ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年09月21日足摺宇和海にインターンがやってきた!

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

"My Intern"という洋画をみて感動した土佐清水の谷吉です。

今回は、そんな「インターン」が、この足摺宇和海国立公園にやってきたので、

たった2日間でしたが、その様子をご紹介します。

噂のインターン生は、高知大学農林海洋科学部の「小林くん」!

自然が好きな、20歳になったばかりの3回生です。

将来的に自然に関わる仕事を、と考える中で、

環境省の仕事に興味を持ってくれました。

我々土佐清水自然保護官事務所も、ありのままの姿を見せるべく、

詰め込みすぎ!?なスケジュールで2日間を共にしました。

【1日目】

初日は挨拶もそこそこに、足摺へ突っ走ります。

車移動中に心配していた雨が・・・。

それでも苗畑を前に、足摺岬で取り組んでいる

ヤブツバキ再生プロジェクトの話の後で、苗畑の整備も一緒にしてもらいました。

整備をしながらも、雨脚はだんだん強くなり、逃げるように足摺岬先端へ。

今年のツバキ種の状況を見ながら足摺岬を歩いて回ったり、

苗畑から移植される現場をみてみたり。

休む間もなく竜串へ。

ご飯を食べた後は、今水面下で進行中のプロジェクトの打合せへ。

まったく予備知識なしでしたが、イベントを催行する難しさは

大学生活でイベント企画をした苦労と通じるものがあったようです。

1日のまとめ代わりに、足摺宇和海国立公園のFacebookページ

記事を投稿してもらいました。

怒濤の1日を終え、「環境省=自然を守る」という強い印象が覆され、

自然を守るために必要な地域のひととの関わりや、

守るべき自然を正確に知るために、地域の文化・歴史的背景をしることも、

仕事の一部であることを感じてもらえたように思います。

【2日目】

最終日ながら、スケジュールは分単位です。

まずは大岐の浜へ行き、園地の見回りと危険木・危険箇所のチェックをしました。

実は小林君、旅行で行った韓国の松林に感銘を受け、

松林の保全に興味を持っているそう。

かつては松林だった大岐の海岸林を歩いてもらっていると、

沖縄の樹林帯を歩いた時のような「息苦しさ」を感じたそうです。

小林君の見立てでは、落ち葉や土に潜み、目には見えないバクテリアたちが、

この大岐にもたくさんいて、二酸化炭素を多くはき出しているのかも・・とのこと。

この視点は、旅行好きな農林海洋科学部学生だからこそ!

漂着ゴミだらけの海岸を歩きながら、ゴミ拾いもしてもらいました。

蚊とゴミの印象が強烈な大岐から帰ると、すぐさま移動で再び竜串へ。

今度はビジターセンターの工事現場内を見学です。

これから新しくなる竜串の集団施設地区。

今の風景と、2年後の風景は全く違うものになります。

その整い切った状態ではなく、途中段階の舞台裏をのぞくことで、

利用者目線ではない、新しい視点を持てたようです。

目の前にいろいろな選択肢が広がっている、未来ある大学生が、

土佐清水自然保護官事務所を選んでくれたこともありがたいですが、

まっさらな状態で見た国立公園や事務所の業務についての意見や、

素直でまじめな感想をもらえたことは、今後の活動にもつながり、

我々にとっても貴重な機会になりました。

ページ先頭へ↑

2018年08月31日【体験教室】 昆虫観察会(番外編)

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

昆虫観察会当日は、参加者のみなさんにベイトトラップの結果をみてもらいましたが、「トラップってどうやって仕掛けたの?」と気になった方もいるのでは?

今回は昆虫観察会前日に仕掛けたトラップと下見のようすがコチラ↓。

■バナナトラップ

幹に仕掛けるならコレ。

講師・松本さんがよさげな木を見つくろって、バナナトラップを仕掛けていきます。

【作り方】

①皮ごとバナナを焼酎に一晩漬け込む。仕掛ける前日に仕込みましょう。

②焼酎からバナナを取り出し、1つのネットに3本程度入れる。

③バナナがずれ落ちてこないようにロープを木に引っかけながら括る。バナナは結構重いです。

【どんな昆虫をねらう?】

●飛ぶのが上手いチョウやカナブン・・・バナナはぶら下がったままでOK。

●飛ぶのが下手なカブトムシなど ・・・幹にくっつくように取り付けると、幹とバナナの間にカブトムシが入り込みやすい。

●ヒラタクワガタを捕まえたい! ・・・バナナを木の根元に置いて、上から石や落ち葉を被せておくと、石の隙間に入ってきやすい。

<右はカブトムシパターン>

Q1.バナナはなぜ3本セットがいいの?

A1.乾いたバナナだと虫が寄ってこないので、乾きづらいように複数本入れるのがベター。

Q2.トラップを仕掛けるのはどんな木でもいいの?

A2.クスノキは防虫剤に使われるショウノウの匂いのせいか寄ってこない。木製電柱に付けたものに寄ってきたことがある。

Q3.昆虫が捕まっているか見に行く時に注意することってある?

A3.一気に大勢で見に行くと、人の気配に気付いた昆虫が逃げてしまうことも。

  先に1人がそーっと偵察に行き、ゲットできていれば、ゆっくりとみんなに来てもらうといい。

Q4.漬け込むのはバナナがいいの?

A4.東~西日本はバナナが寄ってきやすい。沖縄だとなぜかパイナップルがいいらしい。

■ベイトトラップ

地面近くにいるコウチュウなどをゲットしたい!

【用意する物(今回作ったタイプ×30個)】

カルピス×900ml(ペットボトル推奨)、ちらし寿司の素×1(今回は「すしのこ」35gを使いました)、一味唐辛子×1袋(小袋タイプ)、プラスチックカップ250mlサイズ程度

【作り方】

①カルピスを3/4程度になるまで飲む。

②ちらし寿司の素、唐辛子を入れて、よく振って混ぜる。

 ※ポイント:これらを入れた時に溢れないようにカルピスの量を減らしておくんです。

③木の根元にスコップで穴を掘り、プラスチックカップを埋め込む。

 穴とカップの隙間に昆虫が落ちないように周りの土を少し固め、カップに入った土は取り除く。

④②の液体をカップに1㎝程度入れる。後は翌日まで待つのみ!

<左:周りの土を固める 右:ベイト液を入れる>

今回作ったレシピでもベイトトラップは作れますが、基本的にブドウ糖、酢、酒、酵母菌(イースト菌)、粉状唐辛子があれば大丈夫。

レシピの中に唐辛子とあるのですが、昆虫は辛いものを好むの?と思いますよね?

これは昆虫以外の野生生物避け。甘いものだけだとイノシシやイタチなど野生生物がやってきて、エサを食べきってしまうために唐辛子を使って、食べないようにしています。昆虫には唐辛子の辛さは関係ないよう。

!!トラップを仕掛ける前に土地所有者に許可や仕掛けてもいい場所なのか確認しよう!!

!!仕掛けたトラップは必ず全て回収して、持ち帰って処分しよう!!

■観察会に下見はマスト!

実際にどんなフィールドがあり、どんな生き物がいるのか分からないことには、参加者を楽しませるプログラムを作れません。

そんなこんなでトラップを仕掛けたり、実際どんな昆虫がいるのか下見していると・・・。

幹に擬態していたゴマダラウスバカゲロウを発見。

どこにいるか分かりますか?

幹の真ん中くらいにいて、黄色い触覚が目印。

ゴマダラというくらいなので、幹と同じような模様がついているおかげで少し目を離すと、本当にどこにいるのか分からないくらい。

幼虫は沢沿いの日陰に生息しているので、そういった環境で見られるそうです。

トラップを仕掛けている最中も動くものに反応する松本さん。

捕まえたのは、アトボシアオゴミムシ。

エサとなる小昆虫が多くいるゴミ溜めにいることが多いことから付けられた名前なのだそう。そんな名前ですが、メタリックカラーが美しいコウチュウ。

しかし、匂いが・・・?

ん?臭い??正露丸のような・・・・

松本さん曰く、クレオソートのような匂いを発するからだとか。

講師たちと「ここにいそう!」と的を当てて、網に泥をかき入れては確認を繰り返すと・・・。

オニヤンマのヤゴ!しかもいっぱい捕れた!

大きさから1年目~3年目までいろいろ。ということは、毎年オニヤンマが産卵していて定着しているってこと。翌日、みんなが見つけてくれるのが楽しみ。

池でも網をすくいながら、どんな生き物がいるのか調査!

ヒメミズカマキリや数を減らしてきているコオイムシが見つかり、みんなテンションだだ上がり。

実は、下見って結構楽しい♪

!注意!魚の池周辺に柵はなく、斜面も段差状になっていません。

池を観察する時は、子どもは必ず大人と一緒に、歩道面から下には下りないようにしましょう。

「環境が違えば見られる昆虫が変わる、同じ昆虫でも場所や時間帯が変われば見られる種類が違うことを知ってもらえれば」と講師。

今まで「五色台って昆虫少ないんだよなぁ」と思っていたのですが、いろんなタイプの環境が近い距離にあること、そして、その環境によって生息する昆虫が変わること。また、カブトムシやクワガタムシなど子どもに大人気の昆虫はいないけど、逆にいないのはなぜなのか?と考えると、他とは違う昆虫のくらしや多様性が見られるという強みがここにはあるんだなと教えてもらいました。

ページ先頭へ↑

2018年08月30日国立公園バグズライフ

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

台風通過ごとに、秋の足音が聞こえてくる季節ですが、

まだまだ暑い夏が続きそうな土佐清水からこんにちは!

今回は、2年と少しのAR活動の中で見つけた、

足摺宇和海国立公園の珠玉の昆虫コレクションをご紹介します。

大自然に生きるバグズライフをお楽しみください。

緑の中に、ぽつんと浮き出るように現れた小さな赤い虫。

アカイロマルノミハムシ【高知県宿毛市鵜来島/2017年5月】

 

前にテレビで見た森の天使カリプトケファラ(離陸がキュート)と同じハムシの仲間。

大きさやフォルムは似ていますが、後足が発達したこの虫は、

「ノミ」の名の通り、危険を察知するとぴょーーーん!と飛ぶそうです。

アザミ類の葉を食べるそうですが、やっぱり近くにはアザミが咲いていました。

ジャコウアゲハ【高知県宿毛市鵜来島/2017年5月】

ひらひらと舞う蝶は、それだけで目が吸い寄せられますが、

このジャコウアゲハのメスも、キレイな模様が輝いていました。

幼虫は毒性のある植物を主食にすることで、身を守っているのだとか。

さなぎは別名「お菊虫」。有名な日本の怪談話に由来する見た目なので、

ぜひ、さなぎの姿と、名前の由来を調べてみてください。

ラミーカミキリ【高知県宿毛市鵜来島/2017年5月】

緑の茂みの中で、ひときわ目立つライムグリーン×ブラックのボディ。

しかも、後ろから見るとパンダにも見えるユニークな模様が。

目が離せなくなること間違いなしのラミーカミキリは、実は外来種

繊維材として輸入されたラミーについて日本にきたものと考えられています。

ハナムグリ【左:高知県土佐清水市大岐/2017年4月】

     【右:愛媛県宇和島市契島/2017年10月】

 

和名「花潜」の名の通り、花を愛する風流人・・ならぬ風流虫です。

花を渡り、花粉や蜜を主食とするハナムグリ。花とのツーショットが多い虫です。

これと混同しやすいのが同じコガネムシ科の仲間のコガネムシとカナブン。

見分けるポイントは大きさや形に加え、

コガネムシは葉っぱ、カナブンは樹液を主食にすることが多いので、

何の近くで見かけたか、も見分けるポイントの一つです。

アサギマダラ【高知県大月町大堂/2016年11月】

ネギの葉っぱの色という意味の「浅葱」を冠する蝶ですが、

その色合いは、緑とも青とも言えない、キレイな色です。

夏や冬に渡りをすることで有名ですが、フジバカマやヒヨドリバナ、

写真のツワブキなどを吸蜜しながら、海を渡るのだそう。

蝶蝶ならぬ超長距離移動ですね。

いかがでしたか?

こうしてみると、身の回りの茂みの中や花の近くには、

何かしら、生きものの影があるようです。

疲れたときには、是非足を止めて、

小さな生きものたちの世界に目を向けて見てください。

【おまけ】

篠山で山下レンジャーが見つけた、極小サイズのカタツムリ。

後ろの杉の葉との対比で、その小ささが分かっていただけると思います。

足下を見ると、こんなミクロの世界が広がっているかも♪

ページ先頭へ↑

2018年08月29日【体験教室】 昆虫観察会

瀬戸内海国立公園 大林めぐみ

今週で8月も終わり。

夏休みを終え通常生活に戻った方、まさに今、宿題にラストスパートをかけている子、すでに2学期がスタートした学校などさまざま。

少し遅くなりましたが、8月上旬に開催した五色台体験教室のようすをご紹介します。

8月はここ数年おなじみの昆虫観察会。

講師は、松本慶一さん(みんなでつくる自然史博物館・香川)。

昨年度に開催された香川県立ミュージアムでの企画展では、「むしむし博士」として子ども達から絶大な人気を誇ったむしのスペシャリスト。

実は、私自身が楽しみでもあったり。

今回は「さまざまな環境と昆虫」をテーマに五色台ビジターセンター周辺には、どんな昆虫がみられるのかを観察しました。

観察や採集を始める前に、まずは道具の使い方から。

捕虫網。網がやぶれたり、柄のところが折れたりと毎年購入するはめになったり、昆虫を捕まえられたとしても羽や足が折れてしまっていたなど、そんな経験ありませんか?

左:トンボを捕まえたい! → トンボを後ろから追うように網をすくうこと(前からだと逃げられてしまうのです)

右:バッタを捕まえたい! → 網をまっすぐ下に、下ろす時は腰も落とすのがポイント

親御さんたちは「だから、うちのはすぐ壊れるのか~」と捕虫網の使い方講座に感心しきり。

■草ムラ編

網を持って一斉にスタート!

子どもたちはバッタやトンボ、チョウを手にすると、すぐさま松本さんの元に駆け寄ってはドヤ顔(笑)

バッタやチョウの幼虫は主に草や葉を食べますが、昆虫の種類によって好みの草も変わります。

例えば・・・トノサマバッタはイネ科、オンブバッタはシソ科など。

同じチョウの幼虫でも、モンシロチョウはキャベツ、ヒョウモンチョウはスミレなど。また、成虫になっても花の蜜を好むチョウとゴマダラチョウのように樹液を好むチョウなどいろいろ。

種類によって食草が違うことで、エサ取り競争が起こりにくくなり、生存競争に勝っているんだそう。

■林内編

多目的広場から少し園路を歩くと、常緑樹と広葉樹に囲まれた林の中に。

前日に仕掛けたトラップ。

結果をみんなで見るのですが、さぁ、いかに!?

・・・・・・

残念ながら、幹に仕掛けたバナナトラップには何もおらーず。

ということは、この周辺には樹液を好むカブトムシやクワガタムシが

ほぼいないということが分かりました。

ふもとにはいるカブトムシが、なぜここにはいないのか・・・?

それも昆虫観察会で分かった結果。

次に地中に仕掛けたベイトトラップを引き揚げると・・・。

<いましたー!!しかも、ほとんどのトラップにかかってる!>

その中からミイデラゴミムシをピックアップ。お尻を少し押してみると・・・

「アツッ!!クサッ・・・?におい微妙!!」

ミイデラゴミムシは刺激を受けると、「プッ」と高温のオナラを出して敵を追い払う術を持つ、昆虫界のスカンク。難しい話をすると、過酸化水素とヘドロキノンが酵素の働きによって体内で急激な酸化還元反応を起こして、高温の水蒸気となってお尻から発射して危険から身を守っているのだそう。すごいシステム。。。

その特徴から「ヘッピリゴミムシ」とも呼ばれています。

近くにあった朽ち木を割ってみると・・・


<出てきた!コクワガタの幼虫!>

トラップに成虫は来なかったけど、どこかにクワガタはいるってこと??

この後、子ども達はバリバリと朽ち木を剥がし、幼虫探しに夢中。

■沢(流水域)編

ベイトトラップを仕掛けたすぐ近くには小さな沢があります。

水路に差し込んだ網は動かさず、足でガシガシと泥をかき入れると・・・。

<オニヤンマのヤゴ!トンボ界のドン現る!>

五色台の中でも浅瀬の流水域、かつ水底に泥が被っているところはオニヤンマが生息しやすい環境なのだそう。

写真に撮ることはできませんでしたが、ヤゴを探している間もオニヤンマ(成虫)が飛来する度にみんなの注目を集めていました。

私たちは下から見ることが多いオニヤンマですが、上から見る捕食する鳥からは、オニヤンマの黒と黄緑のボーダー模様が日なたと木陰のように見え、森林とカモフラージュできるようになっているんだとか。

昆虫のからだの色や模様、形には意味があり、敵から見つけられにくいように、その生息場所に適応するようにうまくできています。いろんな昆虫のボディカラーを調べると、そんな由来も分かるかも。

■魚の池(止水域)

多目的広場ではウスバキトンボが多かったのに対し、ここではギンヤンマやショウジョウトンボ、シオカラトンボ、コシアキトンボ、数種のイトトンボが見られました。

ここでオニヤンマが見られないのはなぜか??

オニヤンマは浅瀬の流水域かつ木陰のある林内で生息するのに対し、ギンヤンマは陽当たりのいい開けた場所、ため池など止水域に産卵します。食性の好みと同じように環境を棲み分けることで互いに競争せず、生存していけるのです。

みんなが傘を使った採集やトンボを追いかけている中、スタッフと講師は池の中をゴソゴソ。

「いたーー!!」の声で集まると、そこにはヒメミズカマキリやコオイムシがいました!

ミズカマキリは小魚や水生昆虫などをエサとしますが、一回り小さいヒメミズカマキリはアメンボなど水面近くにいる昆虫をエサとしています。ヒシやジュンサイなどしっかり掴まれる浮葉植物がないとエサが取れず、生息環境も自然度が高いところじゃないといない、結構レアな水生昆虫。

<左:ヒメミズカマキリ 右:コオイムシ>

最後に捕まえた昆虫をリリース。

それぞれの昆虫の棲み分け、色や形の意味などいろいろ気付きがあった観察会。

蚊からヒントを得て、痛くない注射針ができたり、衛星や一眼カメラのレンズもアリやハチなどの複眼をヒントに作られたり、医薬品も昆虫由来のものがあるなど人の生活と欠かせない関係。

虫は発明のヒント、人の進歩にとって重要や役割があるということ。

参加者にとっても何かヒントや気付きが得られた半日だったのではないでしょうか。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ