ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年07月29日夏に行きたい国立公園スポット!

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

今年は台風の発生数が少なめに予想されていますね。

いつも夏場は天気図とにらめっこしている足摺宇和海からこんにちは!


先日、愛南町にある無人島「鹿島」に現地確認に行ってきました。

晴れ晴れとした夏日に島に行くと、夏を強く実感します。


島に渡るには西海観光船の定期船を使います。

(運行期間など詳しくはこちら→西海観光船

この日は海が凪いでいたので、ほとんど揺れを感じませんでした。

約20分ほどで到着。

鹿島の周辺には海中公園が点在しています。


さっそく、この日のメインのひとつである展望台を目指します。

展望台までの約2kmの道のりはヤブありガレ場ありでなかなかに険しい。

こんな風に足下が悪いところもあるので、

もし行かれる場合はちゃんとしたウェアとシューズを装備してくださいね。


同行してくれた西海支所の吉田さんの説明に耳を傾けながら歩いて行きます。

鹿島から高知県側の沖を見ると、沖ノ島までくっきりと見えます。

灯台のほうをみると「鹿島の瀬戸」が。

潮の干潮で複雑な流れになるのでこの名前がついたんだそうな。

○吉田さんの話は地元ならではのネタがいっぱい!○

昔は集落のある周辺の林は薪炭材利用されていて、木が少なかったので

カブトムシなどを捕りに、わざわざ鹿島に来たこともあるそうな。

無人島ならではの自然があったんですね。


1時間強の登りで、みちみちイバラやブヨに悩まされましたが、ようやく到着。

大変だった分、展望台からの眺めは絶景です。

(展望台は手すりの腐食が危険なため、立ち入り禁止のロープがかかっています。)


眺望を堪能して一休みした後は、鹿島自慢のコーラルビーチでスノーケルです。


この鹿島では、シーウォーカーを利用した海遊びがさかんですが、

近年それを使ったサンゴ移植もイベントとして行っています。

(2016年7月14日(愛媛新聞8面)シーウォーカー×サンゴ移植の記事)


こういった保全活動によって、

海中環境がサンゴとそこに住む魚たちによって豊かに育まれていました。


今回は、夏を、島時間を、サンゴを満喫できる鹿島を紹介しました。

ほかにも足摺宇和海国立公園には楽しく遊べる自然が、たっくさんあるんです!

今後も国立公園のおすすめスポットをどんどん紹介していきますので、

ぜひ、旅行や休日の過ごし方の参考にしてみてくださいね~!



おまけ

鹿島にはシカやサルなどの野生動物がいますが、餌付けされているようで、

サルはかなり人になれていて、荷物を放置していると強奪しに来るので注意!

(写真中央・レジャーシートをかじるサル。)

ページ先頭へ↑

2016年07月27日【三崎小学校環境学習②】 スノーケル体験授業

足摺宇和海国立公園 谷吉萌

夏真っ盛りの土佐清水からこんにちは!

暑くて今にも溶け出しそうな日々ですが、布団が干せてお日様のにおいをかぎながら眠れるのは最高ですね!

晴れ



さて、7月21日に三崎小学校の環境学習のひとつにして

子どもたちのお待ちかねの授業、スノーケル体験授業がありました。

天気はどうなることかとひやひやしていましたが、夏らしい晴れの日に行うことができました。

今日はその様子をお届けします。


まずは集合して挨拶。

児童は5,6年生合同だったので21名と大所帯。

それに併せて講師も全員で7人!

メイン講師は竜串ダイビングセンターの佐野先生。

先生から、当日のスノーケルスポットで見られるサンゴや生きものについて説明がありました。

大事なことは、色、大きさ、形、泳ぎ方、動き方などをよーく観察すること。


3~4人のグループに分かれて早速海に入ります。

天気も良いし透明度も言うことなしで、まさにスノーケル日和。

講師の先生が、いろんな生きものを見せてくれました。

大丈夫な物は、潜ってとってきて、実際に触らせてもらいます。

トンガリが美しいニシキウズガイ科の貝。

触るとかちかちに固まってしまったナマコ!

他にも、クマノミやタカノハダイ、ソラスズメダイ、

ショウガサンゴ、エダミドリイシ、シコロサンゴなどなど

海の生きものが揃い踏みです。


小休憩を挟んだら、それぞれ自由に海に入ります。

潜る練習をする子もいれば、講師と一緒に再び生きもの観察にいそしむ子も。

中には砂風呂で暖をとる強者もいました。


授業とはいえのびのびと海に入り、生きものに触れる充実した時間が過ごせました。



これから海に川に、水遊びをすることが多くなると思いますが、

夢中になって生きもの探しをするのも、のんびり流れに身を任せてみるのもよい経験になると思います。

ただ、水難事故や熱中症には十分気をつけて遊ぶことを忘れずに!

たのしい夏を過ごしましょう~



おまけ

なにかが隠れていますよ?見つけられるかな。

ページ先頭へ↑

2016年07月04日【隠岐】那久岬が再整備されました!

大山隠岐国立公園 久永剛大

 こんにちは!隠岐の久永です。

 

 今回は那久岬というところについてです。

 

 那久岬は隠岐・島後の西側のエリアにあります。園地として整備されており、駐車場やトイレ、展望台の他、岬の先端近くまで降りることのできる園路があります。

 ここからの見晴らしはとても良く、天気の良い日はお隣の島前がよく見えます。

 

 この日は少し霞んで見えました。

 展望台からの眺め

  

 島前と島後の間は昔から良い漁場として利用されていました。江戸時代には流人として流されてきた人たちによって灯台に火が灯されていたそうです。

 

 那久岬旧灯台(復元)

 

 そんな那久岬ですが、隠岐が世界ジオパークに認定されたことを受け、H26から3年間かけて島根県と隠岐の島町によって再整備が行われました。展望台やトイレ、園路が新しくなり、より利用しやすくなりました。是非、足を運んでみてください。島前を近くに感じられますよ。

 

 那久岬園地施設

 

 

 。。。。。。。。。。。その他、那久岬の現地調査で撮影したもの。。。。。。。。。。。。。。。。

 西ノ島の通天橋のようなダイナミックな海蝕景観ですね。

 那久岬にも通天橋?

 青く光って見える海藻。ワツナギソウだと思われる。

 ワツナギソウ?

ページ先頭へ↑

2016年07月04日鳥取県 命の山・国立公園大山・大山寺周辺の植物たち

大山隠岐国立公園 伊藤信広

ご訪問ありがとうございます。

今年、2016年から始まる国民の日「山の日」が近づいてきました。

これは、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」として8月11日に定められました。ここ国立公園大山においても、はっきりとした四季の移り変わりと豊かな自然環境を有しています。そして自然環境だけでなく、人の営みにより文化や歴史が生まれました。また多くの動植物たちがたたずむ奥深い魅力的なフィールドでもあり「命の山・大山」と言えます。

山の日が始まる今年、大山の魅力を改めて感じながら6月29日(水)に大山寺周辺を巡視しました。
大山寺周辺の植物たちも日々刻々と成長してきています。
どうにかすると花の開花は週替わりと言っても過言ではありません。それでは、大山寺周辺の植物を紹介します。

アカショウマ

大山夏山登山道入口でアカショウマが出迎えてくれました。

日本が原産であり、東北地方南部から近畿地方にかけての本州、四国、九州各地に分布しているとされるが、ここ大山にも分布しており、山地や落葉広葉樹林の林縁、丘陵地などに明るい林内に自生しています。

エゾアジサイ

落葉性小低木で高さ2mくらいになります。多雪地帯に分布し、太平洋側のヤマアジサイよりも全体的に大きいです。パステル・ブルーに輝くエゾアジサイがこの梅雨時の大山で大変輝いて見えます。

ドクダミ

ドクダミはジュウヤク(十薬・重薬)とも呼ばれています。ジュウヤクの由来は、十の薬効、十の解毒作用があることから、十薬という説や、薬効が多いことからたくさんの薬を重ねて使うという意味での重薬からという説。また、薬効が多い重要な薬という説もあるそうです。
なんとも言えないくらいユニークで愛らしい
形の花です。

ホタルブクロ

梅雨入り頃に咲く、ホタルブクロは白い釣り鐘状の形をした花で、ぷっくりとした形がなんとも愛らしく感じます。この花名の由来は、「火垂る(ほたる)」が語源という説があります。ホタルブクロの花が手に持つ提灯に似ていることから、「火垂る袋」と呼ばれるようになったそうです。

ウツギ

北海道南部、本州、四国、九州に広く分布し、山野の路傍、崖地など日当たりの良い場所にふつうに生育すると言われています。梅雨時の白い花はいっそう爽やかな雰囲気を与えてくれます。大山では多く見ることが出来ます。

シモツケ

清少納言の「枕草子」には、「草の花は、しもつけ(下野)の花、あし(葦)の花」とあります。また名前の由来は、下毛野(シモツケノ)の略で、下野の国(栃木県)に多く自生していたから呼ばれたと言う説があります。

オオバコ

日本全土に分布し花期は4~10月で人に踏まれるところに生えるそうです。つまり踏まれると種子が粘液を出して靴に付き、何処へでも運ばれる。しかし、踏まれないと背の高い草に負けて姿を消すと言われています。

ミヤマカタバミ

本州、四国、九州、ヒマラヤに分布する多年草で、花色は白、赤、紫、青などがあります。花時期は、35月頃で、5枚の花弁を咲かせます。和名が「片喰」「傍喰」というように、花の片隅がかじられた様に見えるからという説があります。

前回56日に観察したときは、ハイネの詩の一説のように「わが君は花のように清く美しく・・・」と言わんばかりに、白く美しく清楚な花を咲かせていました。また来年までのお楽しみです!

ユキノシタ

前回、52日の巡視時にはまだ花が咲いていませんでしたが、今回は白色、黄色、ピンク色と色彩豊かで美しくたくさん咲きほこっていました。

名前の由来は、ほぼ円形に近い葉っぱが雪の下でも枯れずに残ることや、白い雪のような花の下に葉っぱが見える様子などにちなんで「雪の下(ユキノシタ)」という名前が付けられたそうです。

ヤマツツジ

赤みの強い紅色の花を咲かせるこのツツジを、山野で普通に見ることができたことから「ヤマツツジ」の名前がついたそうです。生育範囲は広くて身近な丘陵の雑木林などでも見ることができます。大山山系においても多く分布しています。

ヒメジョオン

中国の「女苑」という花に似ていて、美しく可愛らしいことから「姫」がつけられたという説や、ハルジオンに似ていて小型であるため当初は「姫紫苑」と名づけられたが、既に「ヒメジオン」という名の植物があったために「姫女苑」に変えられたという説もあります。

オカトラノオ

オカトラノオは日当たりの良い草原に生育する多年生草本。名前の由来は、長く伸びた花序をトラのシッポに例えたもの。初夏に白い花を咲かせる。全体としての姿も美しいが、一つ一つの花も姿が整っていて清楚である。この花は、初めて撮影しました! 

ヘラオオバコ

ヘラオオバコは日本の在来種であるオオバコと同じオオバコ科に属し、その独特な花の形から野の花として散歩道で目立つ花ですが、江戸時代にヨ-ロッパから帰化した帰化種と言われています。葉の形が竹へらの形をしているのでヘラオオバコの名がついています。

オオバギボウシ

「擬宝珠(ギボウシ)」は、橋の欄干(らんかん)などの上端につける装飾具のことです。花の蕾の時の形が「擬宝珠」に似ていて、この仲間(ギボウシ属)では、際だって葉が大きいので「オオバ」と付けられています。

クマシデ

この仲間は果穂に特徴があり、玉串やしめ縄につけられる白い紙を折った「四手(しで)」にどことなく似ていることから「シデ」が付けられ、また「クマ」は、果穂の果苞が密で、アカシデやイヌシデの果穂よりも大きく見えることからのようです。

イラクサ

イラクサの葉に小さな刺(とげ)があり、それがヒトの肌に触れると、不快になりイライラすることから来てイラクサと名付けられました。この刺に触れると、腫れることがあるため、注意が必要です。

ミヤマイラクサ

イラクサ科イラクサ属、山間部の開けた場所などに生える多年草。新芽は山菜として珍重されています。葉や茎に刺があって刺さる と非常に痛痒くなります。刺にはヒスタミンなどの毒液があって強い痛みを感じます。イラクサは蕁麻と書くそうで、これから蕁麻疹の言葉が出来たようです。

マムシグサ

名前の由来は葉の鞘(さや)の模様がマムシの模様に似ているから、や花の様子がマムシが鎌首をもたげている様子に似ているから等が一般的です。

緑色の実が、今後は真っ赤な実に変わります。

色鮮やかな植物や、珍しい生き物を探しながら歩くのは、山歩きの楽しみのひとつと思います。東南アジアから生まれ故郷大山に戻ってきたキビタキたちの姿を見ると登山の疲れも忘れてしまいます。

また一方では、自然の中で楽しむときに忘れていけないのは、そのフィールドの環境を壊さないということ。ゴミを出さないこと、トイレの美化に努めること。トイレのマナーとして気持ちよくトイレを使える背景には、スタッフの方々の努力があることを忘れずに利用していただきたいものです。

みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。

美しい国立公園大山にどうぞ足をお運びください。

そして素晴らしい自然環境を堪能してください。

最後までご覧くださり大変ありがとうございました。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ