れているキャラを見つけたり、似ているけど、実は違った!?というものも・・・?

左:ユウマダラエダシャク     右:カノコガ

今月のARオススメの蛾たち

雨が降ると、どうしても外に出るのが億劫になりますよね。メガネ濡れるし。

だけど、雨の日に外に出ると、晴れの日には見られなかった「何か」が見られるかも。

そんな新しい発見、したくない?

テニスコートのヤマボウシは圧巻!下から見ると、こんな風に。

※テニスコート裏の広場には、「何か」の痕跡がいっぱい!

さて、何でしょう?

ページ先頭へ↑

2017年06月14日大山に炎の河が流れる&外国人インタビュー第一弾

大山隠岐国立公園 森安 唯

先日63日と4日かけて

大山が最も熱く賑わう祭典、第71回大山夏山開きが開催されました!

-

前夜祭では、2,000人が神聖な火を片手に松明行列となり

大神山神社から日本一長い石畳の参道を練り歩き、炎の河を作り出しました。

翌日は早朝からみんなで大山頂上まで登山

何千人もの方と一緒にゆっくり山頂を目指します。

そして頂上で山頂祭神事が行われ、山の安全を祈念しました。

-

今回も、前夜祭や山頂祭を楽しむ外国人の方にたくさんお会いしました。

-

大神山神社で松明行列を待つ島根県のALTさん達にもお会いしました。

-

その中でネパールから訪日されていたマンガルさんにお話を伺うことができました!

マンガルさんは今回初めての大山登山

世界を代表する多くの山々が連なるネパールと比べ、大山登山はどうだったでしょうか。

「大山のおいしい空気をすって、みんなで自然楽しみながら登り

とても満喫することができました」とおっしゃってくださいました。

最近は大山を訪れるたびに、様々な外国人の方にお会いするようになってきました。

これから大山を訪れた感想などいろいろ話をお伺いできたらと思っています。

ページ先頭へ↑

2017年06月14日【三崎小環境学習③】川の生きものしらべ 1日目

足摺宇和海国立公園 土佐清水 谷吉萌

今回の三崎小の環境学習は「川」が舞台!

自分たちで仕掛けをつくり、一晩おいて引き上げる二日がかりの授業です。

記事も二回に分けてお送りします。

【1日目】

まずは、教室でお話を聞きます。

講師は川の専門家 山下慎吾さん。

(今回の授業は魚と山の空間生態研究所と共催で行っています)

意外と難しい川の生き物の見分け方。

ウナギとナマズとドジョウや、アユとアマゴ、カワムツとオイカワなどの魚類や

ヒラテテナガエビ、ミナミテナガエビなどのエビ類、みなさん見分けつきますか?

こうして、川に行く予備知識を仕入れたら、次はペットボトルで仕掛け作り!

 

大がかりな仕掛けではないように見えて、

手先の器用さで作業スピードにも結構差が出ていました。

仕掛けができたら着替えて川へ!

去年は渇水で、川が池みたいになっていましたが、

今年は前日の雨で水量たっぷり!川調査にうってつけです!

深い/浅いところ、流れのある/ないところなど、

場所選びのポイントがいくつもありますが、

川岸に近いところに下流に向けて設置するのがミソです(川の博士からヒント!)

満を持して仕掛けをかけますが・・

 

ほんとにそこで大丈夫?

空気が入ったペットボトルは反射する光をエビが嫌うのでNG、というのも

博士に聞いていたんですが・・・と思ったら、

「やっぱリヤ―メタ!」と移動。3カ所くらい転々としてました。

設置した仕掛けは明日引き上げます。

さぁ、何がかかるかな??

2日目へ

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ