ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年12月

6件の記事があります。

2016年12月27日【体験教室】 ミニ門松づくり

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

今年最後の五色台体験教室は、毎年恒例のミニ門松づくり。

昔に比べて門松を飾る家も少なくなりましたが、年神様をお迎えするための依り代として大切な伝統行事です。ホームセンターなどで購入する門松もステキでいいのですが、自分達でつくった門松なら玄関に合わせた大きさや飾りのアレンジも可能、何より愛着も湧きます。

今年も大人気のプログラム。どんな門松が仕上がるのでしょうか。

現在では竹が主役となっている門松ですが、その昔は松が主役でした。

中国が唐と呼ばれた頃に長寿を象徴する松を門前に飾ったことが由来とされ、日本で新年に松を持ち帰る風習がうまれたのは平安時代からだとか。その後、慶事(お祝い事)に松竹梅が使われるようになったのが室町時代からなのだそう。その歴史は深い!

まずは自分好みの土台と立てる竹を選んで、スタッフから作業説明とノコギリの使い方デモンストレーションのレクチャーが終わったら、門松づくりのスタート!

土台となるモウソウ竹は直径15㎝ほどの大きさ。長めの竹挽きノコ(五色台では刃長2730㎝)を使って、力を入れず刃をまっすぐに挽いていきます。慣れないと大変ですが、コツが分かればササクレなくきれいに早く切り出すことができます。

土台の竹を切り出す時は底になる節部分を切らないように注意してくださいね。オアシスに含んだ水が抜けてしまいますよ。

1つの土台に対して3本のマダケを立てる竹は、最長部40㎝、35㎝、30㎝の長さに切り出します。立てる竹の見える側の切り口は斜めに切ります。これ、ガイドなしで切り出すと、角度がバラバラになり見た目も不格好・・・。

そんな初めてさんでも大丈夫!なんと上手く切る道具があるのです。

 節をまたいで切れば節がにっこり顔のように見えますよ。

 多くは斜めに切ったそぎ切りですが、地域によっては真横に

 切る寸胴切りもあります。

 全ての材を切り出せたら、水拭きと紙ヤスリを使って

 ササクレをキレイにしたら、仕上げに取りかかります。

 立てる竹3本は輪ゴムで仮止めしてシュロ縄でとっくり結び。

 できなければ固結びでも構いませんが、とっくりだとしっかり

 結べて、荷物を梱包する時にも役立ちますよ。

 結び目は前にして見せてもいいし、後ろに隠してもOK。

 土台の中に縛った3本の竹を入れて、隙間にオアシスを詰めて

 いきます。細かく切って入れるより、おおまかに切って入れた

 方が早いですよ。

バランスを見ながら、マツ(黒松・赤松)、ナンテン(今回は用意したのは赤のみ)、紅白梅を生けますよ~。

ここで迷うのが「どっちが黒松?赤松?」と混ざってしまった時。樹皮の色でも見分けできますが分かりづらいので、針葉の先を触って痛い(堅い)方が黒松(雄松(おんまつ))、柔らかい方が赤松(雌松(めんまつ))と覚えるのが簡単です。

生け方は向かって左が黒松、白ナンテン(赤でも可)、白梅を、右を赤松、赤ナンテン、紅梅。これはお雛様と同じ向きで飾ると思えば覚えやすいかも。

【完成!!】

ある程度のルールを守りつつもアレンジ次第で世界に1つの門松ができます。

門松は1210日を「松迎え」とし、お正月の準備を始める基準となります。ただし、1229日は29=二重苦とされるため、この日に飾るのは避けましょう。また1231日は「一夜飾り」とされ、神様を迎えるにあたり誠意が足りないとされるので、早めに準備して年神様をお迎えしましょう。

今回、ホストファミリーと一緒に参加してくれたブルネイからの留学生。一緒に竹伐りから生けるところまで一緒に作業し、日本の伝統行事を楽しんでもらえました。

海外からのお客さんや自分が旅行に行った際に日本の伝統行事について聞かれたり、お話できるとより日本文化を伝えられますし、また相手も偏った日本のイメージを変えることができ、日本への興味も湧いてくるかもしれません。

ページ先頭へ↑

2016年12月22日はじめまして!松江アクティブレンジャーです!

大山隠岐国立公園 松江 森上亜依

松江自然保護官事務所の自然保護官補佐として11月1日より着任致しました、森上です。

大山隠岐国立公園の島根エリア、三瓶山・島根半島、

そして鳥獣保護区である宍道湖が業務の担当になります。

プライベートでも毎週末、大山隠岐国立公園に通うほど

このエリアの豊かな自然環境、山岳の大ファンです。

これからは大山隠岐国立公園のアクティブレンジャーとして、

島根エリアのさらなる魅力発信に努めていくと共に、

これから先も人と自然とが上手に共生していくことができるような環境整備に

取り組んでいきたいと考えます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

【三瓶エリア】

12.15(木)前日の寒波により早くも、三瓶は雪に覆われました。写真は西の原から男三瓶までの登山道中です。個人的に冬の雪に覆われる頃の山が好きです。自然が本来あるべき姿を物語っているかのようで、その美しさに魅了されます。

これから本格的にシーズンインする冬山ですが、その美しさと恐ろしさは紙一重なところがあるので、十分な知識と経験、計画と装備が必要ということを改めて確認しましょう。

一方で、三瓶山では、気軽に楽しく冬山を楽しむ体験イベントが催されるようなので、要チェックです!

【島根半島西部エリア】

12.21(水)の現場の風景です。海が穏やかな1日でした。

この時期、早朝にはウミネコの大移動が見られます。経島はウミネコの繁殖地として国指定を受けている地です。11月上旬、彼らが遙か北の海からこの地へ飛来してきます。再びこの地を飛び立つまでの間、マナーを守りながら、暖かく見守りたいと感じました。

これからアクティブレンジャーとして、大山隠岐国立公園島根エリアにおける活動や取り組みなどを

発信していきたいと思います。引き続きよろしくお願い致します。

ページ先頭へ↑

2016年12月22日✿足摺ヤブツバキ保全シリーズ⑥ 「めでた」い!

谷吉萌

お久しぶりです、こんにちは!

土佐清水の今日の気温は、なんと19.4度!なま暖かい日々が続いております。

山下Rは、今日も今日とて長袖シャツ1枚で元気です。

さてさて、最近ヤブツバキシリーズが続いていますが、

今度こそ、の「めでた」いニュースもありますよ。

先日12月20日 マサキのタネ採取に行ってきました。

マサキの種は果実の中で、鮮やかなオレンジ色の薄皮に包まれていて、

そのなかに、ピーナツのようなツルリとした種が入っています。

 

以前の日記で紹介したトベラのように粘液には包まれてはおらず、さらりとした油分。

いつもと同じ手順で水にいれ、しいなをハネてから、水分を拭き取ります。

ちょっと小ぶりな椎の実みたいで美味しそう・・。

(草のような青くささと渋みを、ほのかに感じる程度のお味でした)

小さな芋虫が、むくむくと育っている(右写真)のを見る限りでは、栄養はあるようです。

丁寧に種まきをして、事務所前に5種の植物がそろった写真がこちら!

全部で5種1734粒ありますが、ずらりと並ぶとなかなか壮観です。

これまで市・地元団体・牧野植物園と協力し

 9月29日 ツバキ(→牧野・地元)

 11月1日 ツバキ・ハマヒサカキ・シャリンバイ(→牧野・当所)

 11月24日 トベラ(→牧野・当所)

 12月20日 マサキ(→牧野・当所)

と、種子採取・播種を行ってきました。

9月末に地元でまいた種は順調に育っているようですが、

11月になってからまいた当所の種は、なかなか顔を出してくれません。

残すところ、モクタチバナのみ。こちらは年明けの種子採取になりそうです。

さてさて、最後は嬉しいニュース。

まだかまだかと心待ちにしていたツバキの出芽。

雑草とツバキを見間違えてしまうほどの待望ぶりだったわけですが、

ついに!みつけました!

ひっそりとプランターの隅っこで育っておりました、ツバキの芽!

いや~実に「芽出た」いことですね。

ページ先頭へ↑

2016年12月06日【募集】 エコツーリズムガイド等養成研修のお知らせ

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

早いもので年越まで1ヶ月をきりました。

そんな師匠も走るほど忙しい師走の真っ只中ですが、絶賛募集中の養成研修のお知らせです。

環境省では、エコツーリズムのさらなる推進を目指すため、第一線で活躍しているエコツアーガイドやエコツーリズムによる地域の活性化に取り組む地域コーディネーター等によるエコツーリズムガイド等養成研修を行っています。

今年度の研修は、栃木県那須町、京都府南丹市美山町の2ヶ所において、それぞれ「基礎編」「スキルアップ編(ガイド/コーディネーター)」を開催し、地域でエコツーリズムに取り組む人材を養成することを目的としています。

実際にエコツアーガイドや地域での環境教育や観光振興などをされている方、また今からエコツアーをやっていこうと奮起している方などいらっしゃいましたら、下記URLから詳細を一読いただき、ご応募ください。

〆切はなんともうすぐの 12月16日(金)必着!

申込には、800字程度の小論文が必要になりますので、ご検討されている方は早めのご準備をオススメします。

「基礎編」は2会場とも同内容ですが、「スキルアップ編」は京都開催が里山系、栃木開催が自然系となっていますので、自分がどんな地域で活動しているのか、活動したいのかと照らし合わせながら会場を選択するとよいでしょう。

【平成28年度エコツーリズムガイド等養成研修 受講生募集のお知らせ】

http://www.env.go.jp/press/103258.html

意外と知らない保険のカラクリやリスクマネジメント、売れるツアーの作り方、ガイドとコーディネーターは役割が別かと思っていたら実は表裏一体ということ、などなどいろいろ学べる養成研修となっていますので、ご興味ある方はぜひ!ご応募お待ちしております。

<香川の里山的風景・大麻山から望む讃岐平野>

おにぎり型の山々がポコポコと浮かぶような平地も香川の特色ある風景。

ページ先頭へ↑

2016年12月06日【お知らせ】国立公園展がやってくる!

大山隠岐国立公園 大利茜

中国四国地方を巡回している「アクティブレンジャー国立公園展」の特別展を、

大山公民館にて開催いたします!

 

大山隠岐国立公園、瀬戸内海国立公園、足摺宇和海国立公園。

それぞれの国立公園でアクティブレンジャーが出会ったすばらしい自然や風景、

自然とふれあう人々や保全活動に取り組む人々の姿などを紹介します。

ぜひお立ち寄りください。

 

 写真展

 <大山情報館で開催した国立公園展の様子>

 

『中国四国の国立公園展-アクティブ・レンジャーが伝える自然と活動-』

会場 大山公民館 (鳥取県西伯郡大山町末長269-1)

期間 2017/1/7(土)~1/29(日)(※祝日休館)

時間 8:30~22:00(月曜は午後5時まで) 

問合せ 米子自然環境事務所 0859-34-9331

開催案内.doc

中国四国の国立公園展チラシ.pdf

ページ先頭へ↑

2016年12月01日【体験教室】 サザンカの花びら染め

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

11月も後半にさしかかる紅葉真っ盛りの中、五色台では「サザンカの花びら染め」の体験教室を実施しました。今年で3回目を迎える人気教室です。

普段使っている衣料品や雑貨のほとんどは合成染料と呼ばれるもので染められています。これは手芸店などでも手に入り、洋服や雑貨のリメイクに使えるお手軽アイテム。

今回の花びら染めは、植物などから色素を抽出した天然染料を使って染めるため、天然由来でやさしく、自然本来の風合いや色を楽しむ染め物体験です。


講師は草木染めでおなじみ、あそ美工房から角田眞理子さん。

今回も染めるための白布として、シルクとガーゼ素材のバンダナやショール数種を用意していただきました。

アイスブレイクでサザンカの豆知識を学んだ後は、講師から染める布への模様付けレクチャー。


模様付けに使う道具は、ビー玉、ビーズ、おはじき、割り箸、輪ゴム、洗濯はさみ。

「こんな模様をつけてみたい!」と計算してやろうとしても染料の入り具合などで少し想像と違った模様になることも。それが機械や合成染料を使わない染め物の魅力なのですが、みなさんなかなか想像がつきません。

それでも「こうなるかなぁ」「ここにポイント入れてみよう」など思い思いに模様付け。



模様ができるということは、その部分に染料が染み込んでいないということ。なので、タコ糸をゆるく巻いたり、縛りがゆるいとあまりキレイな模様が出ないことがあるので、しっかりとくくりましょう。

1つできると、「もう1枚、染めてみたいなぁ」なんて気持ちも。そんな時は本能のままに作ってみるべし。

できる時にチャレンジすることが大切なんです。

(「染料が足りないから限界、できません(泣)」という時もありますが。)


←割り箸ぐるぐる?

これが一体どんな模様になるのやら・・・?


模様付けができたら、染料が布にまんべんなく染まるように水に浸しておきます。乾いた部分が残ると、水を含んだ部分に比べ色素が入るのが遅くなりムラができてしまいます。


いよいよ染料づくり。

サザンカの花びらは、一昨年から五色台ビジターセンターや休暇村周辺で採集し、冷凍保存しておいたもの。

フリージアとマリーゴールドは講師が用意してくださいました。見た目色の違う2種ですが、実際に染めるとその時々で色の具合が変わるのだそう。

ネットに入れた花びらをボウルに入れ、その上から湯と酢を加えたら、花びらを揉み込んでいきます。


<左:フリージアとマリーゴールドのミックス>      <右:50℃の湯:酢=1~2:1 計量せずだいたいでOK>


サザンカを揉み込んでいくと、どんどん泡が出てきます!

この泡が多いほど布に色が浸透する力があるということなのだそう。これを聞くと、がぜんやる気が出ます。



フリージアとマリーゴールドは泡が立たなくてOKなのだそう。

泡が出る植物と出ない植物があるのも何だか不思議ですね~。


色が出たら、花びらを取り出してザルでこします。染料が少し冷たくなっていたら40℃まで温めたらできあがり。

布を水から引き揚げ、軽く絞ってからみんなで一斉に漬けます。

同じボウルで染める人でもガーゼ素材は3秒くらい後で。

というのも、シルクよりもガーゼの方が水を吸い込みやすいので色素もその分先に取ってしまうのです。

この間もできるだけ40℃を保つと染まりがいいそうですよ。


<どんどん染まってきた~♪>

色が染み込むようにやさしく揉み込みながら待つこと約20分。

ドキドキしながら染料から布を引き揚げて、模様付けしたビーズなどを外していきます。

軽く水洗いして干したら完成★



↑フリージア&マリーゴールド(素材:シルクストール)

←サザンカ(素材:シルクストール)

仕上がりはこのような色ですが、皮革製品と同じように時間が経つと少しずつ色合いが変化していきます。そうなると、自分だけの作品ができあがり、より愛着がわいてきますね。材料集めは少し大変、だけど意外と簡単にできる自然の染め物は、劇薬を使わないので安心して自宅でもできますよ。寒い冬のオススメものづくりです。


<みんな一緒に作品のお披露目★>


■草木染めをした衣類のお洗濯方法■

 おしゃれ着洗い用洗剤もしくは手洗いで。最近の洗濯洗剤は漂白剤は入っているのでNG。

■染める布は何でもいいの?■

 草木染めの染料は、白布にタンパク質が入っていないと色素が浸透しないのだそう。

 シルクなど動物性繊維は購入したままでOKですが、麻やコットンなど植物性繊維はタンパク質を

 含ませる下処理が必要です。

 1:1の豆乳と水に20~30分ほど浸した後、脱水機で30秒脱水。(均等に脱水できます)

 シワを伸ばして天日干ししたら下処理のできあがり。

 シワが伸びていなかったり、脱水が甘いとムラ染めの原因になります。

 また、アクリルやレーヨンなど合成繊維はあまり染まらないようです。

他にも草木染めを調べるとネットなどに掲載されていますので、いろんなチャレンジをしてみてください。

草木染めは何度も染められて、何度も違う色、風合いに出会うので驚きの連続です。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ