ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年04月14日【サクラ情報】 あと少し見られます!

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

先週から真新しいスーツや制服に身を包んだ新入生・新社会人がみられるようになりました。

そんな初々しい時期がわたしにも・・・と思い出そうとすると遠い目になります。

それはさておき、2週間が経ちましたが、みなさん少しは緊張もほぐれましたか?

そんな中、香川では先週末はいろんな所で桜まつりが行われていたようです。

土曜日は瀬戸内春の風物詩・濃霧によって、海上では早朝から昼過ぎまで停船勧告が出され船は港で足止めでしたが、日曜は前日の天気が嘘のように晴天となり、お花見の名所は人で溢れかえったそう!

それでも「まだお花見に行けていないよ・・・」とお嘆きの方に朗報!

場所によっては今週末もまだ満開~散り始めとお花見チャンスありです。

<2017.4.13時点 瀬戸内海国立公園 香川県サクラマップ>

■屋島(高松市)

***アクセス***

琴電屋島駅・JR屋島駅~山頂駐車場まではシャトルバスがあります。

屋島山上シャトルバス時刻表運賃

***山上コースタイム***

山頂駐車場~北嶺・千間広場:約1.3㎞・徒歩約20

北嶺・千間広場~遊鶴亭(ゆうかくてい)展望地:約1.0㎞ 徒歩約15

南嶺周遊なら約1時間程度、水族館や広場でのんびりしたい方は+1~2時間。

4月初旬にはサクラが咲き始めた屋島ですが、もう少し見られそうです。

<屋島北嶺・千間広場>ソメイヨシノも満開!

<左:コバノミツバツツジ 右:モチツツジ>

お天気がよければお弁当を持って、広場でランチもいいですね♪

近くではコバノミツバツツジが咲き始め、薄いピンクのモチツツジもまもなく開花しそうです。

広場にある池からは、一瞬「鳥?」と勘違いしてしまうキョッキョッと鳴くニホンアカガエルの声が聞こえてくることも。もちろん、野鳥の鳴き声の聞こえますし、ミサゴの姿も見られるかも?

屋島ドライブウェイの道沿い(2017.4.12

車道沿いのソメイヨシノがなんともキレイで見入ってしまいそうになりますが、よそ見厳禁です!

巡視に行ったこの日も乗用車1台が水路に脱輪していました。。。特に土日は大勢の方が訪れるので、よそ見運転、見通しの悪いカーブ付近での路上駐車などはお止めください。

■紫雲出山(三豊市)

「しうでやま」と読むここは、香川県西部にある荘内半島の中央に位置します。

2年ほど前に成田空港が出した日本の絶景カレンダーでも桜の風景が掲載された紫雲出山。

また最近だとYahoo!の「日本が誇る桜の絶景15選」にも選ばれたそうで人気急上昇。

2年前にARが撮影した、紫雲出山から塩飽諸島を望む風景>

<展望台は荘内半島三崎灯台まで見渡せます>

<右:ヨウコウザクラも満開でした!>

2017.4.13時点

山頂にはソメイヨシノ、ヤマザクラ、白いオオシマザクラ、濃いピンクのヨウコウザクラと本数が多いだけでなく種類も豊富です。またヤブツバキやベニアラジンなどの園芸種ツバキ数種もまだまだ咲き残っていますよ。

巡視日は平日だった関わらず山頂駐車場は常に満車という人気振り!

ただし、麓から山頂駐車場までの道は狭く、見通しが悪いため、ガードマンさんの誘導に従って、スピードは出さずに安全運転でお越しください。

「お天気もいいし登りたい!」という方は、四国のみちからどうぞ。船越八幡神社に駐車して、山頂までは徒歩約1時間。イノシシによって少し路面が荒れていますので、トレッキングシューズなど滑りにくいシューズ、また水分もしっかりご準備くださいね。

<左:穴場スポット発見!乳薬師から見渡す港町>

<右:趣のある船越八幡神社>

***アクセス・その他情報***

四国のみち紫雲ロマンのみち

また交通や他情報については、下記HPもご覧ください。

三豊市観光協会HP

■香色山(善通寺市)

四国八十八ヶ所霊場総本山・善通寺の西に位置するぽこっとしたかわいらしい山。

山頂まで約1㎞とお散歩にちょうどよく、善通寺市内~飯野山、また瀬戸内海も見渡せる展望地があります。

サクラは麓の公園近くだけですが、この日はマダム達が楽しそうにお花見をしていました。

<左:稲荷神社 右:山頂からの景色>

サクラ満開の時期に見るのもいいですが、散り始めもサクラが舞う中でいられる風情あるとっておきの空間。

さぁ、待ってはくれない春。もうすぐ終わってしまいそうな春だけのスペシャル風景を楽しみましょう。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ