ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年02月20日冬こそ行きたい国立公園スポット!

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

きれいな海で遊ぶ夏のイメージが強い足摺宇和海ですが、

今日は、冬にこそ見て欲しいオススメスポットを紹介します。


今回スポットライトを浴びるのは「大月町」!

夏のレジャーや新鮮な海の幸、ウバメガシの備長炭で知られる町ですが、

冬だけみられる場所や景色があるんです。


今日はバーチャルツアー風にお届けしてみます。



天気は快晴、風もすくなくぽかぽか陽気です。

スタートは山から。大堂展望台に行ってみましょう。

広がるのは・・・

 

コバルトブルーに輝く柏島!

ふたこぶらくだのような特徴的なこの形がよく見えるのは、ここだけです。

この眺望も、木が青々としている季節には少し遮られるので、

葉を落としたこの時期が一番海がきれいに見えます。


大堂には「お猿公園」もあって、お猿さんがたくさんいます。

 

基本的にはおとなしいですが、車にのぼったり

エサを無防備に持っていると奪われたりするそうなので、

現地の係員さんのお話をしっかり聞くと良いと思います。

ここも、森に実がなる夏場には利用できない、冬だけの穴場スポット!

こんな間近でサルと見つめ合える機会もそうそうないですね。


展望台とお猿公園を後にして、

大堂から遊歩道の続く尾根沿いを下っていくと見えるのが・・・

この絶景。

画面に入り切りませんでしたが、左手に広がるのは断崖絶壁。

この尾根上から直接見下ろす海は、筆舌に尽くしがたい美しさです。


もっと海に近寄ってみましょう。


海岸におりてみると、緑色の青のりがびっしり。

  

そこには、たくさんの貝やヤドカリが集まっています。

透明度も相まって、まるで天然の水槽です。


白浜とよばれる砂浜は、夏には人が押し寄せる人気スポットですが・・・

 

冬の今ならもはやプライベートビーチ同然です!

澄んだ青に白い砂が映えて、すばらしいコントラスト。

昼間なら足をつけていても苦にならない水温でした。

泳ぐにはすこ~し寒いので、ウェットスーツなどの着用が必要です。



いつでも美しい海の楽しめる柏島ですが、

一年を通して最も透明度が高いのが、冬。

この景色も天候に左右されますが、

もし、運良く天気が良い日に足摺宇和海に来るのであれば

この時期だけしか見られない柏島を見に来てみて下さい!

ページ先頭へ↑

2017年02月20日【お知らせ】自然観察会について

大山隠岐国立公園 湯澤孝介

イベントのお知らせです!

そろそろ北へ帰りはじめる冬鳥や春を待つ身近な生きものを

ゆっくり歩きながら観察していく...その名も「野鳥観察&自然散策」!!

...いや、決して手抜きなタイトルといわけではなく(汗)

野鳥観察してみたかった!

双眼鏡の使い方がわからない!

スコープをのぞいてみたい!

詳しそうな人に案内してもらいたい!

などなど、自然観察の入門編といったイメージで開催します。

2月、3月と、同じ場所で開催しますので、

観られる鳥も、他の生きものも、景色も

ひと月での変わり様が感じられると思います。

どちらかだけでも大丈夫ですので、ご都合のつく方は是非ご応募ください!

開催チラシ.pdf

申込書.pdf

お問い合わせ先:隠岐自然保護官事務所(08512-2-0149)

間違い探し

ここには何種類の鳥がいるでしょうか^^

ページ先頭へ↑

2017年02月07日足摺椿まつり

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

まだまだ"ひやい"(=寒い)土佐清水からこんにちは!

さてさて先週末、足摺岬で「椿まつり」が開催されましたので、

その様子をお知らせします!

あいにくの雨模様でしたが、幸い気温は高めの18度。

開会式にはご当地アイドルのSSD38(清水サバダンサーズ38)も登場!

方言で歌って踊る姿に、影ながら応援したくなるかわいさでした。

また、おもてなし料理の「めじかのつみれ汁」は、

土佐清水の特産品である宗田節の原料でもある

ソウダガツオをこれでもかというほど使っていて、

出汁の味をとことん楽しめるスープ。

(あまりのおいしさに、写真を撮り忘れました・・・)

そして、椿まつりと言うからには、椿関連のこんなおもてなしも!

椿の苗 無料プレゼント~☆

プレゼンターは、土佐清水市の観光キャンペーンレディのお二人!

おうちに持ち帰って椿を愛でてもらいながら、

足摺岬のことを思い出してもらおうというすてきなプレゼントです。

さてさて、そんな椿まつりで土佐清水自然保護官事務所が何をしたかというと、

ブースをいただいて、二つ展示物を掲示していました。

ひとつめは・・

 

「国立公園展 今昔写真展」!

土佐清水市内に限定してはいますが、各所から大正~昭和の写真を提供していただき、

現在の様子と比べながら、景色や生活の移り変わりを楽しんでもらう写真展です。

来場して下さった方々は、

清水市内の方もいれば、高知県内だけど数回しか来たことがない方、

神戸や三重県からおいでた方もいらっしゃいました。

その中で、「昔の暮らしを思い出した」という声や

「あのときはこんな時代だったよ」と教えて下さったり、

(写真が地味なものが多かったため)「もっと良い景色があるのに」というご意見をいただいたりと、

こちらにとっても勉強になる時間でした。

もう一つの展示物は・・・

椿と言えば「足摺椿再生プロジェクト」!

このブログでも進捗を報告していましたが、こういった機会に直接伝えていくのも大切です。

実際に育苗中のプランターを置くことで、目をとめて下さる方も多く、

なんの芽か、なぜ育てているのか、という話を足がかりに、

足摺岬の現状とこれからの取り組みをお伝えできたのではないかと思います。

雨にも負けず風にも負けず、無事終了した椿まつり。

次のイベントや来年度の椿まつりにむけて、日々精進せねばと痛感しました。

~予告~

3月5日の土佐清水市観光開き&竜串奇岩フェスでも

ブース出店しますので、お立ち寄りの際はぜひぜひ覗いて下さいね~!!

土佐清水市観光開き&竜串奇岩フェス↓

http://tatsukushi-kankou.com/kigan-fes-2017/

❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁

❁       〆 切 : 2 月 8 日       ❁

❁   米子、松江、隠岐、広島でそれぞれ1名ずつ     ❁  

❁   アクティブレンジャーを募集しています!    ❁

http://chushikoku.env.go.jp/to_2017/post_117.html❁ 

❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁

ページ先頭へ↑

2017年02月06日隠岐・知夫里島 巡視

大山隠岐国立公園 久永剛大

 こんにちは!隠岐の久永です。

 久々の更新です!今回は知夫への巡視の様子をお届けします。

 冬の日本海、晴れた日を狙って計画し、三度目の正直でようやく行くことができました。

 知夫里島は隠岐の有人島では一番小さい島で人口600人程の島です。

 今回巡視したところをいくつか簡単にご紹介します。

赤ハゲ山

 島で一番高い山、多島海景観や牧野景観などの景色を360度見渡せ、のんびりとした気持ちになります。ここから見える景色は島前カルデラと呼ばれ、隠岐を代表するジオサイトのひとつとなっています。

赤ハゲ山 パノラマ

           (赤ハゲ山からの眺望)

赤壁(せきへき、あかかべ)

 赤い大地が海流や風の影響により削り出された色鮮やかでダイナミックな海蝕崖をのぞき込むことができます。海上から赤壁を見るサンセット遊覧船もおすすめです。隠岐を代表するジオサイトのひとつとなっています。

赤壁 海上から赤壁 陸上から

             (赤壁 海上から)              (赤壁 陸上から)

 他にも、海水浴や宿泊のできる長尾鼻、歩いて渡れる無人島で海水浴もできる島津島、隠岐諸島最南端の高台である高平山なども巡視してきました。

長尾鼻 浜島津島へ渡るお松橋から

               (長尾鼻 浜)         (島津島へ渡るお松橋から)

高平山 1高平山 2

                 (高平山からの眺望)

 島津島と高平山では島根県が隠岐のジオパーク活動を応援するために施設の再整備を行っています。完成まであと少しというところでした。

 ジオサイトの解説はこちら。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

締め切り迫る!(2/8〆)

私たちと一緒に働いてくれるアクティブレンジャーを募集しています。

ご応募お待ちしております!

http://chushikoku.env.go.jp/to_2017/post_117.html

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ