ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年01月05日あけましておめでとうございます。

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

今日も今日とてうららかな陽気の土佐清水からこんにちは!

正月やすみが明けて、びっくり!

シャリンバイ(左)とツバキ(右)が、にょきにょき伸びていました。

立派な苗になり始めています。

年末の暖かさが味方をしてくれたようです。芽出たいですね~。

今回はそんな暖かさをもたらす「太陽」についてです。

この時期の太陽といえば、初日の出。

みなさんは、見に行かれましたか?

2017年の初日の出は、水平線近くに雲があったようですね。

残念ながら、海から顔を出す太陽は見えなかったようです。

今日は初日の出と同じくらい面白い夕日をお伝えします。

その名も「だるま夕日」!

(撮影:木村宏氏 撮影日:2017/1/1 撮影場所:宿毛市咸陽島)

有名なのは宿毛市で、だるま夕日を観光資源として全国に向け発信しています。

11月から2月の、海面と気温に差がある時期にみえる一種の蜃気楼で、

見えるかどうかは気象条件と運次第。さながらオーロラのようですね。

そんなレアなだるま夕日ですが、

太平洋や宿毛湾に面した高知県や愛媛県の海岸部でも、見られる場所があるんです!

そこで!

足摺宇和海国立公園内でなら、どこで見られるか調べてみました↓

赤線エリア:国立公園内で見られるスポット

写真マーク:そこで撮影された写真

まだまだ情報量が少ないですが、

これから少しずつアップデートしていきますよ!

この時期に足摺宇和海国立公園方面に遊びに来る際には、

ぜひ、お楽しみのひとつに加えてみてください♪

もちろん、だるま夕日が見られなくても、ハズレじゃありません!

すてきな夕焼けときれいな自然!

そして、冬でも外に出るのが苦にならない温暖な気温!

冬の旅行もオススメな足摺宇和海国立公園ですよ~

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ