ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中国四国地区]

中国四国地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年06月27日鳥取県 国立公園・大山山系 鳥越・地獄谷ルートの植物

大山隠岐国立公園 伊藤信広

ご訪問ありがとうございます。

6月17日(金)国立公園大山 木谷登山口から出発し、特別保護地区の巡視を行いました。このルートは現在管理者がなく、バリエーションルートの位置づけになりますが、現状把握の観点からパトロールを行いました。

なだらかな坂の健康の森を歩き、いくつかのベンチを通過し、突き当たりの立ち入り禁止ロープが見えたら右折して、鳥越えルートに入り、鳥越峠を目指して登る。ここから、反対側に下り、駒鳥小屋を目指しました。

駒鳥小屋の手前には苔むした一枚岩があり濡れていると滑るので要注意。ここを通ると、駒鳥小屋は近い。次第に地獄谷の沢の小さな音が耳に入ってくる。駒鳥小屋に到着すると室内に古びた一冊のノートが置いてあり、中を読むと登山者の様々な思いが綴られているので時が経つのを忘れてしまいそうでした。

休憩が終わり、地獄谷に下る。さっそく急斜面をロープでつたって降りる。降りたところから右手にほぼ水平に歩くとその山腹と歩道に山水が相変わらず流れていました。
歩道の突き当たりに短い梯子があるが、水に濡れて足置きがぬめっているため毎回、間違いなく滑るので注意して降りる。そして地獄谷に降りると大山の桃源郷と言っても過言ではないと感じている。特に、紅葉時期の地獄谷は途方もない美しさを持っている。ネパールに分布する桃源郷と比してみても、厳しさと優しさの両方を持つ個性豊かな地獄谷を私は気に入っています。

イラクサ。
イラクサは全草に細かい刺があり、その刺にはヒスタミンが含まれているために不用意に素手で触ると、痛く、痒くなるため注意が必要です。
また、痛みが続くため、イライラすることから、イラクサと名付けられています。

ギンリョウソウ。
「銀竜草」の名前の由来は、銀のように渋みのある光沢があり
首をもたげた龍の如き気高さがあるところからきているそうです。
中国大陸では、「水晶蘭」と呼ばれています。

ノリウツギ。

山地の林縁などに自生しよく目立つ花です。枝の先に白色の小さな雄しべと雌しべをもつ両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花が混ざっています。

樹液で和紙を漉く際の糊に利用したため、この名がついています。

チマキザサ。

葉の両面および竹の皮など、全体が無毛であることを利用し、チマキをつくったり、料理を盛るなどに利用されています。また葉の長さは1035cmとされていますが、25cm前後が標準とされている。子どもの頃の、祖母と母のチマキつくりを手伝いが懐かしくよみがえります。

カラマツソウ。
人里近い里山から、山地の草原、湿原、高山の草原帯などの日当たりに見られ、夏山の代表的な植物の一つです。 雪解けからしばらくたつと芽を出します。茎は立ち上がり、夏の声を聞くころから、白くて美しい可憐な花を房状に咲かせます。

オオナルコユリ。

丘陵地や林の木陰などに自生する多年生草本で、北海道から九州及び朝鮮半島に分布します。 丈は大きいものでは1mに達し、茎は少し横に傾き、葉は細長くササの形をしています。

サンカヨウ。

丘陵地や林の木陰などに自生する多年生草本で、北海道から九州及び朝鮮半島に分布します。 丈は大きいものでは1mに達し、茎は少し横に傾き、葉は細長くササの形をしています。 地下茎は節が多く肥厚しています。
美しいブルーベリーに似た青い実をつけていました。

クサアジサイ。

多年草でやや湿った林内に生える。 草丈20~60cm。      
葉は互生で葉身は広披針形。葉先は尾状の鋭尖頭。細かい毛がはえている。
茎の先に散房状の花序を出し、淡い紅紫か白色の両性花と装飾花をつける。
両性花は直径5~7mm。

トリアシショウマ。

名前の由来は、花の形ではなく、若芽の頃に茎の先端から出る3枚の葉の閉じた姿が、鳥の足に似ることからと言われています。

駒鳥避難小屋(鳥取県所管:1950年建築)。
その昔、この辺には駒鳥が生息していたそうです。
そこから駒鳥の名前がつけられたそうですが、現在では駒鳥の姿を見ることができません。

紅葉シーズンの駒鳥小屋一帯は大変美しいです。

エゾアジサイ。
花は、美しい青紫色で、山地の半日陰に好んで自生し、多数の小型の両性花と装飾花があり、緑一色の山地でその美しさに魅了されます。大山地域では沢山見ることが出来ます。

ウツギ。
主な開花時期は5月~6月で、枝の先端に1cm程の白花を次々とたくさん咲かせます。葉のフチにはぎざぎざがあり、全体に毛が生えているので触るとざらざらしています。

ミゾホオズキ

全体に柔らかく、毛はない。径は枝分かれて広がり、斜上して長さは10-30cmになる。

山野の水湿地、湧水のほとり、溝などに生育し、ヒマラヤにも分布しています。

地獄谷の豊かな水湿地環境でごく僅かですが観察することが出来ました。

地獄谷

地獄谷には定まった道がないため、歩きやすそうなところを選んだり、石や岩の上を歩いたり、川をジグザグに渡ったり、時には膝から腰まで水に浸かったりして進みます。

振子沢の源流から地獄谷に流れる水は、下流に行くにしたがって水量が増し「加勢蛇川」となり琴浦町に出て最後に日本海に注がれていきます。

地獄谷・夫婦滝(写真中央に2本の滝)

この滝は、大山山系の中では最も標高が高く1,000mあたりに位置しています。

向かって左が雄滝で水源は鳥越峠と烏ケ山の間にある三角点で、滝までの斜面距離はわずか700mと言われています。一方の右手の雌滝は、水源までの距離が600mほどさらに短く、泥壁と呼ばれる火山砕屑層の水を集めていると言われています。

地獄谷・烏谷入口

ここでは、ほんの僅かしか水が流れていませんでした。もともと烏ケ山そのものの水量が少ないのかもしれません。

地獄谷にはいくつかの滝がありますが、ここの滝は(からす)(たに)いざなうような神秘的な世界を感じました。この滝を「烏谷滝」と言う人もいますが、地図を見ても正式な名前が見当たりません。

今回はここまでの巡視としました。

これより、下りの一向(いっこうがなる)方面へさらに進んで行くと、「地獄滝」、「大休滝」を見ることが出来、、さらに進むと左手に赤いペンキを塗った岩が見えてきます。この場所に大休口登山入口があります。そこから急な登坂を終えると大休口に到着します。そこからしばらく平坦地を歩くと勇壮な大山滝に着くことが出来ます。

ただし、これより先は川の中に入る機会が多くなり、川を渡る際には膝から、時には腰以上まで水に浸かることがあります。また、計4カ所の垂直(4m6m程度)のコンクリート堰堤をザイルロープで降りるなど、危険な場所があるため、ヘルメットはグリップの良い靴など、十分な装備が必要となります。

その他、近年地獄谷の烏谷入口から東側では、土砂崩れが発生しています。今後も土砂崩れの可能性があるため進入には十分気をつけてください。もし地獄谷に進入する際は、経験豊富なリーダーと同行するようにしてください。

また、「大山滝」を見学する場合は、琴浦町「一向平キャンプ場駐車場」から徒歩40分程度で、到着することが出来ます。

最後までご覧くださりありがとうございました。

ページ先頭へ↑

2016年06月24日【隠岐】AR国立公園展が開催されます!

大山隠岐国立公園 久永剛大

 こんにちは!隠岐の久永です!

 

 今日は毎年開催されている写真展についてです!

 

 中国四国地方のアクティブレンジャーが業務の中で出会った景色や生き物、活動などの写真が1ヶ月程展示されます。写真にはアクティブレンジャーによる解説をつけて展示しています。

 隠岐の国立公園やお近くの国立公園について知れる良い機会でもありますので、是非是非、お立ち寄りください!

 

 チラシ(隠岐).pdf

 

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 期間:2016年6月25日(土)から7月28日(木)まで

 時間:午前8時30分から午後5時00分まで

 場所:隠岐島文化会館

    隠岐の島町西町吉田の二2番地

 入場無料、休館日なし

 主催:環境省中国四国地方環境事務所

 問い合わせ:隠岐自然保護官事務所

       Tel:08512-2-0149

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

ページ先頭へ↑

2016年06月22日新聞をつくろう!ーその1ー

大山隠岐国立公園 湯澤孝介

夏至を迎え、その言葉に一層『日』の長さを感じている今日この頃。

徐々に気温も上がってまいりました。アツイ..

(海に飛び込みたくなる瞬間が増えている気がします(汗))

 

 

気温が上がってきて、ミゾソバの花もちらほら顔を見せ始めました。

ミゾソバ

花期:7~10月頃

田んぼの畔(アゼ)や湿った水辺によく出てきます。

 

 

さてさて、今回はこの『湿めった場所』が舞台です!

 

隠岐の島町(島後)の都万中学校(1年生)では、総合学習の中で地元発信をしよう!

ということで、都万地区にある油井の池を取り上げた『新聞』を制作し、情報発信していくようです。

とてもすばらしい取り組みですね!

 

油井の池は、以前自然観察会を行った場所ですヨ。

http://chushikoku.env.go.jp/blog/2016/05/post-96.html

自然観察会で解説をしていただいた自然公園指導員の田中さんとともに、私も解説補助として参加してきました。

 

今回は、新聞作りの現地調査ということで、地史のお話から道中見られる植物や昆虫の解説など、実はあまり来たことなくて知らなかった!という油井の池の水辺や周辺の林内をゆっくり観察しながら回りました。

 

展望台

めもめも..

触って

さわってさわって

ヤゴだよ 

お!なんかいた!

 

  

普段何気なく見ている植物でも、『触ってみる』『嗅いでみる』『囓ってみる!?』など、アクションをひとつ起こすことで、見る世界が変わってきます。

名前の由来も、なぜお前はそんな名前なんだ!って、気にし始めたときから見る目が変わるかもしれないですね。

 

なんでこんな感触が違うんだろう?

なんでこんなにおいなんどろう?

なんでこんな苦いの!?ウエー...

...

 

スケールに囚われず、身近な『なんで?』に気づいて、たくさん調べて、100%な答えじゃなくても、自分の中にたくさん"情報"を蓄えて、島内外の人に伝えていってもらえたら素敵だなーっと思います。

 

観察した油井の池周辺は、大山隠岐国立公園に指定されているとともに、国の重要湿地にも選定されている、とても自然豊かな場所なので、たっぷり観て回ってほしいですね!

 

次回は生徒がもっと調べたいものを絞って、観察をします!

 

 

『 おまけコーナー "別名" 』

今回登場したミゾソバ。

漢字では【溝蕎麦】。

溝に生える、ソバの葉っぱに似たもの、という由来があるとか。

 

別名を【ウシノヒタイ(牛の額)】、と言うこともあるようで、

ミゾソバの葉っぱが、ウシの顔(額)に似てることからきているのだそうです。

 

ウシ

モウ少し絵がうまくなりたい...

ページ先頭へ↑

2016年06月20日大月パークボランティア研修 開催しました

足摺宇和海国立公園土佐清水 谷吉萌

梅雨前哨戦のような一週間が終わり、今週は本格的な梅雨週間になりそうです。

なんて言いつつ、昨晩の雨から一転、青空澄み渡る夏日の土佐清水からこんにちは!


先週末、18日と19日は足摺宇和海国立公園で活躍する大月パークボランティア(以下PV)向けに研修がありました。


17名の受講者がいた救急法研修。

今年の救急法はひと味違います。なぜなら、水上実習があるから!

大月PVは、スノーケリング指導やオニヒトデ駆除など、海での活動が多いため、

2~3年ごとにこの水上の救急法研修を実施しています。

まずは机上講座。

PV17名+保護官事務所から2名。講師は日本赤十字社高知県支部から2名。

総勢21名。なかなかの大所帯です。

毛布を使った効果的な保温の仕方も習います。

それぞれが3人一組で包み包まれします。蒸し暑い室内で。


午後は水上実習なので、早めのお昼でおなかに負担をかけないようにします。

それぞれが持ち寄ったすももややまももがテーブルに並び、舌鼓をうちました。


そして海へ移動。

まずは水に慣れるために、ゆっくり海に入っていきます。

講師の号令で一斉に左をむいて・・・水掛け~!

童心に返るPVのみなさんです。水に入ったとたん笑顔200%。

ちなみに二列になっているのは、前後でバディを組んでいるからです。

みんなでぷかぷか気持ちよく浮いているだけのように見えますが、

手首を返して水中から出すことで、自然と足が海面に持ち上がることを体験しているところなんです。

レスキューチューブを使った救助方法も。

まずは陸上で練習し、水上でもう一度。これがなかなか水の中では難しい。

戦士たちの休息。

なかなかハードな実習もありましたが、天気に恵まれ海日和だったこともあり、

みなさん喜々として水上訓練に取り組んでいました。


今回の研修と、これまでの経験で得た知識・技術を生かして、

大月PVのみなさんにはこの夏も、安全に、そしてたのしく、活躍してもらえそうです。



また、19日は大月PVへの新規登録希望者に向けて、新規養成講習&スノーケル講習がありました。

今年はなんと、4人の若手が参入です。

大月町役場や鵜来島など、近隣で活躍する若い人たちが入ってくれ、

これからますます賑わいそうな大月PV会になりました!



おまけ

今回の救急法研修で個人的に印象的だった、選り抜きの搬送方法を紹介します。

水中から陸上への搬送方法の一つ。

座学で見たとき、まさか実習ではやらないだろうと思っていたファイアマンズキャリー。

やりました。体格や筋力的に、女性には厳しいものでした。

一度潜って肩にうつぶせにさせるのは、かなりこつがいりますし、

何とか持ち上げても、波にあおられ前後移動ではなく左右移動のみだったり・・・。

「消防士担ぎ」とでも訳すのか、まさに心技体そろえてこそできる搬送です。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ