ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年07月09日✿足摺ヤブツバキ保全シリーズ⑯ 足摺岬の人の歴史

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

今回は、足摺岬小学校の2回目の授業。

本来であれば、足摺岬の裏の番長ともいえるメダケを

現地に赴いて収穫する予定でしたが、生憎の雨・・。

そこで、足摺岬のツバキと人の歴史を紐解く・・

クイズ大会を行いました。

クイズ挑戦者は、足摺三崎小の5,6年生たち。

いくつか紹介するので、皆さんもチャレンジしてみてください。

まずはこちら。

ヤブツバキ再生プロジェクトの主力でもある「足摺岬の自然を守る会」。

小学生たちの先生として、よく足を運んでくれています。

このクイズ、答えは②!足摺宇和海国立公園は今年46歳。

結成45年目の「自然を守る会」は公園誕生後から、

ずっと足摺岬を見つめ続けてきました。

そんな「守る会」の驚きの歴史は次の問題。

画像と共に、答えを見てみましょう。

(ぜひ、画像を拡大して目をこらしながら見てください)

→24年後→

左は1994年の写真、右は最近の写真です。

こうして、足摺岬のあちこちにツバキの苗を植えては、

長い長い時間をかけて、大切に育ててくれているので、①は正解!

 

ツワブキ(田舎料理でよく使いますよね)や、

桜の木などを植樹して、育ててもいるので、②も正解。

他にも、細々した枝払いや草刈りもしてくださっています。

 

さて・・・おわかりになったでしょうか。

すべての作業写真の日付が「20日」であることに・・。

そう!守る会のみなさんは、約30年近くは、

毎月20日に、足摺岬の自然を守る活動を続けているんです。

人が自然に関わり続ける年月というのは、圧倒されるような歴史になりますね。

次は、復習のメダケクイズ。(他のクイズは割愛)

ヤブツバキ再生プロジェクトを1年通して学んだ6年生は分かるはず

と思いきや、まさかの6年生3人中たったの1人正解。

ネックになったのは③でしたが・・・

昨年のメダケ授業で、今の6年生は食べているのに!!

もちろん、このクイズも、足摺ならではのメダケの活用方法を知るもの。

先生役の守る会会長さんも、

「他の地域は違う竹を使うけど、足摺はメダケを壁に入れよった」

「宗田節のせいろにメダケをよう使いよったよ」

と、実体験を交えて、足摺の文化と自然の繋がりを教えてくれました。

というわけで、食文化に触れたからには実際に食べるべし!

 

メダケの採り時、採ったメダケの処理の仕方を教えてもらいます。

ちょっとかけらを口にいれると、顔がくしゃくしゃになるほどの苦み。

さすが「ニガタケ」の異名をもつメダケ。

こんなの食べられるの・・?と不安になりながら、いよいよ食卓に。

料理は足摺岬の婦人会の皆さんが、朝から腕によりをかけて作ってくれました。

献立は、メダケ入りちらし寿司(ばら寿司)とポテトサラダ、

メダケと切り干し大根の煮物に、メダケとアオリイカ入りのかき揚げ。

田舎料理らしい、足摺岬のちょっと甘めの味付け!

 

とびっきりの「おいしい」を顔に貼り付けている下級生の横では

はしがあちこちから飛び込んでくる熾烈な争い。

作り手も満足してしまう、気持ちのよい食べっぷりでした。

ツバキ再生プロジェクトの視点から、足摺岬の文化を掘り下げた今回。

足摺の自然と共に歩んできた人々の暮らしの中には、

建材として、食材として、道具としてのメダケの価値がありました。

 

次世代に、しっかりとその文化を、知識と、体験と、味覚で伝えられた1日でした!

次は、秋のツバキ種とり合戦!

実がいっぱいなればいいなあ~

ページ先頭へ↑

2018年07月04日【イベント報告】海辺の宝箱づくり

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

梅雨と台風のダブルアタックで天気予報はいつも雨・・

なのに意外と一日晴れていたりする土佐清水からこんにちは!

今回は、6/30に開催した「海辺の宝箱づくり」の様子をお届けします。

夏本番を前に、海の楽しみを紹介して、

実際に足を運んでもらうべく考えたこの企画。

土佐清水中から、ご家族や友達同士で参加してくれました。

まずは、竜串の海を舞台に、

実はそこら中に落ちている「宝物」について考えます。

 

土佐清水は竜串湾にある桜浜、爪白、見残しなど、

砂浜、磯、サンゴ、海藻豊かな海中を紹介し、

その表情の多様さに目を向けてもらいます。

その後はいよいよ宝箱づくり。

竜串湾を中心に、

土佐清水市内の浜から集めてきた貝や漂着物から、

それぞれが自分なりに選び抜いたお宝を箱に詰め込んでいきます。

厳選された宝たちがそろったら、

今度は図書館の本を使って、名前調べ。

 

漂着物には、種やプラスチック製品、石もあり、

貝やサンゴの骨にも数え切れないほどの種類が・・。

参加者の方が熱心に調べる姿に、

図書館の方も「こんなに本が使われることもない」

とうれしそうでした。

また、よく見るものは、標本として並べておきました。

 

今回は黒潮生物研究所から、二人の生きものハカセが来ているので、

名前調べもかなり本格的にできました!

少しだけ作品を紹介すると・・

  

仕切りがあると、より整然とした標本らしさが表現できますね。

  

こちらの箱は、自分の世界を表現するのに持って来い!

今回作った宝箱とは別に、もう一つ空箱をゲットした今回の参加者のみなさん。

宝物を探しにどんどん海で遊び、名前を調べに図書館に来てくれれば、

我々主催者のもくろみも成功です。

各地で海開きが始まり、いよいよ夏本番。

みなさんも是非、海で遊ぶ際には

海辺に転がっている宝物を見つけてみてください。

【おまけ】

今回、土佐清水市ジオパーク推進室の専門員さんも参加してくださり、

おもしろい宝箱を作ってくれました。

 

ページ先頭へ↑

2018年06月27日【紫雲出山】 アジサイが見頃です!

瀬戸内海国立公園 高松 大林めぐみ

ジメジメした上に30℃を超える日が出てきましたねぇ。

先日、我が家の靴箱に2mのアオダイショウがドンッと落ちてきて大騒ぎした高松ARです。

そんな湿気たっぷりな瀬戸内では、この時季ならではものが見頃を迎えています。

春に約1,000本ものソメイヨシノが咲き誇ることで有名な紫雲出山ですが、今の季節はなんといってもアジサイ!

山頂駐車場から10分ほど歩いた先に見えるのは、高さ2mはある大きなアジサイ。

<アジサイに囲まれて歩く園路>

アップで撮影しているかと思いきや・・・手のひらと比べてもこの大きさ!軽く子どもの顔くらいの大きさはあります。

紫雲出山はいろんな種類、色のアジサイがあるので、晴天だろうが梅雨時の曇り空でも鮮やかに彩りを添えてくれます。

こんな八重咲きのものも。

みんながよく見る球状になった花。あれ、実は花びらではなく、ガクと呼ばれる花を支える葉のようなもの。

セイヨウアジサイやホンアジサイは、色づいて大きくなったガクが目立つため花(装飾花といいます)のように思われますが、種子を作る本物の花はまた別もの。

分かりやすいガクアジサイを近づいて見てみると・・・。

装飾花の真ん中にあるのが本物の花。種子ができるのはこっちの地味な方で、雄しべと雌しべ両方をつける両性花です。

ホンアジサイやセイヨウアジサイだと装飾花の真ん中にあるポチッとした小さなものが花なんです。

装飾花は、種子を付ける両性花に虫を寄せるために派手に進化したとも言われており、装飾花と両性花とでそれぞれ役割があるんだそう。

見応えのある装飾花もステキですが、わたしはこの小さな花がかわいらしくて好きですね~。

日本の原種の1つであるガクアジサイ。これが園芸種に品種改良されたり、日本から中国~ヨーロッパに渡って改良されたりと、広い世界で花を咲かせるアジサイは梅雨の時季を代表する植物。

毎年6月中旬~7月中旬に見頃を迎える紫雲出山のアジサイですが、年によって見頃が変わるのでコチラもチェックしてみてください。

三豊市観光交流局

※駐車場から山頂園地までは徒歩が基本ですが、高齢の方や足の不自由な方は山頂園地まで車両通行可能。ただし駐車台数に限りがあり、途中離合できないため事前連絡が必要です。

6月26日に行った時は、ほとんどが咲いていて見頃ピークを迎えていました。

まだ見ていない、見に行きたい!という方はぜひ今週末~来週末あたりに見に行ってくださいね。

スカッと晴れた風景もいいですが、霞んだ多島海景観も幻想的でステキでした!

ページ先頭へ↑

2018年06月21日【三崎小環境学習②】ハカセの海学習

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

梅雨を「ながせ」という土佐清水からこんにちは!

今回は、三崎小学校5年生に身近な海「竜串」について知ってもらうため、

海のハカセがやってきました!

大月町の博士タロウとしておなじみの中地先生と、

ハカセと言うより作家感あふれる風貌の古井戸先生です。

お二人は、黒潮生物研究所で海の生き物の研究をしています。

三崎小学校のみんなにとって、一番身近な海は「竜串」。

自転車で5分ほど走ればたどり着くような、目の前の海には、

サンゴやヒトデが100種以上、ウミウシなどが360種以上がいるそうです。

 

     ウミウシ         サンゴの周りには魚が

 

  一部スケルトンのエビ     サンゴと共生するヤドカリ

中地先生も、「日本でも一番豊かな海のひとつ」と太鼓判!

みんなが知っている竜串の、知らない一面はまだまだあるようです。

他にも、中地ハカセが竜串で新発見したナマコやオニヒトデの標本を

実際に見て、触って、その生態を想像してみます。

 

  オニヒトデにおそるおそる触る         新発見したナマコの標本

この新発見ナマコ、名前を「ミジンクルマカギナマコ」というそうですが、

その特徴は?というクイズに「光る!」「透ける!」「伸びる!」「泳ぐ!」と

子どもならではのユニークな回答が。(正解は「世界最小」とにかく小さい!)

竜串の海の豊かさを支えるサンゴについても、ハカセは詳しく教えてくれました。

 

サンゴがどうやって生まれるのか、どれくらい生きられるのか。

200年以上生きているサンゴもある竜串湾。

そんな長老サンゴは、わたしたちに200年前の海の様子も教えてくれるそうです。

海の中だけでなく、磯の生きものも馴染み深い三崎ッ子。

 

カメノテ("せい")やヒザラガイ("ぐじま")は、

ちょっと食べ物には見えない磯グルメ代表格。

みんな取ったことや、食べたことがあるそうです。さすが!

前回は、竜串の海が直面してきた危機について、

オニヒトデや、自分たちの暮らしが原因で引き起こされることを学びました。

今回は、そんな竜串の海がもたらしてくれる「豊かさ」を知り、

知っているようで知らない竜串のおもしろさ、すごさを学びました。

次回は、いよいよ現場へ出動!

海でシュノーケリングに挑戦し、これまで学んだことを

実際に自分たちの目で、確認しに行きます!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ